茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

地元民が大公開!茨城で食べたいとっておきの珍味5選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:37都道府県

2018年9月25日更新

798view

お気に入り

写真:菊地早秋

茨城は関東平野のイメージが強いですが、実は海あり、湖あり、山ありと、様々な自然と共存したエリアです。本記事ではそんな茨城在住ライターが、本県でしか味わうことのできない、暮らしに根付いた珍味をお伝えします。

この記事の目次表示

【1】ダチョウ料理

茨城には全国にたった五か所しかないダチョウの屠畜(とちく)場の一つがあります。わざわざ遠い他県から屠畜のため、ダチョウを連れて茨城までやってくる農場の方もいるのだとか。また、茨城県石岡市には「ダチョウ王国」と呼ばれる牧場があり、そちらは全国一のダチョウの飼育数を誇ると言われています。

  • 写真:菊地早秋ダチョウの卵とジャガイモの大きさを比較した様子

ちなみにダチョウはアフリカ原産の超大型の鳥類です。鳥とはいえ空を飛ぶことはできず、代わりに時速70キロというスピードで陸上を走ることができます。日本ではあまり食用として認知されていませんが、実はダチョウはいま注目の食材です。理由としては、二点あります。

一点目は、生産過程で環境負荷が少ないエコなお肉だからです。その成長スピードによる出荷までの早さ、穀物飼料に依存せず、人間と競合しない内容のエサも食すということで、ダチョウは世界人口が増加中の人類を支える可能性を秘めています。

二点目は、他のお肉に比べてヘルシーだからです。代表的な家畜(牛豚鶏)よりもカロリーは半分程度と低く、逆にたんぱく質は豊富です。脂質も少なく、お肉独特のあぶらっこさや臭みがなく、食べやすいのが特徴です。

ダチョウ刺身

そんなダチョウのお肉ですが、お刺身で頂くことができます。赤身で脂質が少なく、食感は柔らかく、まるでお魚のお刺身を食べているような感覚です。後味に少しお肉らしい香りがふんわりする程度で、普段お肉を食べない方にもぜひチャレンジして頂きたい一品です。

後で紹介するレストランで提供される刺身にはオリーブオイルがかかっており、お醤油と西洋わさびをつけて頂きます。筋もなく、何枚でも口に運びたくなる食べやすさです(1,200円/1皿)。

  • 写真:菊地早秋ダチョウのお刺身

ダチョウフィレステーキ

火を通したダチョウ肉もその柔らかさが特徴で、レアで頂きます。ダチョウの部位のなかでも特に「フィレ(足の付け根部分)」が柔らかく、繊細なお肉として知られています。

  • 写真:菊地早秋ダチョウのフィレステーキ

火を入れると弾力感がアップし、香ばしい香りもするため刺身で頂くよりお肉感が増します。ソースは肉汁を活用したグレイビーソースで、上品なクリーミーな味付けです。お肉に絡めて頂くと絶品です(2,300円/1皿)。

  • 写真:菊地早秋レアで頂く

お店情報「ボンジュール」

上記でご紹介したお料理は、かすみがうら市にある洋食レストラン「ボンジュール」で頂くことができます。1978年開店という老舗で、国道6号線沿いに位置しています。店内は昔ながらのレトロな落ち着いた雰囲気で、家族連れの利用客が多いです。

  • 写真:菊地早秋レトロな店内
  • 写真:菊地早秋メニューの一部

ダチョウ料理の他、ハンバーグやビーフシチューなど洋食屋さんの定番メニューも種類が豊富です。ウェイターの方は経験を多く積まれたであろう熟練男性が多く、本格的かつきめ細やかなサービスを提供していらっしゃいます。

  • 写真:菊地早秋ボンジュール外観
ボンジュール
茨城 / 洋食・西洋料理
住所:茨城県かすみがうら市下稲吉781-3地図で見る
電話:0299-59-4264

【2】シラウオ料理

茨城には、滋賀の琵琶湖に次ぎ湖面積全国第二位を誇る湖「霞ケ浦(かすみがうら)」があります。その広さは220平方メートルとされ、流域面積は茨城の面積の約35パーセントを占めています。平均水深は4メートル、最大水深は7メートルです。

  • 写真:菊地早秋霞ケ浦の夕刻の様子

霞ケ浦では、シラウオ、ハゼ、エビ、ワカサギなど多くの海産物が捕れ、今も昔も地域住民の食を豊かに支えてくれています。シラウオとは長細い半透明な白色の体をした、全長が6~10センチ程度のサケ目シラウオ科のお魚です。お刺身や釜揚げで頂きます。

その形や味が似ているためよく勘違いされますが、「シラウオ」と「シラス」は別の生き物です。シラウオはもうそれ以上大きくならない成魚(人間でいえば大人)です。一方シラスは、アユなどの稚魚(人間でいえば子供)を指します。

ただ、シラウオが生まれたルーツを探ると、アユなどの稚魚グループが幼形化する(祖先の幼体に見られる特徴的な姿で成熟を迎える)ことによって進化したと考えられているのだとか。

  • 写真:菊地早秋生シラウオ
  • 写真:菊地早秋釜揚げシラウオ

生シラウオ丼

釜揚げ丼は年中頂けますが、生のシラウオを使った丼ぶりは7月~12月限定で味わうことができます。その日水揚げされた新鮮なシラウオが、ほかほかご飯にたっぷりのっています。

  • 写真:菊地早秋季節限定生シラウオ丼

生シラウオは、ぷりぷりぷちぷち食感が大きく、口に入れた時の存在感が大きいです。少し骨っぽさを感じるくらいなので、よく咀嚼して頂きます。香りは生シラスと似ていて、生姜やネギを薬味にお醤油をかけるとベストマッチです。以下で紹介するお店でセットで注文すると、ミニサラダとドリンクが付いてきます(900円/単品、1,100円/セット)。

お店情報「かすみキッチン」

上記でご紹介した生シラウオ丼は、かすみがうら市交流センター内にある「かすみキッチン」で頂くことができます。同じ建物内にはレンタサイクル貸出スペースや、地域の特産品を販売しているマルシェもあります。

「かすみキッチン」は二階にあり、席の目の前には霞ケ浦が広がっており、贅沢なビュースポットとなっています。地産地消×ヘルシーをコンセプトにしており、新鮮素材にこだわっています。

店内は天井が高く広々としており、デートや家族連れの休日のお出かけ先としても活躍しそうな雰囲気です。2016年に廃校になってしまった小学校の備品も活用しており、店内の机などは図工室を思わせます。

  • 写真:菊地早秋広い店内
  • 写真:菊地早秋テーブルには廃校の図工室机を使用

シラウオ料理の他にもパスタ、ピザ、ご飯ものなど幅広くメニューが揃っています。一部をご紹介します。

「地野菜のマルゲリータ」は、トッピングで霞ケ浦名物のレンコンが丁寧に散らされており、生地はもちもちです(900円/単品、1,200円/セット)。

  • 写真:菊地早秋地野菜のマルゲリータ

「湖フグフライ」は霞ケ浦ならではの珍しいメニューです。湖フグとはナマズのことで、食感は鶏肉のミンチのようなイメージです。こちらはタルタルソースと合わせて頂きます(1,000円/単品、1,300円/セット)。

  • 写真:菊地早秋湖フグフライ
かすみキッチン
茨城 / 洋食・西洋料理
住所:茨城県かすみがうら市坂4784番地地図で見る
電話:029-896-1227
Web:http://kasumigaura.miraidukuri.jp/kitchen/

【3】行方(なめがた)バーガー

行方(なめがた)とは地名のことです。行方バーガーとは、茨城県行方市で生まれたご当地バーガーを指します。ここで注目したいのは、パティ(お肉部分)が変わり種であるということです。さて、どのようなパティがあるのでしょうか?

  • 写真:菊地早秋行方市といえば霞ケ浦大橋

ナマズバーガー

パティの一つ目はナマズです!ナマズを薄く切った刺身は、フグのようであると言われています。白身は淡白で、刺身や揚げ物など様々な調理方法があります。日本では珍しいですが、諸外国ではフィッシュバーガーとしてや、カルパッチョなどとして食されています。霞ケ浦では、そんなナマズの養殖も行われています。

  • 写真:菊地早秋「なめパックン」出没!

ナマズバーガーは通称「なめパックン」と呼ばれています(500円/1個)。パティにアメリカナマズのカマ肉(魚のえら下の胸びれがついている部分で、脂肪を含み美味とされる)、玉ねぎ、レンコンを使用しています。トッピング野菜は行方市産のわさび菜、レタス、トマト、きゅうり、玉ねぎです。

ソースにはケチャップとマヨネーズを使用しており、ジャンク感は否めませんが、パティの珍しさはイチオシです。歯ごたえはしっかりしており、鶏肉に近い印象を受けます。

  • 写真:菊地早秋断面の様子

コイバーガー

パティの二種類目はコイ(鯉)です!ナマズと同じくコイも霞ケ浦で養殖が行われています。コイバーガーは通称「こいパックン」と呼ばれ、パティには3枚におろしたものを骨切りし、タレで味付けをしたものを使用しています。トッピングの野菜は、行方市産のわさび菜、水菜、玉ねぎです(400円/1個)。

  • 写真:菊地早秋「こいパックン」出没!

甘じょっぱいタレが絡まっており、タラなどの白身魚と同じような味と食感です。ふんわりとしていて柔らかい身です。こちらもマヨネーズが添えられており、味付けはお子様が好みそうなものですが、お肉以外のタンパク源の可能性を感じさせるものがあります。

  • 写真:菊地早秋おおぶりの切り身

ナマズとコイの他には、豚とカモのパティがあります。

お店情報「道の駅たまつくり」

上記でご紹介した行方バーガーは、行方市にある「道の駅たまつくり」内のフードコートで頂くことができます。こちらは、行方市の観光物産館にもなっており、地元のお野菜やお惣菜などが手に入ります。霞ケ浦の景色をよく見ることができる立地でサイクリング利用客も多いです。

  • 写真:菊地早秋道の駅たまつくりの様子
  • 写真:菊地早秋外観

ナマズのフィレや照り焼きなど、加工食品にも注目です。

  • 写真:菊地早秋なまずフィレ
  • 写真:菊地早秋なまず照り焼き

コイのお刺身やうま煮なども揃っており、霞ケ浦の名物をよく知ることができます。

  • 写真:菊地早秋コイのお刺身
  • 写真:菊地早秋コイのうま煮
道の駅たまつくり
茨城 / 道の駅・サービスエリア
住所:茨城県行方市玉造甲1963-5地図で見る
電話:0299-36-2781
Web:http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/Michi-no-E...

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城のパッケージツアーを探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

新しい世界に溶け込んで
こんにちは。ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。旅が大好きでこれまで訪れた場所は、国内37都道府県、海外は東南アジアを中心に12か国です。取材は必ず自らの足で趣き、目で見て感じて、耳で聞いたことを大切に、記事に盛り込むようにしています。読者の方に少しでもへえ~と思ってもらえるような、また、紹介される地域やお店の方々のパッションをできるだけ汲んだ記事をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・名水/湧水/ネイチャースポット
・郷土料理/食文化/一次産業/地元で頑張る飲食店

【得意な学問領域】
・環境社会学(大学4年間とその後も模索中。自然環境と人類の共存的なおはなし。)
・栄養学(民間資格保持。美味しいもの大好き。)

【tripnote以外でのライティング】
・足立区発ローカルフリーペーパー「銭湯といえば足立」連載ライター
・instagram「#さきが届けるセンスオブワンダー」のハッシュタグのもとエッセイを更新

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...


築地市場と肩を並べる!「足立市場」ってどんな場所?

東京都内には、東京都が設置した11か所の中央卸売市場が存在します。ニュースなどでよく耳にする築地市場はその一つで、全国から様々なお魚が集まってくる、大きな市場で...

【東京】こうすればトトロに会える!「白髭のシュークリーム工房」見どころ4選&知っておきたい事前情報まとめ

「トトロのシュークリーム」を食べられる世界でたった一つの工房をご紹介します。工房とカフェの現地レビューを中心に、売切れ前に確実にシュークリームと会う方法や、イー...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!焼き芋「かいつか」本店の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?