ハワイ島
ハワイ島観光
豊かな自然に恵まれたハワイ諸島最大の島

【2021年最新版】ハワイ島・ハワイ火山国立公園のおすすめスポット7選

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2021年4月2日更新

635view

お気に入り

写真:KatieM

ハワイ島の観光プランとして外せない「ハワイ火山国立公園」。2018年5月にキラウエアの火山活動が活発になった後、現在はコロナ禍による影響で一時的に閉鎖になっている箇所もあります。今回は2021年の時点で、観光できるスポットに焦点を当ててご紹介します。ぜひ参考にしてください。

この記事の目次表示

訪れる前に「ハワイ火山国立公園」の最新マップと閉鎖箇所をチェックしよう!

  • 写真:KatieM2021年3月の最新マップ

2018年の噴火に加え、コロナの感染対策によって一時的に閉鎖された箇所もあるハワイ火山国立公園ですが、2021年3月時点で配布されている最新マップがこちらになります。大きな変化は、ハレマウマウ・クレーターを見下ろせる展望台とジャガー・ミュージアムが共に閉鎖され、キラウエア・オーバールックまでしか進めないようになっていることです。

  • 写真:KatieM

また公園の目玉的存在であるラバチューブ「サーストン溶岩トンネル」も一時的に閉鎖されています。観光の予定を建てる際はこのQRコードをスキャンし、現在の状況を確認しておきましょう。ここからは 2021年時点で楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

SPOT1:クレーターをチェック!「キラウエア・オーバールック」

  • 写真:KatieM

2021年時点で、ハレマウマウ・クレーターに最も近づける場所が「キラウエア・オーバールック(Kilauea Overlook)」です。ここから先の道路は行き止まりになっており、駐車場から来た道を引き返す形となります。

  • 写真:KatieMキラウエアオーバールックから見るカルデラの様子

ただし、ここの駐車場から火口に向かって続くトレイルがあり、クレーターの淵近くまで近づくことができます。クレーターの淵付近までたどり着いたら、淵に沿ってトレイルがありますが、ここから西側もアクセス禁止です。

  • 写真:KatieMここから西はアクセス禁止

天気の良い日はここからキラウエアクレーター全体の様子を見下ろせる見晴らしの良い場所です。改めてその大きさを実感できますよ。

  • 写真:KatieMクレータの中でぼんやりと光るマグマの様子

また、サンライズ前やサンセット後の薄暗い時間帯には、ここ一帯からクレーターの中がぼんやりと発光する様子を眺めることができます。以前はジャガー博物館の真隣にある展望台から間近に見ることができましたが、現在は少し離れた場所からの観覧となります。

キラウエアオーバールック
ハワイ島 / 展望・景観
住所:Hawai‘i Volcanoes National Park, Volcano, Island of Hawaii, HI 96718地図で見る
Web:https://www.nps.gov/havo/index.htm

SPOT2:地球のエネルギーを感じよう!「蒸気の噴気孔」

  • 写真:KatieM駐車場前の蒸気口

キラウエア・オーバールックから引き返すこと数分、右手に見えるのが「蒸気の噴気孔(Steam Vent)」です。駐車場のすぐ前にも2箇所ほどスチームが上がっている場所があり、ここで実際に蒸気を浴びる体験もできます。実際に間近で感じてみると、サウナのようなその熱と威力に驚かされますよ。ちなみに火山特有の硫黄の匂いは全くありません。

  • 写真:KatieM

Steam Ventの駐車場からも火口に向かって続くトレイルがあるので、ここを数分歩くとクレーターの淵部分に到着します。ここからは、地上が割れた裂け目からあちこち白い蒸気が上がっている様子を確認できます。暗い時間帯は、キラウエア・オーバールックと同様に、ここからもぼんやりと光るマグマの様子を眺めることができますよ。

  • 写真:KatieM博物館前の展望台から見るハレマウマウ火口(2018年5月撮影)
  • 写真:KatieM2021年3月のハレマウマウクレーターの様子

ちなみに2018年の噴火直前と2021年3月の火口の様子を比較した様子がこちら。以前はマグマの活発な活動が肉眼でも見てとれましたが、現在は火口から灰色の煙がモクモクと上がっているだけの状態です。

蒸気の噴気孔
ハワイ島 / 自然・景勝地
住所:Hawaii Volcanoes National Park, ハワイ州 96718 アメリカ合衆国地図で見る
Web:https://www.nps.gov/havo/index.htm

SPOT3:ミニハイクを楽しもう♪「キラウエア・イキオーバールック」

  • 写真:KatieM

左手に見える公園入口ゲートを通過し、次に訪れたいのが「キラウエア・イキオーバールック(Kilauea Iki Overlook)」。ここは、キラウエアカルデラの東部分にある独立したキラウエア・イキクレーターを見下ろすことができる場所です。

  • 写真:KatieM

駐車場からは、クレーターに沿って歩くクレーターリムトレイルがあり、トロピカルジャングルの中を続く800メートルほどのハイクを楽しめます。

  • 写真:KatieM展望所から見下ろすキラウエア・イキクレーター

キラウエア・イキクレーターの大きさはもちろん、途中にある展望所から底を見下ろすと、そのびっくりするほどの深さを体感できますよ!

キラウエア・イキオーバールック
ハワイ島 / 展望・景観
住所:Hawaii Volcanoes National Park, ハワイ州 96718 アメリカ合衆国地図で見る
Web:https://www.nps.gov/havo/index.htm

次のページを読む

ハワイ島の旅行予約はこちら


ハワイ島のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

ハワイ島のホテルを探す

ハワイ島の航空券を探す

ハワイ島の現地アクティビティを探す

ハワイ島のWi-Fiレンタルを探す

ハワイ島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


海外の人気滝TOP12!旅行者が行っている世界の滝ランキング

カナダ・アメリカにまたがるナイアガラの滝や、オーストラリアのバロン滝をはじめとする海外の滝を、トリップノートの8万8千人のトラベラー会員(2023年5月現在)が...


【ハワイ島】神秘の谷底を散策!個人でも行けるワイピオ渓谷トレッキング

ハワイ島でも有数のパワースポットとされるワイピオ渓谷。谷底まで降りるには4WDのレンタカーを借りるかツアーを利用する必要がありますが、個人で下りるトレッキングも...

【ハワイ島】サウス・コナのおススメスポット6選!!

ハワイ島の玄関口コナ空港から南へ車を走らせること1〜2時間、サウス・コナはリゾートから離れた地元感あふれるエリアです。地元の人たちが集うファーマーズマーケットや...

【2021年最新版・ハワイ島】大自然に癒される♡ハワイ通なら行きたい「プナ周辺」お勧め立ち寄りスポット9選!

ハワイ島の南東部に位置し、1990年の溶岩流でハイウェイ130号線が遮断され、陸の孤島のようになってしまったプナ地区。アクセスは多少不便ですが、ここには大自然や...

ハワイ島で火山の女神ペレに出会う!レンタカーで行く火山国立公園

ハワイ諸島で最大の島、ハワイ島。独特なエネルギーで満ちたこの島は、活発な火山活動によって形成されました。現在でもマウナ・ロア(Mauna Loa)とキラウエア(...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆
http://sfbliss.com

【ロサンゼルス】LAダウンタウンを満喫する観光スポット9選&おすすめモデルコース

西海岸で一番の大都市となるロサンゼルス。サンタモニカやグリフィス展望台など見どころも満載ですが、徒歩で手軽に観光できるのがダウンタウン!今回はおすすめの観光スポ...


ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...

【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【グランドサークルの回り方】実際にレンタカーでドライブした9泊10日のモデルコースを大公開!

グランドサークルの旅行を計画する際にまず悩むのがそのコース。行きたいところはたくさんあるけれど、予定日程内に収まるのか、また実際にかなりの長距離を運転できるのか...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります