広島
広島観光
世界遺産の厳島神社や原爆ドーム、海上自衛隊の関連施設が人気

旧海軍ゆかりの港町、広島・呉のおすすめ観光&グルメスポット6選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:28都道府県

2017年10月30日更新

3,571view

お気に入り

写真:あやか

厳島神社や原爆ドームなどの世界遺産が有名な広島県。そんな広島で、かつては戦艦「大和」が建造されるなど、世界屈指の軍港として栄えたのが呉です。今もなお、旧海軍ゆかりのスポットが数多く残っています。また、2016年11月に公開された映画『この世界の片隅に』では、物語の主要舞台として呉の町並みが描かれ、関連スポットの聖地巡礼を楽しむ観光客も増えました。今回は、近年話題となっている広島県呉市のおすすめ観光スポットとグルメを紹介します。

この記事の目次表示

[1]呉の歴史と平和の尊さを学ぶ「大和ミュージアム」

「大和ミュージアム」とは?

大和ミュージアムとは、戦艦「大和」を建造した軍港を持つ日本一の海軍工廠の町として栄え、戦後は、世界最大のタンカーを数多く建造する呉の明治以降の歴史と造船・鉄鋼を始めとした化学技術を紹介する博物館です。

  • 写真:あやか大和ミュージアム入り口

館内は、戦艦「大和」の細部まで鑑賞できる「大和ひろば」、旧海軍拠点から臨海工業都市へと発展していく過程を紹介した展示室「呉の歴史」、戦闘機や魚雷などの実物を展示している「大型資料展示室」、船の技術や原理を体験できる展示室「船をつくる技術」、迫力満点の映像が見られる展示室「未来へ」の5つの展示エリアに分かれています。

大人も子どもも関係なく平和の尊さを学ぶことができる博物館となっています。

大和ミュージアムのシンボル!10分の1の戦艦「大和」

呉で建造され、昭和16年(1941年)に就役したのが戦艦「大和」です。全長263メートル、幅38.9メートル、高さは約15階のビルに相当し、当時世界最強と謳われていました。

昭和20年(1945年)4月に米軍の攻撃を受け沈没し、今もなお鹿児島県沖の海底に沈んでいます。この戦艦「大和」を圧巻の10分の1スケールモデルで展示しています。

  • 写真:あやか10分の1モデルの戦艦大和

吹き抜けの空間に設置されているので、1階から3階の様々な角度から見ることができます。

  • 写真:あやか戦艦「大和」上から

10分の1の大きさでもかなり大きいのが写真から分かるかと思います。

見学後はミュージアムショップでお土産を買おう!

見学後はミュージアムショップでお土産を買いましょう。戦艦「大和」の関連の商品なども多数売っていますが、筆者のおすすめは「レターセット」です。

  • 写真:あやか廃版海図デザインの封筒セットとレターセット(右と左共に税込540円)

こちらは普通のレターセットではなく、海上保安庁の廃版になった海図を封筒に再利用しており、封筒の柄が一つ一つ異なるのです。

エコロジー商品であり、とても可愛いレターセットです。このレターセットを購入して、友人などに手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

大和ミュージアムの利用方法
交通アクセス:JR呉駅から徒歩5分
入館料:一般(大学生以上)500円、高校生300円、小・中学生200円
休館日:火曜日(火曜日祝日の場合は翌日休館)
開館時間:展示室、ミュージアムショップは9時~18時
大和ミュージアム
広島 / 博物館 / 一人旅 / 子供が喜ぶ / 雨の日観光
住所:広島県呉市宝町5−20地図で見る
電話:0823-25-3017
Web:http://yamato-museum.com/

[2]国内唯一の潜水艦ミュージアム「てつのくじら館」

「てつのくじら館」とは?

本物の潜水艦内部を見学できる国内唯一の潜水艦ミュージアムが「てつのくじら館」です。正式名称は「海上自衛隊呉資料館」。

  • 写真:あやかてつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)入り口
  • 写真:あやかてつのくじら館外観

明治22年(1889年)の旧海軍呉鎮守府の設置から、現在までの歴史を見ることができる「海上自衛隊の歴史」、機雷を除去して海の安全を守る海上自衛隊の掃海活動について紹介した「掃海艇の活躍」、ベールに包まれた潜水艦の歴史や仕組みを学ぶことができる「潜水艦の活躍」、潜水艦内部がほぼ現役当時のまま保存されている「潜水艦あきしお」の4つの展示エリアに分かれています。

普段はなかなか見ることができない潜水艦内部を見学してみてはいかがでしょうか。

潜水艦「あきしお」って?

全長76メートル、全幅9.9メートル、重さ2,250トンの大型ジェット機並みのサイズを誇る潜水艦です。

  • 潜水艦あきしお

昭和61年(1986年)から平成16年(2004年)まで海上自衛隊で実際に運航され、日本の海の安全を守ってきたのです。

てつのくじら館の利用方法
交通アクセス:JR呉駅から徒歩5分
入館料:無料
休館日:火曜日(火曜日祝日の場合は翌日休館)
開館時間:展示室9時~17時
てつのくじら館
広島 / 博物館 / 一人旅 / 子供が喜ぶ / 雨の日観光 / 夏のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / インスタ映え
住所:広島県呉市宝町5番32号地図で見る
電話:0823-21-6111
Web:https://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

[3]海軍グルメといえばカレー!カレー専門店 カレーのマスターへ行こう!

呉海自カレーとは?

海上自衛隊の多くの部隊では、毎週金曜日の昼食にカレーが食べられています。その理由は諸説ありますが、一説として長く航海をしている隊員が曜日感覚を忘れないようにするためと言われています。

呉海自カレーとは、海上自衛隊・呉基地に所属する艦艇などで食べられているカレーを呉市内の飲食店でも食べることができる取り組みなのです。各店で提供するカレーは、海上自衛隊の調理員から直接作り方を教わって味を再現し、更に、艦長から認定してもらった特別なカレーなのです。

  • 写真:あやか認定証

呉海自カレー「練習艦やまゆき(愛称:ラインジングカープカレーやまゆき)」を食べよう!

練習艦やまゆきカレーは、ライジングカープカレーやまゆきの愛称で親しまれています。大のカープファンだった旧艦長がつけたニックネームで、これが海上自衛隊にも広まり、やまゆきカレーの愛称となりました。

やまゆきカレーは、ビーフシチューのようなコクにまろやかなカレーの風味、ライスは五穀米を使用したダイナミックなカレーとなっています。

  • 写真:あやか練習艦やまゆきカレー(税込900円)

呉市を訪れたら、是非カレーのマスターでライジングカープカレーを食べてみてください!

カレー専門店 カレーのマスター詳細
交通アクセス:JR呉駅より徒歩約10分
営業時間:11時30分~20時
休業日:火曜日
カレーのマスター
広島 / カレー / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ
住所:呉市中通3丁目4-3地図で見る
電話:0823-22-6163
Web:https://www.kaijicurry.com/shop/shop_21.html

次のページを読む

広島の旅行予約はこちら

広島のパッケージツアーを探す

広島のホテルを探す

広島の航空券を探す

広島の現地アクティビティを探す

広島のレンタカーを探す

広島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

【2021最新】中国地方の人気観光スポットTOP54!トラベラーが行っている観光地ランキング

嚴島神社や原爆ドーム、出雲大社などをはじめとする中国地方の観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ東京育ち。
小さいころから歴史好きで、大学では歴史と博物館について学び、卒業。
社会人になってからは、仕事の休みは大好きな旅ばかりしてきました。
介護職→歴史・文書館関係のお仕事→東京から茨城(県北)へ移住。
2021年4月~地域おこし協力隊として活動中です◎

一度きりの人生、どんなこともチャレンジ!
「好き」を仕事に、自由に生きていく方法を日々模索しています。

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...


【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります