横浜
横浜観光
海のある風景から西洋の町並みまで魅力いっぱいの港町

【横浜】入園無料の野毛山動物園、ここがスゴい!

取材・写真・文:

神奈川在住

2018年6月28日更新

1,253view

お気に入り

写真:ソマ

1951年に開園した横浜・野毛山動物園。横浜最大の動物園、ズーラシアと比べると小規模ですが、この動物園の最大の特徴は、なんと「入園無料」ということ。無料だと、満足度もそれなりなんじゃないの?と思っているあなた!野毛山動物園には、入園無料なのにスゴいポイントがたくさんあるんです!さっそくご紹介していきましょう。

この記事の目次表示

入園無料なのにここがスゴい6選!

①動物の種類が多い!

  • 写真:ソマ

キリンやライオンなどのメジャーな動物からレッサーパンダ、ペンギン、さらには爬虫類まで、100種類以上、1,500点以上の動物が展示されています。無料なのにここまでの展示数を誇るのは、素晴らしいの一言ですよね。

  • 写真:ソマアクティブなトラ
  • 写真:ソマ
  • 写真:ソマ

しかも動物がとってもアクティブ!筆者が訪れた日は最高気温30度、しかも昼過ぎだったのですが、寝ていたり屋内施設に入ってしまった動物はほどんどおらず、トラやライオン、ペンギンまでもが屋外でアクティブに動き回っていました。

1頭あたりの飼育スペースが広いので、動物の生活環境がよいというのも理由かもしれませんね。

②動物との距離が近い!

  • 写真:ソマ

動物の前にスロープが設置されていたり、柵のつくりを工夫して間近で見学できるようになっているので、動物の生態や行動をじっくり観察できます。キリンだって、ほらこんな近くでご飯を食べていますよ。

③動物についてしっかり学べる!

  • 写真:ソマ

各動物の展示スペースのそばなど、いたるところに動物について学べる看板が立っています。手作り感あふれる解説も、とっても分かりやすいです。

  • 写真:ソマ

また飼育員さんが、パネルを使って動物の説明をしている場面にも何度も遭遇しました。生の声で説明を聞けると、より理解が深くなりますね。

④えさやりの見学ができる!

  • 写真:ソマ

もちろん、ほかの動物園でも行われているような、えさやりの見学もできます。

  • 写真:ソマチンパンジーのえさやり

こちらはチンパンジーのえさやりタイム。ヨーグルトからはじまって、フルーツ、野菜と食欲旺盛です。こちらも飼育員さんがチンパンジーの好物や、家族構成など、面白いエピソードを交えながら説明してくれるので、とっても楽しめますよ。

⑤日本で野毛山動物園にしかいない動物がいる!

ヘサキリクガメの赤ちゃん

  • 写真:ソマ親のヘサキリクガメ

ヘサキリクガメは、マダガスカル島北西部の一部にだけ生息するリクガメで、世界で最も絶滅の危機にあるカメの種類です。そのヘサキリクガメの繁殖に野毛山動物園が2016年、日本で初めて成功しました。

  • 写真:ソマ

「爬虫類館」では、メサキリクガメの赤ちゃんが展示されています。カメなので、笑うこともなく芸もしませんが、小さな甲羅にほっこりしますよ。

カグー

  • 写真:ソマ

カグーは、ニューカレドニアの森林にのみ生息する鳥。絶滅危惧種に指定されており、日本では野毛山動物園でしか見られない貴重な種類です。薄い青色とグレーが混じったような美しい色が特徴で、鳥なのに飛ばないという不思議な一面も。

⑥「なかよし広場」で動物と触れ合える!

  • 写真:ソマ

野毛山動物園では、無料で動物とのふれ合いだってできちゃいます。「なかよし広場」でふれ合えるのは、モルモット、ハツカネズミ、ニワトリの3種類。

  • 写真:ソマ
  • 写真:ソマ

広場に入る前に、係員さんが動物の抱っこの仕方や注意点をきちんと教えてくれるので、安心して触れます。モルモットの柔らかさに感激したり、ニワトリの逃げ足の速さに苦戦したり、楽しい時間になること間違いなし!

ちなみに週末や祝日、繁忙期などは、整理券による入れ替え制です。なかよし広場前で時間ごとの整理券をもらいましょう。

入園無料でも満足度120%の野毛山動物園!

  • 写真:ソマ

野毛山動物園の見学所要時間は、園内をゆっくりまわって1時間半程度。そこに、えさやりの見学やふれあいタイム、昼食休憩(園内のレストランにて、またはお弁当の持ち込みもOK)などを含むと、半日めいいっぱい楽しめます。

また園内もとても綺麗に整備されていて、トイレやおむつ替えも快適。来園者の満足度が高いのも頷けます。

  • 写真:ソマ

入園無料なのにこんなにスゴい、野毛山動物園。デートでもお友達同士でも、家族と一緒でも、みんなで楽しんでくださいね。

横浜市立野毛山動物園
横浜 / 公園・動植物園
住所:神奈川県横浜市西区老松町63−10地図で見る
電話:045-231-1307
Web:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

横浜の旅行予約はこちら

横浜のホテルを探す

横浜の航空券を探す

横浜のパッケージツアーを探す

横浜の現地アクティビティを探す

横浜のレンタカーを探す

横浜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【横浜・中華街】女子旅にオススメのスポットガイド♡

日本三大中華街の一つ横浜中華街。数多くあるお店の中から今回は、オススメの食べ歩きグルメやお洒落な食事処、見た目もかわいいお土産など、女子ウケ間違いないスポットを...

子ども喜ぶ!ユニークな体験ができる関東近郊お出かけスポット7選

今度の連休はどこ行こう?子どもが喜ぶ場所はどこ?今回は、GWや夏休みなどの連休の度にお悩みの方へオススメの、関東近郊のお出かけスポットをご紹介します。どのスポッ...


国内最大級のスケール!大自然の動物達に会える「よこはま動物園ズーラシア」

よこはま動物園ズーラシアは、敷地面積53.3ヘクタールで東京ドーム10個分の国内最大級の動物園です。メインテーマに「生命の共生・自然との調和」を掲げるとおり、緑...

大自然をリアルに体感!遊んで学べる新感覚ミュージアム、オービィ横浜

私たちが暮らす地球。この青く澄んだ惑星には、人間以外にも多くの生物が暮らし、美しい自然が広がっています。と、頭では分かっていても、普段の生活の中ではなかなか実感...


横浜「カップヌードルミュージアム」でオリジナルヌードルを作ろう!

数ある横浜の観光スポットの中でも、ファミリーでも楽しめる場所をお探しなら「カップヌードルミュージアム」はいかがでしょう。世界で初めてインスタントラーメンを発明し...

この記事を書いたトラベルライター

大人もこどもも楽しめる旅を
本当はゆっくりと静かなリゾートや美味しいものを求めて旅をすることが好きです。でも今は子育て中のため、こども中心の旅行プランに偏りがち。そんな中でも、大人も満足できることを探して、家族みんながハッピーな旅を求めていきたいと思っています。密かな野望は、こどもが成長したら夫と2人でビジネスクラスに乗って南仏に行くこと!

「山東」横浜中華街初のミシュラン掲載店で絶品水餃子を堪能!

横浜中華街には、なんと200以上の中華レストランがあるそうです。これだけあると、どこに入ったらよいのか迷いますよね。せっかくの中華街なんだから美味しいものを、で...

迷ったらコレ!地元民おすすめ、横浜中華街・食べ歩きカタログ11選

横浜を代表する観光スポット、横浜中華街。通りを歩けば、美味しそうな香りと威勢のいい呼び込みで、何を食べるか迷ってしまいますよね。レストランでのオーダーバイキング...


横浜のオシャレなパン屋といえば!ブラフベーカリー&アンダーブラフコーヒー

横浜のパン屋といえば、真っ先に名が挙がるブラフベーカリー。本格ニューヨークスタイルのパンを提供しています。2010年に山手にオープンして以来、わざわざブラフベー...

ノスタルジックな雰囲気に魅せられて♪横浜大人カフェ10選

横浜には、古くても手入れが行き届いた洋館や歴史的な建物など、開港当時を彷彿させるノスタルジックな建造物が数多く残っています。中に一歩踏み入ると、当時の雰囲気その...


【横浜ランチ】ランドマークタワー周辺のキッズメニュー提供レストラン6選

こどもと一緒にお出かけすると、ランチの場所って結構気を遣いますよね。こどもと大人、食べたいものが違うこともしばしば。そこで今回は、横浜・みなとみらいにあるランド...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?