横浜
横浜観光
海のある風景から西洋の町並みまで魅力いっぱいの港町

【横浜】高級列車の気分を数百円で味わえる「ザ・ロイヤルカフェ横浜」

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2020年1月9日更新

418view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

横浜駅と伊豆急下田駅間を運行している列車「THE ROYAL EXPRESS」は、最低でも乗車に25,000円かかる高級列車。そんな列車の雰囲気を数百円で楽しめるカフェが横浜にあるんです。

この記事の目次表示

伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」とのコラボカフェ

伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」をご存じでしょうか? 横浜駅と伊豆急下田駅間を運行している列車「THE ROYAL EXPRESS」は、2018年にイギリスの新聞『デイリー・テレグラフ(The Daily Telegraph)』に、「アジアで最も美しい鉄道トップ10」に選出された、それはそれは外装も内装も高貴な雰囲気の列車なのです。

  • THE ROYAL EXPRESS

当然、お値段も高貴で、最低でも約3時間で大人1人25,000円。最高に満喫するなら大人1人200,000円と、なかなかの金額。ちょっと雰囲気を味わうだけでも25,000円かかってしまうのですが、実は横浜に数百円で「THE ROYAL EXPRESS」の気分を味わえる場所があります。それが「THE ROYAL EXPRESS」とのコラボカフェ「ザ・ロイヤルカフェ横浜」なんです!

しかもちょっとだけ、 わかりにくい場所にあるので、カフェ激戦区横浜において、比較的空いている穴場カフェでもあります。横浜駅の南北連絡通路にあるので、そこを利用する人でもない限りあまり存在が知られていない、そんな立地なのです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoザ・ロイヤルカフェ横浜のある横浜駅の南北連絡通路

だから横浜でのゆったりとした休想にとってもお勧め!ちなみに本家の「THE ROYAL EXPRESS」ではドレスコードがあり、男性は襟付きシャツ、女性は襟付きシャツ or ワンピースとなっているので、ちょっと身構えてしまいますが、「ザ・ロイヤルカフェ横浜」はもちろん普段着で利用することができます。

エントランス

エントランスに敷かれているロイヤルブルーのマットには、特徴的なロゴが。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoエントランス

こちらは ROYAL の「R」に、水資源が豊かな伊豆半島にちなみ、水滴を加えたデザインとなっています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoロイヤルブルーのマット

ちなみに、カフェはこのロイヤルブルーとゴールドを基調とした内装になっています。伊豆半島の海の「碧」と高原の「青」、そして高貴さを感じさせるロイヤルブルーと、華やかなアクセントとなるゴールドが採用されています。

内装

「THE ROYAL EXPRESS」のコンセプトは「美しさ、煌めく旅。」で、水戸岡鋭治氏による洗練された美を感じられる内装が特徴です。

  • THE ROYAL EXPRESS車内

著名デザイナー水戸岡氏はこれまで数々の車両デザインを手掛け、列車に日本と西洋の美と、機能を取り入れるのに定評があります。 例えばJR九州の「或る列車」。

  • 或る列車

こちらは格子が内装に多く使われています。

  • 或る列車 車内

「或る列車」と「THE ROYAL EXPRESS」の内装にいくつか共通点が見られます。というのも「THE ROYAL EXPRESS」は「或る列車」の列車デザインで培った技術をつぎこんだ内装になっているからです。「THE ROYAL EXPRESS」でも随所に格子がアクセントとして使われています。こんな枠な格子とともに、車窓から風景を楽しめるって素敵ですよね。

  • THE ROYAL EXPRESS車内

それではカフェはどうでしょう?カフェの入口に設置されているパーティションも上品な格子です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto入口に設置されているパーティション
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto格子パーティション

人目に付く窓際の席には、天然木の格子があります。外からの視線を遮るという機能を持ちながら、日本の伝統的なデザインと技法がふんだんに使われています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto窓際の席

イスも比較してみましょう。こちらは「THE ROYAL EXPRESS」の座席の様子。

  • THE ROYAL EXPRESSの座席

カフェはこのデザインにロイヤルブルーの布地をあしらったデザインとなっています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoカフェのソファ席

非常に居心地のよい空間で、落ち着いた大人の空間という雰囲気ですね。ちなみにカフェだけのリラックス席もありますよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoリラックス席

次のページを読む

横浜の旅行予約はこちら

横浜のパッケージツアーを探す

横浜のホテルを探す

横浜の航空券を探す

横浜の現地アクティビティを探す

横浜のレンタカーを探す

横浜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年1月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


横浜のオシャレなパン屋といえば!ブラフベーカリー&アンダーブラフコーヒー

横浜のパン屋といえば、真っ先に名が挙がるブラフベーカリー。本格ニューヨークスタイルのパンを提供しています。2010年に山手にオープンして以来、わざわざブラフベー...


【横浜】雰囲気抜群のレトロな大人カフェ10選

横浜には、古くても手入れが行き届いた洋館や歴史的な建物など、開港当時を彷彿させるノスタルジックな建造物が数多く残っています。中に一歩踏み入ると、当時の雰囲気その...

老舗ホテル「ホテルニューグランド」で味わう、横浜発祥の洋食グルメ3品♪

開港当初からさまざまな外国文化を受け入れてきた横浜。アイスクリームやサイダーなど、外国から入ってきた食文化が横浜から日本に広がるなど、横浜発祥とされるグルメは意...

横浜の新星!黄金町【ちゃま珈琲】は味もロケーションも抜群のカフェ

港町である横浜には、海のそばに数多くの観光地が存在し、「横浜といえば海!」なのは間違いないのですが、市民の足である京浜急行沿いを流れる「大岡川」にも、ジョギング...

横浜の密かな人気カフェ「ショコラ」「めぐカフェ」

横浜駅から電車で約7分。周囲はこれといって目立ったものはありませんが、そんなひっそりとした場所に佇む隠れ家カフェをご紹介します。どちらも知る人ぞ知る人気店で、地...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?