エストニア
エストニア観光
メルヘンの世界が広がるタリン旧市街

まるでスパイ映画の世界、タリンのKGB博物館に潜入!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年8月4日更新

2,238view

お気に入り

写真:渡り鳥

バルト三国のひとつ、エストニア。その首都、タリンにはかつてソビエト連邦に占領されていた名残がちらほらと見られます。KGB博物館もそのひとつです。現在は博物館として公開されているこの施設、ソ連時代には実際にKGBが使用していました。本物のKGBの施設だったのです。まるでスパイ映画の世界!そんな特別な場所で、歴史に思いを馳せてみませんか?

この記事の目次表示

エストニアのおすすめツアー
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】*― 北欧雑貨が溢れる街『ヘルシンキ』+ 街が世界遺産に登録されているバルト2都市を周遊 ―* 《クルーズと路線バスで巡る》  ヘルシンキ&タリン&リガ  7日間 全朝食付
125,800円~303,800円
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】*世界遺産を巡る!バルト3国+ポーランド――*【路線バスで旅する】タリン&リガ&ビリニュス&ワルシャワ 《朝食付》 7泊9日間【フィンエアー利用】
122,800円~323,800円
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】クルーズ船でバルト海を渡る!バルト三国&フィンランド周遊♪旧市街が世界遺産の旧市街を誇る《ヴィリニュス×リガ×タリン》北欧デザインを楽しめる《ヘルシンキ》8日間
128,800円~353,800円

エストニアの首都、タリン

  • 写真:渡り鳥タリンの旧市街

エストニアの首都、タリンには中世の街並みが残る旧市街があり、世界遺産に指定されていて有名です。でも実は、タリンの魅力はこれだけではないと知っていますか?

  • 写真:渡り鳥旧市街に遺されたロシア正教の教会

エストニアは1991年に独立を回復するまで、ソビエト連邦に支配されていました。タリンにもその名残が見られます。ソ連時代の遺産を博物館として保存し、一般公開している場所のひとつ、それがKGB博物館です。

KGBとは、ソビエト連邦国家保安委員会のことで、いわゆる秘密警察です。そのスパイ活動の一端を垣間見ることができる場所、それがタリンのKGB博物館なんです。

タリン旧市街
エストニア / 町・ストリート / 観光名所
住所:City Center, Tallinn, Estonia地図で見る

ソコス ホテル ヴィルとKGB

旧市街から100メートルほどの、タリン中心部に位置するソコス ホテル ヴィル(Sokos Hotel Viru)は、現在では観光客に人気のホテルです。ここの最上階に、KGB博物館はあります。

このような場所に博物館が作られた理由、それはこのホテルの歴史と関係しています。

  • 写真:渡り鳥中央に見える長方形の建物がソコス ホテル ヴィル

ソ連時代のタリンでは、外国人が宿泊できる唯一のホテルがソコス ホテル ヴィルでした。そのため建設段階からこのホテルは、KGBの活動拠点とすることを前提にして造られました。つまり、現在、博物館として一般に公開されている部分は、かつては本物のKGBが実際に使用していた場所なんです。

ソコス ホテル ヴィル
エストニア / ホテル
住所:Viru väljak 4, 10111 Tallinn, エストニア地図で見る
Web:https://www.sokoshotels.fi/en/tallinn/sokos-hotel-...

KGB博物館

  • 写真:渡り鳥

まるでスパイ映画の世界のようなこの博物館を見学するためには、事前予約が必要です。ツアーは現在、英語かフィンランド語で行われています。Eメールか電話での予約が可能です。

こちらのページに時間などの詳細が出ています

秘密のフロア23階へ

ツアー当日はホテルのロビーに集合します。ツアーガイドの引率のもと、参加者が全員集まったところでエレベーターで22階まで上がります。博物館は23階にありますが、エレベーターでは22階までしか上がれないので、最後は階段を使います。23階は外から見ても存在がわからない、秘密のフロアなんです。

階段沿いにはホテルの歴史などがパネルで紹介されています。23階にたどり着くと、KGB職員の事務部屋と、盗聴装置が設置された部屋があり、中に入って実際に見学できます。まるで映画のセットのようですが、これ、全て本物なんです。

エストニアが独立したとき、KGBは逃げるように去って行ったため、持ち出す暇がなくそのままになっていたものがたくさんあったそうです。タバコの吸い殻なども灰皿に残っていました。

  • 写真:渡り鳥KGBが使用していた通信機器

ガイドによるリアリティある解説

それぞれの部屋でガイドさんが当時の面白いエピソードを色々と話してくれます。KGBがここで暗躍していた時代はほんの二十数年前のことです。筆者が参加したツアーのガイドは40歳くらいのエストニア人の女性でしたが、彼女はその時代この街で普通に暮らしていたのです。

実体験に基づいた話をたくさんしてくれるので、リアリティがあって非常に面白いです。まさに事実は小説よりも奇なり、です。

  • 写真:渡り鳥KGB直通電話

事務部屋にはダイヤルのついていない不思議な赤い電話が置いてあり、目を引きます。これはKGB司令部への直通電話です。

スパイの秘密道具や裏話まで!

  • 写真:渡り鳥スパイ活動のための様々な道具

盗聴や盗撮に使われた様々な小道具も展示されています。ホテルの設計図も残っていて、それを見ると初めからいくつかの部屋は盗聴することを前提に設計されていたことがわかります。

とある外国人客は、このホテルに宿泊するたびに毎回同じ部屋に通されたそうです。きっとKGBにとって要注意人物だったのでしょうね。

他にも、トイレで「トイレットペーパーがない!」と叫んだら数分後にホテルのメイドが部屋にトイレットペーパーを持って来た、とか、盗聴器が仕込まれた食器を誤って食洗機にかけたところ、KGB職員が慌てて飛んで来た、などの面白いエピソードが満載です。

23階のバルコニーからはタリン市内が一望できます。過去に想いを馳せながら、素晴らしい眺めを堪能しましょう。

  • 写真:渡り鳥KGB博物館から見た旧市街

KGB博物館で本物の歴史に触れてこよう!

KGB博物館は小ぢんまりとしていて博物館としての規模は小さいですが、実際に使用されていたものに触れて、当時を知るガイドさんから生きた話を聞けるのが魅力的です。時には、当時、客としてこのホテルに宿泊したことがある、という人がツアーの参加者にいることもあるそうです。

「ソ連」や「KGB」は教科書に出てくるようなキーワードですが、エストニアが独立を回復したのは1991年。実際にはそれほど遠くない過去の話です。筆者もすでに生まれていました。当時のエストニア人の生活は現在とはまるで違うものでした。そのような世界が現実に存在していたという事実に、改めて気付くことができるという意味でも、ここでの体験は貴重なものです。

  • 写真:渡り鳥今も盗聴されているかも!?

本物の歴史に触れられる場所、それがタリンのKGB博物館です。そしてちょっぴりスパイになった気分も味わえる、ワクワクできる場所です!

  • 写真:渡り鳥夕暮れ時の旧市街

「KGB博物館」基本情報

WEB

https://www.sokoshotels.fi/en/news/news/hotel-viru-ja-kgb-museum/01965068_392922?previous=542860937

連絡先(ツアー予約)

  • 電話番号:+372 680 9300
  • E-mail:viru.reservation@sok.fi
KGB博物館
エストニア / 博物館・美術館
住所:Viru väljak 4, 10111 Tallinn, エストニア地図で見る
Web:https://www.sokoshotels.fi/en/news/news/hotel-viru...

エストニア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばエストニアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でエストニアのすべてのツアーをみる>>

エストニアの旅行予約はこちら

エストニアのパッケージツアーを探す

エストニアのホテルを探す

エストニアの航空券を探す

エストニアの現地アクティビティを探す

エストニアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


バルト三国のお土産大特集!おとぎの国は可愛い手作り雑貨の宝庫♡

北欧雑貨やロシア雑貨が好きな人におすすめ!素朴で可愛い「バルト雑貨」が今大注目です。あまり馴染みのないバルト三国ですが、手作りの愛らしい民芸品や丁寧に編まれたウ...

ここはテーマパーク!?エストニア・タリン旧市街が楽しすぎると話題!!

バルト三国のひとつであるエストニア共和国。城壁でぐるりと囲まれたタリン旧市街には、14~15世紀の街並みが色褪せることなく息づいています。城壁の門をくぐると、そ...

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

◎バルト三国◎ノスタルジックな雰囲気に浸る!7泊9日おすすめ周遊コース

バルト三国という言葉は聞いたことがあっても、どの国のことなのか、それぞれどんな国なのか知らない方は多いのではないでしょうか?エストニア・ラトビア・リトアニアがバ...

この記事を書いたトラベルライター

自由気ままな旅人
現在は東京在住ですが、過去にはアメリカ、スウェーデンに住んでいました。再び海外に住む日を夢見て、今は世界中を旅することで好奇心を満足させています。
旅先では地元の人と交流し、その国や街の歴史・文化を学ぶことが楽しみです。そこにしかない自然を満喫するのも大好きです。
世界は広くて多様性があって面白い!

お土産購入からグルメまで!羽田空港、国際線ターミナルの活用術

羽田空港は、都心に住む人にとってはアクセスもよくとても便利な空港です。近年、羽田空港を発着する国際線も増え、ますます便利になっています。海外へ行くときは、空港に...


Trader Joe'sで買うサンフランシスコ土産5選

アメリカの西海岸を中心に展開しているスーパーマーケット、Trader Joe'sは地元の住民にも人気のお店ですが、ちょっとしたお土産にちょうどいいオリジナル商品...

ストックホルム空中散歩!屋根の上から街を眺めよう♪

ジブリ映画のモデルのひとつになったとも言われるストックホルムのガムラスタン。その素敵な街並みを上から眺めてみたいと思いませんか?そして、屋根の上を歩き回ってみた...

【太魯閣国家公園】大理石でできた渓谷で、台湾の自然美を満喫!

太魯閣国家公園(タロコこっかこうえん)は太魯閣渓谷を中心に広がる台湾の国立公園です。台北から特急列車で2時間ほどの花蓮市に近く、台湾でも人気の観光地です。太魯閣...

アムステルダムはミュージアムの宝庫!ミニミュージアム巡りのススメ

オランダ・アムステルダムというと運河やアンネ・フランクの家が有名ですが、実はアムステルダムには大小様々な規模の美術館・博物館が驚くほどたくさんあります。この記事...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?