アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ロッキー山脈・ソルトレイクシティの極上雪でウィンタースポーツを!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年9月7日更新

503view

お気に入り

写真:まき子

2002年冬季オリンピックの舞台にもなったユタ州都「ソルトレイクシティ」のスキー場は、”Greatest snow on earth”と言われるほど極上の雪質を誇ります。また、ロッキー山脈の迫力ある景色だけではなく、ウィンタースポーツ初心者から上級者までどんな人でも楽しめるのが特徴です。今回は、初心者〜中級者でも安心して楽めるスキー場をご紹介します。

圧雪が好き?それともパウダーを食らう?

ソルトレイクにはたくさんのスキー場があり、それぞれ特徴が異なります。「どこに行こうかな?」と迷っている方は、まずは圧雪されたスキー場が良いか、パウダーをとことん楽しみたいか、またスキーなのかスノーボードなのかも、ある程度決めておくと良いでしょう。

今回は、ソルトレイクシティのダウンタウンから行きやすく、スキー以外のウィンタースポーツも滑走OKで、景色の素晴らしい2タイプのスキー場、【SNOWBIRD】【Brighton】をご紹介します。

【SNOWBIRD】ロッキー山脈の絶景!&パウダー三昧!

  • 写真:まき子

SNOWBIRDの良さは、何と言っても素晴らしい景色!そしてふわふわさらさらのパウダー!

もちろんベース近辺では圧雪コースも楽しめますが、やはりここではパウダーのクオリティの高さを味わいたいものです。

3,000m級のピークへアクセス

  • 写真:まき子

ダウンタウンからのバスが到着するベースですら標高は2,468mあり、山頂になると3,352mになります。

どれくらい高いのかというと、例えば、日本一標高が高い志賀高原の「横山手スキー場」で山頂が2,307m、雪質が国内最高レベルと言われる北海道の「ニセコアンヌプリ国際スキー場」でも一番高い山頂は1,308m。こうして比べてみると、SNOWBIRDの標高の高さが、いかにすごいかが分かります。

標高が高いということはそれだけ寒さも増しますが、リフトに乗って延々と…ということはなく、アクセスするにもSNOWBIRDならではの移動方法があります。

  • 写真:まき子

このトンネル「PERUVIAN」は、ベルトコンベアーのようなものに、板ごと立ったまま乗れてピークまで行くことができます。リフトと違って、雪や風にさらされることがありません。

  • 写真:まき子

またSNOWBIRDには、ソルトレイクシティ唯一のゴンドラ「AERIAL TRAM」があるのも特徴。3,352mの山頂 「HIDDEN PEAK」まで、大人数を一気に運んでくれます。

絶景!そしてシャンパンスノー!

  • 写真:まき子

SNOWBIRDの山頂、標高3,352mもある「HIDDEN PEAK」から見下ろすロッキー山脈の景色は、滑るのをしばらく忘れてしまうくらいの大迫力!

  • 写真:まき子

山の上部コースは、急斜面ではありますが広大で、パウダーを楽しみたい方にはピッタリ。ぜひ朝一番に行って、まっさらな雪の上を滑る爽快感を味わってみてください。

  • 写真:まき子

その時の天気やコンディションにも寄りますが、“Greatest snow on earth”と言われるくらい雪質は、全米最高レベル。降りたての雪は、手ですくってもサラサラと飛んで消えてしまうくらい軽いシャンパンスノーです。

絶景のレストラン休憩所「MID GAD」

  • 写真:まき子

飲食店はベースにあるセンターやロッジにたくさんありますが、天気が良く見晴らしが良い日であれば、中腹にある「MID GAD」がオススメ。

  • 写真:まき子

中腹といっても標高2,808m。外にはテラス席もあるので、素晴らしい絶景を眺めながら休憩ができます。

  • 写真:まき子

ベースにある飲食店もそうですが、SNOWBIRDでは庶民的な価格設定。ここでは、Footlong Hot Dogがウリらしく、ポテトがこんもり付いて$11(約1,230円)。本格的なパテのハンバーガーは$12.50(約1,400円)から。

その他にも、サンドイッチやピザなどがありますが、ファーストフードとは違いきちんとした料理です。サラダメニューも充実しているので、カロリーを気にする方も安心♪

  • 写真:まき子

ソルトレイクシティといえば、アルコールを禁じているモルモン教の総本山。でもお酒好きな方もご安心ください。こんな山の上にも、地元ユタ州のクラフトビールの樽が何本も繋がれています。

オススメのユタ州のクラフトビールはこちら!

Mid-Gad Restaurant
アメリカ / ハンバーガー
住所:Mid-Mountain, Gad Valley, Sandy, UT 84092 アメリカ合衆国地図で見る
Web:http://www.snowbird.com/dining/midgad/
スノーバード
アメリカ / テーマパーク・レジャー
住所:9385 Snowbird Center Trail, Sandy, UT 84092 アメリカ合衆国地図で見る
Web:http://www.snowbird.com

※レートは2017年4月現在

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

超話題沸騰中!ニューヨーク5番街・ティファニー本店4Fの魅力♪

ニューヨークの5番街にあるティファニー本店は、4Fのホーム&アクセサリー売り場が一新され、2017年11月10日にはティファニー初のオリジナルカフェ「ザ・ブルー...

【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


サンフランシスコ在住者がおすすめするSFグルメ10選・徹底ガイド

食に対する市民の関心が高く、オーガニックカルチャーのメッカでもあるサンフランシスコ。毎日のように新しいレストランがオープンしては話題になり、2016年はフードマ...

ニューヨーク・最新&定番の喜ばれる絶品チョコレートお土産ガイド♪

ニューヨークのチョコレート土産というと、ニューヨークらしいパッケージがセンス良く、空港で手軽に買える「アスターチョコレート(Astor Chocolate)」や...


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...


見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?