山口
山口観光
海に囲まれた、高級ふぐの特産地

【山口】神秘のブルー!別府弁天池6つの見どころ&周辺情報

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:44都道府県

2020年11月12日更新

353view

お気に入り

写真:菊地早秋

別府弁天池は、山口県の名水百選にも選ばれている湧水地。SNS上でも神秘的なコバルトブルーの水に目を奪われる方が多く、人気を集めるスポットです。この記事では、現地の見どころを6つに分けてご紹介しています。別府弁天池と合わせて行きたい周辺の観光情報もまとめました。

この記事の目次表示

別府弁天池とは

別府厳島神社の境内にある湧水地です。毎秒186リットル、毎分11トン湧き出る水によって、円形の池が出来ています。池は驚くほど美しいエメラルドブルー色をしており、SNSでも注目を集めるほど。山口県の名水百選にも選ばれています。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

散策時間は30分程度あれば十分。訪問は車がおすすめです。ナビに住所を入力すれば、正しい場所へ分かりやすい道なりで導いてくれます。散策に便利な無料駐車場も併設されており、広くて駐車もしやすいです。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池・駐車場

給水所があり湧水を持ち帰ることができますので、必要な方は空のペットボトルや水筒などの容器を持参するようにしましょう。給水所の隣に建つ直売所がお休みでなければ、そこでも容器の購入が可能です。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池・給水所

周囲は森に囲まれていますので、なるべく日が暮れる前に訪問するのがおすすめです。筆者は16時台(時期は10月)に訪ねて時間的にギリギリでしたが、見学を楽しめました。池は快晴でなくても青く見えるので、天気はそこまで神経質にならず大丈夫です。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

それではさっそく以下より現地の見どころを6つご紹介していきます!

【見どころ1】別府厳島神社

主役の別府弁天池は「別府厳島神社の境内」に位置していますので、まずは神社を参拝しましょう。歴史を感じる鳥居をくぐって敷地に入ります。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

この神社は「弁才天社」として806~810年頃に創建されたと言われています。1871年に広島県の厳島神社から「三柱(みはしら)の水神」をお迎えしたことで、現在の名称へと改名されたそうです。毎年9月8日には、湧水に感謝の意を込めた念仏踊りが奉納されます。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池
  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

【見どころ2】巨樹群

神社境内は、豊かな自然で覆われています。そのなかでも、市指定天然記念物となっている巨樹群(きょじゅぐん)には圧倒されます。巨樹群とは、いくつかの種類の巨木を総称した呼び名です。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社(巨樹群)

ムクノキ、ウラジロガシ、ニガキ、ヒノキ、タブノキなど挙げればきりがありません。数々の巨木がここまで保護されてきたのは、神社境内の聖地であったことが関係しているのだとか。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社(境内の豊かな自然)
  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

【見どころ3】別府弁天池

神社のお参りが済んだら、いよいよ池の見学です。池は円形をしています。周囲には、橋や階段が用意されていますので、そちらでじっくり池を眺めることができます。何と言っても、池が放つエメラルドブルーの色に注目です。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

池がひときわ青く見えるのは、光の性質や水の中に溶け込むミネラルが影響していると考えられています。ですが実際はまだ解明途中だそうで、まさに謎に包まれた神秘です。一番深いところで4~4.5メートルあるそうですが、あまりの透明感に深さを感じません。

  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池
  • 写真:菊地早秋別府厳島神社・別府弁天池

【見どころ4】赤色の石

別府弁天池の底には赤色の石があちこちに転がっています。この赤色はサビや汚れではなく、ベニマダラと呼ばれる藻類の一種です。この藻類が石の表面で成長し、赤く見えているのだとか。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池(赤色の石)

ベニマダラは環境省の絶滅危惧種に指定されており、清流の日陰でしか生きられない貴重な生物です。湧水の底を赤く染める石にぜひ注目してみて下さい。池の中心部よりも、池から少し流れ出た川の方がハッキリと見えます。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池(赤色の石)
  • 写真:菊地早秋別府弁天池(赤色の石)

【見どころ5】美祢市養鱒場/弁天会館

敷地内には、湧水を活用した養鱒場(ようますじょう)があり、サケ科に属するにじますを養殖しています。にじますは冷たい水に生息する魚で、摂氏10~15度が適温です。ちなみに別府弁天池の水温は、年間を通し約14度と安定しています。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池・美祢市養鱒場(ようますじょう)

養鱒場の釣り堀では、にじますを獲ることもできます。お食事処「弁天会館」では、獲った魚をその場で調理してくれるサービスもあります。もちろん通常のお食事も可能で、ます定食(1,500円)、弁天定食(1,100円)などが頂けます。別府弁天池が目の前の、好立地です。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池・弁天会館
  • 写真:菊地早秋別府弁天池・弁天会館
弁天会館
山口 / 定食・食堂
住所:山口県美祢市秋芳町別府水上地図で見る
電話:0837-64-0616
Web:https://bentenkaikan.net/

【見どころ6】秋芳名水特産品直売所/給水所

先述の通り、湧水は汲み取り、持ち帰ることができます。給水所が設けられていますので、活用しましょう。水道をひねれば簡単に水が出てくる仕組みです。この水を飲用することで「長寿が保たれ、財宝が授かる」と言い伝えられているそうです。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池・秋芳名水特産品直売所

水を持ち帰るため、事前に空のペットボトル等を用意しておくと便利ですが、給水所横の直売所でも容器を買えます(1リットル150円、10リットルタンク800円)。直売所は大きくありませんが、地元の果物や野菜を数種類販売しています。

  • 写真:菊地早秋別府弁天池・秋芳名水特産品直売所
  • 写真:菊地早秋別府弁天池・秋芳名水特産品直売所
秋芳名水特産品直売所
山口 / ファーマーズマーケット
住所:山口県美祢市秋芳町別府水上地図で見る
電話:0837-65-2263
Web:https://www.mine-tsubomi.net/spot/%E7%A7%8B%E8%8A%...
別府弁天池
山口 / 自然・景勝地 / インスタ映え / パワースポット / 女子旅 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット
住所:美祢市秋芳町別府水上地図で見る
Web:https://karusuto.com/spot/beppubentenike/

次のページを読む

山口の旅行予約はこちら

山口のパッケージツアーを探す

山口のホテルを探す

山口の航空券を探す

山口の現地アクティビティを探す

山口のレンタカーを探す

山口の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年11月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...


【2021最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順...

【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

夏でも涼しい国内の観光スポット27選!真夏の旅行・お出かけにおすすめ

夏休みやお盆休みなど、旅行・お出かけの機会も増える夏。爽やかな高原やいつでも気温が低い鍾乳洞、高所の雲海スポットなど、暑さから逃れたいときにもぴったりな、夏でも...

【2021】8月の国内おすすめ旅行先20選!夏休み旅行にぴったりな観光地特集

真夏の猛暑でも出かけたくなる夏でも涼しい避暑地・観光スポットや、夏は一層美しく見える絶景スポットなど、8月のお盆休みや夏休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求め旅をしています。これまで国内44県、海外は13か国を訪れました。その土地に根付く食を探るのも楽しみのひとつです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・食文化、地域で頑張る飲食店

▶tripnote外の活動
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載中
・R02.02- ブログサイト「古民家移住の教科書」開設・更新中

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://kominkaijyu.com

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります