アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ナパバレー【V. SATTUI WINERY】で気軽にピクニック♪

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年1月24日更新

2,925view

お気に入り

この記事の目次表示

イタリアからの移民が創業、禁酒法を乗り越え現代に至る

創業者は、1882年にイタリアから移民として来たVittorio Sattui(ヴィットーリオ・サットゥイ)。Marketplaceの扉などには「FOUNDED 1885(1885年創業)」と書かれていますが、正確にはナパバレーではなく、当初はサンフランシスコにあるイタリア人移民の街「ノースビーチ」でワイナリーを始めたそうです。

その後、息子さんもビジネスに加わり事業はうまく行っていましたが、ここでアメリカ全土の醸造家にとってショッキングな法律ができます。それは「禁酒法」。日本ではあまり知られていませんが、1920年に施行され、商売のためにお酒を作る、売る、輸送することが禁止されたのです。当然のことながら、Sattui家も廃業に追い込まれることに。

やがて禁酒法によりアメリカ国内が荒れたことで、1933年にフランクリン・ルーズベルト大統領が禁酒法を廃止しましたが、Vittorio Sattuiはワイナリーを再開することなく1950年に亡くなりました。

その後立ち上がったのは、Vittorio Sattuiの孫であるDario Sattui(ダリオ・サットゥイ)。その頃活気付いていたナパバレーで1972年から3年間修行し、1976年にこの地でワイナリー事業をスタートさせたのです。

  • 写真:まき子

1985年には、ワイナリーの真隣にある34エーカー(約0.14㎢ = 東京ドームの約3倍)の土地を買い取って葡萄の栽培を始めたそうで、現在でもガーデンからは広大な葡萄畑を見渡すことができます。その後様々な賞も受賞し、今となってはナパバレーでも一目置かれるワイナリーとなりました。

最後に

ナパバレーは、今やカリフォルニアのディズニーランドに次いで訪問客が多いそうですが、その雰囲気はまさに“田舎”。せせこましさも無く、ゆったりまったりとワインや美味しいおつまみを、青空の下で心ゆくまで楽しむことができます。

「とにかくたくさんのワイナリーを廻るぞ!」というのも良いかもしれませんが、ワイナリーとの出会いも一期一会。たくさん廻らなくとも、一つ一つを大切に巡れば、きっと心に深く残る思い出になると思います。

V・サットゥイ・ワイナリー
アメリカ / 工場・施設見学
住所:1111 White Lane St. Helena, CA 94574地図で見る
電話:707-963-7774
Web:http://www.vsattui.com

※記事内のドルから日本円への換算は$1=約110円で計算しています。

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全米NO.1コーヒーの聖地【ポートランド】おすすめカフェ&ドリンク8選

ポートランドはクオリティーの高いカフェやコーヒーショップが40軒以上もある、コーヒーの聖地。シアトル(スターバックスの発祥地として有名ですね!)、サンフランシス...


【カリフォルニア】テメキュラはワイナリー巡りが人気!オススメ3選

カリフォルニアのワイナリー巡りといったらナパが有名ですが、ロスやサンディエゴから車で1.5時間ほどで行ける【テメキュラ】も、クオリティの高いワイン造りをしている...

美味しさには秘密があります! サンフランシスコで味わえるミルクシェイク3選

アメリカでは1885年から楽しまれているミルクシェイク。日本でもファストフード店などでは定番のメニューです。しかし、アメリカで飲んだミルクシェイクの美味しさに、...

サンフランシスコで味わう!本場のサードウェーブコーヒーショップ

サンフランシスコは、シリコンバレーに隣接する、言わずと知れたIT産業の中心地です。ビジネスをこの地で立ち上げる人も多く、スタートアップ企業が集うパワー溢れる街で...

【サンフランシスコ】開発進むオアシス「トレジャーアイランド」へ!

IT企業の相次ぐ進出で人口が増え、市街地では人も車も飽和状態にあると度々報道されるサンフランシスコ。同じ市内でありながら橋を渡らないとアクセスできないトレジャー...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります