福島
福島
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

見所はこけしだけじゃない!福島県・土湯温泉の散策スポット

2018年3月10日更新

322view

お気に入り

福島駅からバスで40分ほどのところにある土湯(つちゆ)温泉。大穴貴命(おおなむちのみこと)が開き、聖徳太子の使者秦河勝(はたのかわかつ)が湯治したと伝わる歴史ある温泉地です。そこまで広い温泉地ではなく、日帰り入浴できる旅館が多くあるので気軽に訪ねることができます。今回はそんな土湯温泉の、温泉と一緒に訪ねてほしいスポットを紹介します。

こけし抜きには語れない土湯温泉

土湯温泉には、「大穴貴命(若いころの大国主命)により発見された」「聖徳太子の使者である秦河勝が湯治して半身不随を治した」という伝説が残されています。

その伝説だけでも十分インパクトがあるのですが、土湯温泉の歴史を語る上でもう1つ忘れてはいけないことがあります。土湯温泉は、遠刈田・鳴子に並び三大こけしの名産地なのです。それゆえに、町のいたるところでこけしを見ることができます。

こけしの顔はめパネル。

マンホールの絵はもちろんこけしです。

しかし土湯温泉のみどころは、こけしだけではありません。ぜひ立ち寄ってほしい、その他のみどころもご紹介していきましょう。

親鸞の高弟が建立した興徳寺

1250年に親鸞の高弟である性信が建立した興徳寺。初めは法徳寺という名であり真宗本願寺派でしたが、後に九山禅師により再興された際、臨済寺妙心寺派になりました。

上の写真は聖徳太子堂。中には聖徳太子像が安置されていますが数十年に1度しか公開されません。秦河勝が上司にあたる聖徳太子を祀ったことから始まったといわれており、本当であれば興徳寺が建立される600年以上前から祀られ続けていることになります。

薬師こけし堂。元は聖徳太子が信仰していた薬師如来を祀っていましたが、水害による消失、再建にともない惟喬法親王(これたかしんのう)も祀るようになりました。これは、惟喬法親王が木地業の始祖とされており、土湯温泉がこけし(つまり木工品)の名産地であったことが理由です。

興徳寺
福島 / 社寺・教会
住所:福島県福島市土湯温泉町字上ノ町76
電話:024-595-2415

廃仏毀釈から蘇った六地蔵

六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天)の苦しみから人々を救う6体の地蔵で、村人たちによって作られ、少なくとも1766年より前から土湯温泉に建てられていました。廃仏毀釈により破壊されて埋められてしまいますが、後に偶然掘り起こされ、再度祀られました。

初代は損傷が激しかったため、2代目の六地蔵も作られています。

六地蔵
福島 / その他スポット
住所:福島県福島市土湯温泉町菅ノ沢
電話:024-595-2217(土湯温泉観光協会)
Web:http://www.tcy.jp/

墓石をけずって飲む!?九山禅師の墓

前述の興徳寺を再興したり、米沢城に禅林寺を建立した九山禅師。彼の墓は、土湯温泉にあります。

非常に頭の良い人物とされており、昔は、彼にあやかろうと墓石をけずって飲む者があとを絶たなかったそうです。当然ですが、絶対に真似しないでくださいね。

墓の裏側。けずられてえぐれてしまっています。

九山禅師の墓
福島 / その他スポット
住所:福島県福島市土湯温泉町菅ノ沢
電話:024-595-2217(土湯温泉観光協会)
Web:http://www.tcy.jp/

滝の上にかかったつり橋

荒川の支川である東鴉川ですが、土湯温泉の町外れで滝になって流れ落ちている箇所があります。そして、その滝の上にはつり橋がかけられています。ひなびた温泉街のすぐ近くとは思えない、マイナスイオンたっぷりのダイナミックなスポットです。

ちなみにこの東鴉川、透明度がとても高いです。夏は一休みがてら、足を水にひたしてみても良いかもしれませんね。

滝のつり橋
福島 / 建造物
住所:福島県福島市土湯温泉町
電話:024-595-2217(土湯温泉観光協会)
Web:http://www.tcy.jp/
土湯温泉
福島 / 町・ストリート
住所:福島県福島市土湯温泉町
電話:024-595-2217
Web:http://www.tcy.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月4日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

涼しい処へ行きた~い!東日本の涼感スポット15県21選

暑い夏。いえ、昨今は熱い夏になってきていますね。そんな時は、だれもが涼しい場所に行きたい!東日本各地で筆者が実際に行き、涼し~い!もしくは寒~い!と感じた場所、...

ひそかに人気上昇中!霧幻峡の白い世界【福島・奥会津】

初めて訪れるのに懐かしい。そんな日本の原風景が今も残る場所・奥会津に、夏だけ出現する霧の渓谷「霧幻峡」。緩やかに湾曲しながら流れる只見川は、雪解け水をたたえ、冷...

自然がつくりあげた神秘的な世界!行ってみたい日本の鍾乳洞10選

ひんやりとした神秘的な世界が広がる鍾乳洞は、洞内の温度が12〜17度にほどに保たれているところが多く、とくに夏旅におすすめ。鍾乳洞とは石灰岩が雨水や地下水の浸食...

冬だから会える景色がある!冬旅におすすめのスポット19選

寒い環境がつくりだす自然の絶景や、真っ暗な冬の夜に浮かび上がる幻想的なイルミネーション。真っ白な雪にオレンジ色の灯りがあたたかい気持ちにさせてくれる、各地のかま...

福島の定番・観光スポットならココ!22選

首都圏からもアクセスがいい福島県には、五色沼や塔のへつりなどの景勝地や、鶴ヶ城、さざえ堂などの建造物、そしてスパリゾートハワイアンズと、見どころ、遊びどころがい...



この記事を書いたトラベルライター

一人旅好きのブロガー
国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
http://85irimusume.doorblog.jp/

3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大...

鯉が泳ぐ城下町。「山陰の小京都」島根県・津和野を歩く

「山陰の小京都」の異名を誇る島根県・津和野。津和野藩亀井氏の治めていた城下町であり、鯉の群れが泳ぐ水路、1,000の鳥居を持つ稲荷神社、畳敷きの教会、西周や森鴎...

祖谷渓のかずら橋と大歩危の遊覧船。徳島の秘境渓谷満喫プラン!

吉野川の支流である祖谷川によって作られた祖谷渓(いやけい)。そして吉野川の上流に位置する大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)。いずれも激流によって長い年月をかけ...

温泉・グルメ・景勝地!盛りだくさんの和歌山県【白浜温泉】をめぐる

白い砂浜と青い海、新鮮な海産物、そして温泉を兼ね備えたリゾート地、和歌山県の白浜。エリア内には動物園と水族館と遊園地がセットになったアドベンチャーワールドまであ...

個性も様々な8つの地獄。大分県・別府地獄めぐり

「おんせん県おおいた」を自称する大分県。湧出量・源泉数ともに日本一を誇り、別府や湯布院を始めとした数多くの温泉地を有します。量だけでなく、泥湯、炭酸温泉など泉質...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?