アルゼンチン
アルゼンチン観光
情熱のタンゴとアルゼンチンワインに酔いしれる

本場のタンゴを老舗カフェで!~ブエノスアイレス最古の「Café Tortoni」~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:147ヶ国

2018年6月4日更新

273view

お気に入り

写真:toshel

アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスの中心に位置する賑やかなフロリダ通りの一角に、1858年創業の老舗カフェがあります。ここ「Café Tortoni」は、ブエノスアイレス最古のカフェであるとともに、「世界で最も美しいカフェ10選」にも選ばれ、古いながらも気品と美しさを感じられます。また、伝統あるこのカフェの地下にはステージがあり、アルゼンチン本場のタンゴを鑑賞できます。今回は、長年にわたって国際的有名人も訪れた「Café Tortoni」の魅力をお伝えします。

この記事の目次表示

ブエノスアイレス最古の老舗カフェ「Café Tortoni」

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ訪れたら、是非オススメしたいカフェがあります。1858年創業の老舗「Café Tortoni」です。フランスからの移民がオープンさせたお店で、当時は画家や作家、ジャーナリスト、ミュージシャンなどが集う情報交換の社交場だったとか。

  • 写真:toshel

内装は当時のままの趣を保ち、創業から160年も経っているとは思えない磨き上げられた壁や調度品は、その古き良き時代を想起させます。また、これまでに訪れた著名人の写真が壁一面に掛けられており、まるでその時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。

  • 写真:toshel

このため、「Café Tortoni」は、よく世界の美しいカフェと評されています。

  • 写真:toshel

しかし、カフェだけでは終わらないところが「Café Tortoni」のすごいところなんです!

本場のタンゴを堪能できるカフェ

19世紀後半、ブエノスアイレスとモンテビデオ(パラグアイ)の間を流れるラプラタ川周辺で生まれたとされているタンゴは、強いビートアクセントのリズムで踊るダンスです。

アコーディオンやチェロの奏でる音やメロディーはどことなく寂しさを伴いますが、それは音楽の歌詞が歴史的な背景も含み、その郷愁、悲しみ、失われた愛の嘆きなどが表現されているからにほかなりません。

このため、タンゴは情熱的な中にもしなやかさがあり、かつダイナミックでもあり、感情を大きく表現しつつ、スピードの速い音楽にあわせて踊ります。基本的には男女のペアを組みますので、男性の抱擁もみどころの一つです。

これらのタンゴは無形文化遺産に指定され、今やアルゼンチンに留まらず、世界中の社交場で踊られ、人々に愛されています。

ブエノスアイレスはその本場ですので、人通りの多い道などで、タンゴの練習をしたりパフォーマンスする人をよく見かけます。立ち止まって鑑賞する人も多く、市民に親しまれています。

  • 写真:toshel

話はそれましたが、「Café Tortoni」では、広いグラウンドフロアの地下にステージがあり、連日連夜タンゴショーが行われています。スケジュールは、カフェの入り口看板に表示されています。

  • 写真:toshel

Café Tortoniでのタンゴの鑑賞方法

チケットはカフェのレセプションで購入できます。料金は180アルゼンチンペソ。2018/5現在、アルゼンチンペソは急落しており、日本円でおよそ900円とお値打ちです(別途1ドリンクオーダーは必須)。手書きのチケットを受け取って、カフェ内で開場まで待つこともできますよ。

  • 写真:toshel

カフェでコーヒーを飲みながら待機していると、開場時間にスタッフの方が声をかけてくれます。会場は地下!想像より狭いですが、ステージが近いので迫力がありそう!

  • 写真:toshel

開演時間の近づいてきた会場は満席で、期待が高まります。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

いよいよ始まりました。

  • 写真:toshel

ところどころ会話の入るミュージカル形式ですが、英語だったりスペイン語だったりし、海外から来たお客も楽しめるように工夫されています。嬉しい配慮ですね。

  • 写真:toshel

それでは少しですが、動画もありますので本場のタンゴをご鑑賞ください。

いかがでしたでしょうか。時にはコミカルで、時にはセクシーなタンゴが、世界中の人々を魅了する所以が少しでもお届けできたら幸いです。ブエノスアイレス最古のカフェというだけでも行く価値のあるCafé Tortoniですが、それ以上に本場のタンゴも安価で堪能できるのは、嬉しいですね!

Café Tortoniへの行き方

「Café Tortoni」は、ショップやレストランが立ち並び、歩行者専用道路となっている、一際華やかなフロリダ通りの先にあります。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

フロリダ通りにある建物は重厚な石造りのものが多く、華やかな歴史を感じられることも特徴です。

  • 写真:toshel

路上パフォーマンスも盛んです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

この通りを南へ下り、mayoという大通りに突き当たったら右方向へ進むと、一見、通り過ぎてしまうほど小じんまりとした「Café Tortoni」に到着です。

  • 写真:toshel
フロリダ通り
アルゼンチン / 町・ストリート
住所:Flolida Street Buenos地図で見る
カフェ・トルトーニ
アルゼンチン / カフェ・喫茶店
住所:Café Tortoni地図で見る
Web:http://www.cafetortoni.com.ar/en/

アルゼンチンの旅行予約はこちら

アルゼンチンのホテルを探す

アルゼンチンの航空券を探す

アルゼンチンのパッケージツアーを探す

アルゼンチンの現地アクティビティを探す

アルゼンチンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事

冬の海外旅行におすすめの国15選

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だ...

一度は歩いてみたい!世界の心躍るカラフルな街並み23選

実際にこんなにカラフルな街並みが存在するなんてと驚くばかり!日本ではどこかのテーマパークぐらいでしかお目にかかれないような、色とりどりの建物が連なる光景。世界に...


南米大陸ブラジルとアルゼンチンにまたがる“イグアスの滝”の歩き方

「イグアスの滝」は、南米大陸のブラジルとアルゼンチンの二ヶ国にまたがる世界最大の滝で、日本で三大瀑布(ばくふ)と言われている「ナイアガラの滝」、「ヴィクトリアの...

【アルゼンチン】運動不足でも登頂できる!燃えるフィッツロイを目指す夜のトレッキング

有名なアウトドアブランド「パタゴニア」。このロゴデザインのモデルになった山が、アルゼンチンのエル・チャルテンという街にあります。その山の名は「FitzRoy (...


【アルゼンチン】南極に最も近い町・ウシュアイアは寒いのにあたたかい!旅人がこの町に長期滞在する理由

アラスカから17,848km。車が踏み入ることのできる地球上の最南端の地が、アルゼンチンのウシュアイアにあります。「最南端」という言葉に惹かれて多くの旅人がこの...

この記事を書いたトラベルライター

Curious Jetsetter
これまで訪ねた147ヵ国およそ300都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...

モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...


砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

石を投げればカフェに当たる ~ルーマニアの首都ブカレストでお洒落カフェを散策しよう~

ブカレストの街を歩いていると、とにかく目に付く洗練されたカフェの数々。老舗から新店まで、趣向を凝らしたお洒落なカフェは、フロントデザインやインテリアを観ながら散...


宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なか...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?