ウズベキスタン
ウズベキスタン観光
”青の都”サマルカンドやオアシス都市ブハラ

ウズベキスタンのおすすめ観光スポット15選!ウズベキスタン旅行で外せない人気名所ガイド

取材・写真・文:

2019年6月14日更新

287view

お気に入り

この記事の目次表示

ウズベキスタンのおすすめツアー
【安心の日本語ガイド&専用車】人気の3大世界遺産都市を巡る!文明の十字路・シルクロード(ヒヴァ・ブハラ・サマルカンド・タシケント)を大周遊!ウズベキスタン世界遺産紀行7日間(スタンダードクラス/大韓航空利用)
248,000円~298,000円
【安心の日本語ガイド&専用車で巡る旅!】「城壁に囲まれた博物館都市」ヒヴァ&「青の町」サマルカンド&タシケント3都市周遊6日(スーペリアクラスホテル)<アシアナ航空ご利用>
258,000円~298,000円
【安心の日本語ガイド&専用車】人気の3大世界遺産都市を巡る!文明の十字路・シルクロード(ヒヴァ・ブハラ・サマルカンド・タシケント)を大周遊!ウズベキスタン世界遺産紀行7日間(スーペリアクラス/大韓航空利用)
268,000円~318,000円

【9】チョルスー・バザール(タシケント)

ウズベキスタンの首都・タシュケントの中心にある青いドームが特徴のバザール。香辛料からナッツ、野菜、肉や魚、日用品まで、ありとあらゆるものが売られています。チキンやウズベキスタンの肉串「シャシリク」はその場で焼かれて売られているので、良い匂いが漂います。

広いバザールではたくさんの地元の人が買い物をしており、ウズベキスタンの日常を垣間見るには最適なスポットです。

チョルスー・バザール
ウズベキスタン / 市場・朝市
住所:Chorsu Bazaar,48 Navoi St. Shayhan Taurski District, Tashkent地図で見る

【10】アミール・ティムール広場(タシケント)

タシケント新市街の中心地にある緑豊かな広場。地元の人が散歩や休憩に来る場所になっています。広場の中心には、ティムール朝の建国者でウズベキスタンの英雄ティムールの騎馬姿の像が立っています。近くには、ティムールの功績を紹介する博物館もあります。

アミール・ティムール広場
ウズベキスタン / 公園・動植物園
住所:Amir Temur Square地図で見る

【11】ウズベキスタン国立応用美術館(タシケント)

首都タシケントにある美術館のひとつ。旧称からウズベキスタン工芸美術館とも呼ばれることもあります。建物には美しく細かい装飾がなされ、外観も見どころのひとつです。

館内には伝統衣装の帽子、ネックレスや髪飾り、楽器などが展示されています。伝統楽器の演奏が行われていることもあり、ウズベキスタンの伝統・文化をのぞける興味深いスポットです。

ウズベキスタン国立応用美術館
ウズベキスタン / 博物館・美術館
住所:State museum of applied arts of Uzbekistan地図で見る

【12】イチャン・カラ(ヒヴァ)

ウズベキスタンの西部、オアシスの町として古代から栄えてきたヒヴァにある外側と内側の2重の城壁に囲まれたエリア。世界文化遺産に認定されています。砂漠のオアシスらしい黄褐色のレンガと青や緑のタイルが調和したモスクやメドレセ(神学校)、ミナレットは必見スポットです。

またアースカラーのかわいい街を歩いていると、地元の方の生活の場を垣間見ることもでき、ここで暮らす人々の生活の匂いを感じられるのもおすすめポイント。ぜひ時間をかけてゆっくりと散策してみてください。

イチャン・カラ
ウズベキスタン / 町・ストリート / 観光名所
住所:ichan qala, khiva地図で見る

【13】アルク城(ブハラ)

アルクというのは「城塞」を意味し、ここは歴代ブハラ・ハーンの居城として使われていました。このアルク城一帯が古代ブハラの発祥の地だと言われています。何度も外敵に破壊され、現在見られる城は18世紀に建て直されたもの。

当時、アルク城前の「レギスタン広場」では公開処刑が行われていたり、城内部では拷問室、家畜用の小屋や囚人の地下室跡なども見学できたりと少々血なまぐさい場所ではありますが、城壁の上に登るとブハラの街並みを一望できるおすすめのスポットです。

アルク城
ウズベキスタン / 建造物
住所:Afrosiab St, Bukhara地図で見る

【14】カラーン・ミナレット(ブハラ)

カラーンとは「大きい」という意味。その高さは46.5メートルと、ブハラ旧市街のどこからでも見られる街のシンボル的な塔です。ミナレットのそばにモスクがあり、そこからミナレット内部に入ることができます。中には105段の螺旋階段があり、上まで登るとブハラの街並みを一望できます。階段付近は非常に暗いので、登る際は足元にお気を付けくださいね。

カラーン・ミナレット
ウズベキスタン / 建造物
住所:The Kalyan Minaret地図で見る

【15】イスマーイール・サーマーニー廟(ブハラ)

中央アジア最古のイスラム建築。サーマーン朝の全盛期を築いたイスマーイール・サーマーニーが眠っていると言われています。13世紀のモンゴル帝国の襲来の際も地中に埋もれていたため破壊を免れ、1926年に考古学者ビャトキンによって発掘されました。この周りを3周まわると、願いが叶うとも噂されているそうです。

イスマーイール・サーマーニー廟
ウズベキスタン / 遺跡・史跡
住所:Ismail Samani Mausoleum地図で見る

ウズベキスタンの旅行予約はこちら

ウズベキスタンのパッケージツアーを探す

ウズベキスタンのホテルを探す

ウズベキスタンの航空券を探す

ウズベキスタンの現地アクティビティを探す

ウズベキスタンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ウズベキスタン】青に酔いしれる。サマルカンドの6大イスラム建築

「青の都」として知られる、ウズベキスタンの古都・サマルカンド。シルクロードの中心都市として、古くから発展してきました。「サマルカンド-文化交差路」として、200...


【ウズベキスタン】手すきの温かみを感じるサマルカンドペーパー工房

「サマルカンドペーパー」を知っていますか? 世界初の紙は、紀元前の中国で生まれたと考えられています。その後、751年に当時地域を支配していたアッバース朝と唐が戦...

【ウズベキスタン】素朴な色合いが魅力!ヒヴァのイチャンカラ・世界遺産の街並みを歩く

ウズベキスタンの西部、オアシスの町として古代から栄えてきたヒヴァ。17世紀にはホレズム地方の中心都市となりました。外側と内側の2重の城壁に囲まれたエリア、イチャ...

いま大注目のウズベキスタンへ!青の都サマルカンドの必見スポット

東西文化の合流点として栄え、ユーラシア大陸を席巻したティムール朝の時代には、帝国の中心として君臨していた街サマルカンド。世界遺産に登録されている旧市街には、美し...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2019】京都のおすすめお土産29選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

2019夏の旅行に!6月・7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地36選

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にぴったりな旅先がきっと見つかります...

【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...

温泉街が楽しい温泉15選!風情のあるおすすめ温泉街特集

せっかく温泉に泊まるなら、風情のある温泉街のそぞろ歩きを楽しみたいもの。国内の有名温泉地の中から、温泉街の散策も楽しめる温泉を厳選してご紹介します。

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?