アイスランド
アイスランド観光
火と氷の国で雄大な自然を満喫したい

アイスランド:首都レイキャビク発、定番を巡る日帰りモデルコース!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2019年7月10日更新

260view

お気に入り

写真:aka-region

地球の息吹を感じる広大な大地が広がるアイスランド。点在した見所を効率よく回る日帰りツアーがオススメです!今回は、アイスランドに来たら外せない定番の氷河湖や間欠泉、滝などアイスランドの自然の秘宝を巡るツアーをご紹介します。

この記事の目次表示

アイスランドのおすすめツアー
【ANAマイルが貯まる!】**。レイキャビーク&パリ。**  ANAで行くおしゃれな2ヶ国周遊!! 【空港-市内送迎バスチケット付き】 ホテルは市内スタンダードクラスにご宿泊 7日間
161,800円~470,800円
【同日着/乗り継ぎラクラクSAS】◇日本語オーディオガイド付き!地球の鼓動を感じるゴールデン・サークル観光◇迫力満点!アイスランドの大自然を見に行こう*レイキャビック5日間 〈空港⇔市内のバスチケット付〉
164,800円~260,800円
【同日着/乗り継ぎラクラクSAS】◇日本語オーディオガイド付き!地球の鼓動を感じるゴールデン・サークル観光&神秘の光オーロラハント◇*レイキャビック6日間 〈空港⇔市内のバスチケット付〉
170,800円~263,800円

現地ツアーでリーズナブルに効率よく巡る!

アイスランドは、火山質の大地に壮大な景色が広がる今注目の国です。ごつごつとした大地の向こうには、火山の煙が出ており、氷河や巨大な滝など自然そのままの雄大さに思わず息をのんでしまうような、見たことのない風景がそこら中に広がっています。

  • 写真:aka-region道中、バスの車窓からの眺め

ただ、国土も広く見所も点在しているので自力で回るにはちょっと大変。また、物価も高いので、レンタカーや宿泊代など国内を移動するだけで出費がかさんでしまいます。

そこで、アイスランドに来たら、その道の地元のプロに見所を凝縮して案内してもらうのが安くて効率もよく、最も手っ取り早い方法でしょう。筆者は普段、予定ががちがちに組まれたツアー旅行は苦手としていますが、アイスランドの現地ツアーは、日帰りでも気軽に参加できるのに加え、ほどよく自由時間も組まれながら定番スポットをまわれるので、とても便利でした。以下で筆者がツアーで訪れた場所をご紹介しますので、1人旅や少人数での旅行に、ぜひ利用してみてください。

首都レイキャビク日帰りツアーの流れ

いざ、出発!

ネットまたは現地旅行代理店で申し込みをします。ツアー当日は、レイキャビク市内に設けられているいくつかのピックアップポイントに指定の時間(8時〜8時半)に行くと、バスでピックアップしてもらえます。

午前:圧倒的スケールの滝や間欠泉を楽しもう!

間欠泉・ゲイシール(Geysir)

間欠泉とは、一定の周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉で、ゴールデンサークルの一つとして数えられるアイスランド・ゲイシール(Geysir)の間欠泉は、英語で間欠泉を意味する「geyser」の語源ともなりました。

地面から湧く熱い温泉水が一気に地上高くに吹き上がる、ダイナミックな光景はぜひアイスランドに来たら見ておきたいもの。1日に数回、60m級の大きな間欠泉を見ることができるほか、もう少し小規模のものであれば5分〜10分間隔で見ることができます。

  • 写真:aka-regionGeysirの水たまり

近くの水たまりに溜まった乳白色の水も、自然環境が織りなす美しい色合いとなっています。ぜひ見つけてみてください。

グレイト・ゲイシール
アイスランド / 自然・景勝地
住所:Geysir,Iceland地図で見る

壮大な「金の滝」グトルフォス(Gullfoss)

  • 写真:aka-region壮大なグトルフォス

ゲイシール、シンクヴェトリル国立公園と共にアイスランドの「ゴールデンサークル」として有名で、「金の滝」とも言われているグトルフォス滝(Gullfoss)

夏の水量の多い時には毎秒140立方メートルもの水量が流れる、ど迫力の滝です。少し高台に登って、この壮大な滝の全景を見ることもできますし、遊歩道を下ったところに作られたデッキから水しぶきがかかるほどの距離に立って、水から出る風圧や力強いパワーを感じ取ってみるのもよいでしょう。

グトルフォスの滝
アイスランド / 自然・景勝地
住所:Gullfoss Fall,Iceland地図で見る

滝の裏側に回ってアイスランドの広大な大地を背景に眺める滝・セリャラントスフォス(Seljalandsfoss Waterfall)

首都レイキャビクを出発して、およそ2時間半のところにあるセリャラントスフォス(Seljalandsfoss Waterfall)は、落差60mの滝。水量の強さもさることながら、特徴的なのが滝の裏に入れることです。

まず滝に近づくには、滝の水と風圧で顔や服がずぶ濡れになるので、レインコートを羽織って滝の横にある木製の階段を登りましょう。滑りやすいので注意が必要です。

  • 写真:aka-region夕焼けの時間のセリャラントスフォス。滝の裏から夕日を眺める。

いよいよ、滝の裏に着いた時には、透明な滝の水を通してはるか遠くまで続く人工物のない草原を眺めることができます。帰りに夕日鑑賞のために再度立ち寄ってくれるツアーもあるので、その時にはまた昼間とは違ったセリャラントスフォスと滝の裏側から見る夕日を堪能してみてくださいね。

  • 写真:aka-regionアイスランドには大小様々な滝が点在する
セリャラントスフォス
アイスランド / 自然・景勝地
住所:セリャラントスフォス地図で見る

次のページを読む

アイスランドの旅行予約はこちら

アイスランドのパッケージツアーを探す

アイスランドのホテルを探す

アイスランドの航空券を探す

アイスランドの現地アクティビティを探す

アイスランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


オーロラを見るならアイスランドが超おすすめな理由と鑑賞のコツ!

自然が織りなす感動的な光のショー、オーロラ。一生に一度は自分の目で見てみたいですよね。オーロラは、北極・南極の周りに広がるオーロラ帯と呼ばれるエリアで見ることが...


アイスランドで露天風呂!超人気スポット、ブルーラグーン徹底解説!

アイスランドで1、2を争う超人気スポットといえば、世界最大の露天風呂とも言われるブルーラグーンです。ミネラルを豊富に含む乳白色の海水は名前の通り、うっとりするよ...

アイスランドならではの絶景「ヨークルスアゥルロゥン」を見逃すな!

自然の宝庫といわれるほど、美しく壮大な自然を誇るアイスランド。そんなアイスランドを訪れたのなら、絶対に外せないのが「ヨークルスアゥルロゥン」の絶景です!とはいえ...

【アイスランド】大自然だけじゃない!意外と知られていないレイキャビクのおしゃれスポット

火山・氷河などの大自然で知られるアイスランドですが、首都のレイキャビクにはおしゃれで思わずSNSにあげたくなるスポットがたくさんあります。レイキャビクに拠点を置...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...

【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?