アメリカ
アメリカ
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ロッキー山脈・ソルトレイクシティの極上雪でウィンタースポーツを!

2017年5月21日更新

237view

お気に入り

2002年冬季オリンピックの舞台にもなったユタ州都「ソルトレイクシティ」のスキー場は、”Greatest snow on earth”と言われるほど極上の雪質を誇ります。また、ロッキー山脈の迫力ある景色だけではなく、ウィンタースポーツ初心者から上級者までどんな人でも楽しめるのが特徴です。今回は、初心者〜中級者でも安心して楽めるスキー場をご紹介します。

圧雪が好き?それともパウダーを食らう?

ソルトレイクにはたくさんのスキー場があり、それぞれ特徴が異なります。「どこに行こうかな?」と迷っている方は、まずは圧雪されたスキー場が良いか、パウダーをとことん楽しみたいか、またスキーなのかスノーボードなのかも、ある程度決めておくと良いでしょう。

今回は、ソルトレイクシティのダウンタウンから行きやすく、スキー以外のウィンタースポーツも滑走OKで、景色の素晴らしい2タイプのスキー場、【SNOWBIRD】【Brighton】をご紹介します。

【SNOWBIRD】ロッキー山脈の絶景!&パウダー三昧!

SNOWBIRDの良さは、何と言っても素晴らしい景色!そしてふわふわさらさらのパウダー!

もちろんベース近辺では圧雪コースも楽しめますが、やはりここではパウダーのクオリティの高さを味わいたいものです。

3,000m級のピークへアクセス

ダウンタウンからのバスが到着するベースですら標高は2,468mあり、山頂になると3,352mになります。

どれくらい高いのかというと、例えば、日本一標高が高い志賀高原の「横山手スキー場」で山頂が2,307m、雪質が国内最高レベルと言われる北海道の「ニセコアンヌプリ国際スキー場」でも一番高い山頂は1,308m。こうして比べてみると、SNOWBIRDの標高の高さが、いかにすごいかが分かります。


標高が高いということはそれだけ寒さも増しますが、リフトに乗って延々と…ということはなく、アクセスするにもSNOWBIRDならではの移動方法があります。

このトンネル「PERUVIAN」は、ベルトコンベアーのようなものに、板ごと立ったまま乗れてピークまで行くことができます。リフトと違って、雪や風にさらされることがありません。

またSNOWBIRDには、ソルトレイクシティ唯一のゴンドラ「AERIAL TRAM」があるのも特徴。3,352mの山頂 「HIDDEN PEAK」まで、大人数を一気に運んでくれます。

絶景!そしてシャンパンスノー!

SNOWBIRDの山頂、標高3,352mもある「HIDDEN PEAK」から見下ろすロッキー山脈の景色は、滑るのをしばらく忘れてしまうくらいの大迫力!

山の上部コースは、急斜面ではありますが広大で、パウダーを楽しみたい方にはピッタリ。ぜひ朝一番に行って、まっさらな雪の上を滑る爽快感を味わってみてください。

その時の天気やコンディションにも寄りますが、“Greatest snow on earth”と言われるくらい雪質は、全米最高レベル。降りたての雪は、手ですくってもサラサラと飛んで消えてしまうくらい軽いシャンパンスノーです。

絶景のレストラン休憩所「MID GAD」

飲食店はベースにあるセンターやロッジにたくさんありますが、天気が良く見晴らしが良い日であれば、中腹にある「MID GAD」がオススメ。

中腹といっても標高2,808m。外にはテラス席もあるので、素晴らしい絶景を眺めながら休憩ができます。

ベースにある飲食店もそうですが、SNOWBIRDでは庶民的な価格設定。ここでは、Footlong Hot Dogがウリらしく、ポテトがこんもり付いて$11(約1,230円)。本格的なパテのハンバーガーは$12.50(約1,400円)から。

その他にも、サンドイッチやピザなどがありますが、ファーストフードとは違いきちんとした料理です。サラダメニューも充実しているので、カロリーを気にする方も安心♪

ソルトレイクシティといえば、アルコールを禁じているモルモン教の総本山。でもお酒好きな方もご安心ください。こんな山の上にも、地元ユタ州のクラフトビールの樽が何本も繋がれています。

オススメのユタ州のクラフトビールはこちら!

Mid-Gad Restaurant
アメリカ / ハンバーガー
住所:Mid-Mountain, Gad Valley, Sandy, UT 84092 アメリカ合衆国
Web:http://www.snowbird.com/dining/midgad/
スノーバード
アメリカ / テーマパーク・レジャー
住所:9385 Snowbird Center Trail, Sandy, UT 84092 アメリカ合衆国
Web:http://www.snowbird.com

※レートは2017年4月現在

【Brighton】圧雪されたコースを楽しもう!

Brightonも標高は高く、ベースで2,668m、山頂は3,276mあります。SNOWBIRDと同じように全米でも最高クラスの雪質ですが、ここでは圧雪されたコースに定評があります。

Brightonからの眺めも絶景!

SNOWBIRDと比べると小さい規模とはいえ、一番高い「PRESTON PEAK」からの眺めは絶景です。その他にも3つのピークがあり、すべてのピークには、それぞれ高速4人乗りリフトでアクセスできます。

圧雪の技術は全米でも有数

Brightonの圧雪技術は全米の中でも5つ星とも言われているほどで、とても丁寧かつ綺麗。

4つのピーク全てから、初心者〜中級者向けの緩やかな傾斜のコースがベースまで続いているので、パウダーが苦手な方や初心者であっても圧雪のロングコースが楽しめます。

斜面の変化もとても豊か!初心者〜中級者向けのコースの中でも、ちょっと横に逸れると上級者向けの斜面があったりして、飽きることはありません♪

またBrightonでは、スキーやスノーボード以外にもショートスキー、スノースクートなど、様々な種類のウィンタースポーツで圧雪コース楽しんでいる人が多いのも特徴です。

ブライトン
アメリカ / テーマパーク・レジャー
住所:8302 South Brighton Loop Road Brighton, UT 84121
Web:http://www.brightonresort.com/

大自然のど真ん中なのにアクセス便利!

アメリカには有数なスキー場がたくさんありますが、ソルトレイクシティのスキー場の魅力は、何と言っても「ロッキー山脈」という大自然の絶景が楽しめるのに、アクセスが便利なこと。

レンタカーを借りなくても、ホテルの無料送迎や公共交通機関を利用して、誰でも気軽にスキー場にアクセスできます。

空港からホテルへは【無料シャトルバス】を活用しよう!

日本からはもちろん、アメリカ国内でもソルトレイクシティへのアクセスで頻繁に使うのがソルトレイクシティ国際空港です。

空港を降り立ったら、目前に迫るロッキー山脈の広大さにきっと驚くはず!

この空港は利用者数がとても多いため、無料シャトルバスで送迎してくれるホテルがたくさんあります。また、そういったホテルでは大抵の場合、公共交通機関の駅やバス停へも無料で送迎してくれるので、下手にタクシーやレンタカーを利用するよりもお得で安全です。

\\ライターが泊まったホテルはココ//

公共交通機関「UTA」で最寄駅やバス停からスキー場まで楽ちん!

ソルトレイクシティは、地元住民や学生にはもちろん、観光客やウィンタースポーツを楽しむ人にも優しい街で、公共交通機関「UTA」も多くの人が利用しています。

ゲレンデの入口、いわゆるベースの目の前まで「UTA」のバスでアクセスすることができます。地元の一般客も日常的に利用するバスですが、外側にスキー板やスノーボード板をかけられるようになっているのは、さすがソルトレイクシティです。

それに、ホテルの近くにバス停がなくても大丈夫!バスと同じ「UTA」が運行している「UTA TRAX」という電車を利用し、バスと電車のハブになっている下記の駅まで行けば、簡単に電車からバスへと乗り継ぐことができます。

  • Murray Central Station
  • Midvale Ft.Union Station
  • Historic Sandy Station
  • Bingham Junction Station

バス停から遠い場所にあるホテルは、少し不便かもしれませんが、その分、宿泊費が安く利用客もたくさんいるので、そのような立地のホテルのほとんどが「UTA TRAX」の最寄り駅まで無料送迎してくれます。

「UTA」が運行する電車やスキー場行きのバスのルート、時刻表、料金表などは、ホームページで確認することができます。

ちなみにココはアメリカ、時間に正確な日本ではありません。時刻表通りにいかなくても…それこそ15分くらい遅れても、そこはご愛嬌♪

■UTAのホームページ
http://www.rideuta.com/
●[Main menu] → [Rider Info] → [Ski Bus 2016-2017]
●[Rider Info]からその他の様々な情報をチェックすることができます

おわりに

今回ご紹介した、公共交通機関でアクセス便利なスキー場以外にも、レンタカーなどの車の手配ができれば「Park City Mountain Resort(パークシティ)」や「Alta Ski Area(アルタ)」」といったスキー場もオススメです。

  • アルタはSNOWBIRDの山頂からもアクセスOK
  • パークシティとアルタはスキーのみ滑走可

また、ソルトレイクシティはダウンタウンも見所がたくさんあります。スキー場でウィンタースポーツを満喫した後は、ぜひダウンタウンで観光やナイトライフもお楽しみ下さい♪

パークシティ
アメリカ / テーマパーク・レジャー
住所:1345 Lowell Ave, Park City, UT 84060 アメリカ合衆国
Web:http://www.parkcitymountain.com/
アルタ
アメリカ / テーマパーク・レジャー
住所:210, Alta, UT 84092 アメリカ合衆国
Web:http://www.alta.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2009年1月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

超話題沸騰中!ニューヨーク5番街・ティファニー本店4Fの魅力♪

ニューヨークの5番街にあるティファニー本店は、4Fのホーム&アクセサリー売り場が一新され、2017年11月10日にはティファニー初のオリジナルカフェ「ザ・ブルー...

サンフランシスコ在住者がおすすめするSFグルメ10選・徹底ガイド

食に対する市民の関心が高く、オーガニックカルチャーのメッカでもあるサンフランシスコ。毎日のように新しいレストランがオープンしては話題になり、昨年はフードマガジン...

ニューヨーク・最新&定番の喜ばれる絶品チョコレートお土産ガイド♪

ニューヨークのチョコレート土産というと、ニューヨークらしいパッケージがセンス良く、空港で手軽に買える「アスターチョコレート(Astor Chocolate)」や...

出張サラリーマン必見!!女性が喜ぶアメリカ土産 〜サンフランシスコ編〜

シリコンバレーが近く、IT企業やスタートアップが集まるサンフランシスコ。最新のテクノロジーやビジネスのトレンドの発信地として注目度が高く、日本からの出張サラリー...

週末はNY最大級の名物フリーマーケット「ブルックリンフリー」へ!

NYのブルックリンで行われる“ブルックリンフリー”は、NY最大級規模のフリマ!冬は屋内、夏は屋外で、ニューヨーカーから古着やハンドクラフト雑貨など、お洒落でお買...



この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない!大自然と旅行が大好きな飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

神戸の“地産地消”がたっぷり楽しめる「FARM CIRCUS」

神戸というと、何かと三宮や北野、ハーバーランド、メリケンパークといった華やかな場所が取り上げられますが、同じ市内とは思えないくらいとっても自然豊かな北神戸が、今...

【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

「わぁ!お魚だ!」透明感いっぱいなビーチに美味しい海の幸【沖縄 読谷村】

沖縄本島にはたくさんの観光名所がありますが、さすが沖縄!どこに行ってもビーチが綺麗で食べ物も美味しくて、遊びどころがいっぱい!なので「どこに行こうかな〜」と迷っ...

見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?