アイスランド
アイスランド
火と氷の国で雄大な自然を満喫したい

アイスランドドライブ!レンタカーで地球の息吹を感じに行こう!

2018年6月15日更新

139view

お気に入り

大自然の宝庫であるアイスランドは、唯一の国際空港のあるケプラヴィークからわりと近い範囲に、目の覚めるような大迫力の自然が点在しています。今回は、レンタカーを借りて周れるアイスランドの見どころをご紹介します。

この記事の目次表示

魅力的な自然の宝庫アイスランド

アイスランドは大西洋上に浮かぶ島国です。同じ島国である日本のおよそ1/4の面積に、日本の1/380の人口334万人の住む小国ですが、国民一人当たりの名目GDPは、日本より多く世界7位(2018/4時点の2017年総計)と、経済力のある国です。

経済だけでなく、自然の宝庫としても知られるアイスランドは、島全体が観光地なのかと思わせるほど見どころが多く、それぞれがダイナミック、かつ美しく、しばし寒さを忘れて見入ってしまうほど!また、海の幸はもちろんのこと、寒い国のわりには食材も豊富で、新鮮な食材を使った料理は絶品です!

ケプラヴィーク国際空港でレンタカー

世界各国からのアイスランドの空の玄関口は、ケプラヴィークという首都レイキャビークから車で40分ほどの空港です。空港の到着ロビー付近にレンタカーのブースがありますので、そちらで車を借ります。

空港自体が夜早く閉まってしまい、空港を出ると周辺には何もないため、事前に予約されて行かれることをオススメします。

それでは、アイスランド南部へドライブに出かけましょう!

ケプラヴィーク国際空港
アイスランド / 駅・空港・ターミナル
住所:235 Keflavikurflugvollur, Iceland
Web:https://www.kefairport.is/

シンクヴェトリル国立公園(世界遺産)

アイスランドには多くの国立公園がありますが、唯一ユネスコ世界遺産に登録されているのが、ここ、シンクヴェトリル国立公園です。

ケプラヴィークから車で走ること1時間あまり。ハワイ島ほどの大きな丸い形をした公園で、ゴールデンサークルとも呼ばれています。

グトルフォス

アイスランドでフォスとは「滝」という意味です。ここでは「グトル滝」という意味となります。

この辺りはユーラシアプレートと北米プレートの境があり、「ギャオ」と呼ばれる大地の裂け目も見られます。このグトルフォスはラングヨークトル氷河を水源に持ち、溶けた氷河がまさにこの大地の裂け目に激しく流れ込み、落ちていく様子を見ることができます。

水量が物凄いため、轟音が辺りに鳴り響いていますが、筆者が訪れた初夏の時期はまだ極寒で、轟音と寒さで頭がキーンとしてきます。

グトルフォスの滝
アイスランド / 自然・景勝地
住所:Gullfoss Fall,Iceland

ストロックル・ゲイシール

ゲイシールとは間欠泉のことです。シングヴェトリル国立公園へ来たら、ここも外せない見どころの一つです。

グトルフォスから車で10分ほど東へ行ったところにある平原には、地下から噴出する大迫力の間欠泉があります。遠くから観ると、白いタワーが立ち上るのが見えます。

近づいていくと、観光客が円陣を組んで待ち構えています。

目の前で観る間欠泉は大迫力!

まだか、まだかと待ち構えているのも楽しいですよ。

5~10分に一度は噴出しますので、お見逃しなく!

グレイト・ゲイシール
アイスランド / 自然・景勝地
住所:Geysir,Iceland

セリャラントスフォス

ゲイシールを後にし、1号線に沿って1時間ほど南下していくと見えてくるのがセリャラントスフォス。

アイスランドにはあらゆる種類の滝が点在しています。あちこちで個性豊かな滝を観ることができるため、こちらは一見、特に取り柄もないように思われますが、セリャラントスフォスの特長は滝の裏へ回れること!

水量が多いのと広範囲に落ちるのとで水しぶきが非常に多く、裏へ回るとびしょ濡れ必至です。

しかし、滝の裏から眺める太陽は本当に美しく、何か清々しい気分にさせてくれますよ!

シングヴェトリル国立公園は広大で、他にもまだまだ見どころはあります。ちょっとした平原の風景なども美しいので、是非、オリジナルな風景を探しに出かけてみてください。

セリャラントスフォス
アイスランド / 自然・景勝地
住所:セリャラントスフォス
シンクヴェトリル国立公園
アイスランド / 公園・動植物園
住所:Pingvellir National Park,Iceland
Web:http://www.thingvellir.is/english.aspx

ブルーラグーン スパ

セリャラントスフォスから山や海沿いを西へ走ること2時間。世界最大の温泉ブルーラグーンスパで、運転の疲れを癒しましょう。

石灰岩を含むこちらの温泉は青白く、お湯の温度もぬるめですので、いつまでも入っていたくなるリラクシング効果の高い温泉です。

こちらは、混雑すると入場制限されますので、事前に予約されていった方が無難です。

本格的なSPA施設や宿泊施設も併設されておりますので、ゆっくり過ごすこともできる一大エンターテイメントと言える施設です。

Blue Lagoonの予約サイトはこちらです。
ブルーラグーン
アイスランド / 温泉
住所:Nordurljosavegur 9, 240 Grindavík,Iceland
電話:420-8800
Web:http://www.bluelagoon.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年4月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

アイスランドに来たら絶対はずせない!おすすめアクティビティー5選

「火と氷の国」と呼ばれるアイスランドは、溶岩の大地や、美しい滝、ヨーロッパ最大の氷河など、珍しい自然に囲まれた魅力たっぷりの国です。季節によってもおすすめの楽し...

【アイスランド】レイキャビク郊外を1dayサイクリング!

アイスランドの首都レイキャビクを観光するなら、レンタサイクルを借りて、ダウンタウンエリアからレイキャビク郊外へのんびりサイクリングに出かけるのはいかがですか?フ...

オーロラを見るならアイスランドが超おすすめな理由と鑑賞のコツ!

自然が織りなす感動的な光のショー、オーロラ。一生に一度は自分の目で見てみたいですよね。オーロラは、北極・南極の周りに広がるオーロラ帯と呼ばれるエリアで見ることが...

アイスランドならではの絶景「ヨークルスアゥルロゥン」を見逃すな!

自然の宝庫といわれるほど、美しく壮大な自然を誇るアイスランド。そんなアイスランドを訪れたのなら、絶対に外せないのが「ヨークルスアゥルロゥン」の絶景です!とはいえ...

アイスランドで露天風呂!超人気スポット、ブルーラグーン徹底解説!

アイスランドで1、2を争う超人気スポットといえば、世界最大の露天風呂とも言われるブルーラグーンです。ミネラルを豊富に含む乳白色の海水は名前の通り、うっとりするよ...



この記事を書いたトラベルライター

Curious Jetsetter
これまで訪ねた130ヵ国およそ300都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景を皆様とシェアし、ご自身もそこへ行ったかのように感じてもらえると嬉しいです。

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

原野に現れた壮大な未来都市!想像を遥かに超えたカザフスタンの首都アスタナ

中央アジアを東西に大きくまたがるカザフスタンがロシアから独立したのはたった25年前(西暦1991年)のこと。その後、アルマトイから遷都され首都となったアスタナは...

メキシカンドライブ!~レンタカーで気ままに行こう!遺跡とタコスとカンクンビーチ~

メキシコのユカタン半島に点在するマヤ文明の遺跡は、大小合わせて4,400ヵ所以上にも上るそうです。未だに謎に包まれている遺跡の多くは、遠い過去の繁栄と衰退を感じ...

石を投げればカフェに当たる ~ルーマニアの首都ブカレストでお洒落カフェを散策しよう~

ブカレストの街を歩いていると、とにかく目に付く洗練されたカフェの数々。老舗から新店まで、趣向を凝らしたお洒落なカフェは、フロントデザインやインテリアを観ながら散...

沖縄の離島でミクロの世界を垣間見る ~ナガンヌ島に泊まろう!~

今回紹介するナガンヌ島は、沖縄本島からクルーザーでわずか20分。慶良間諸島の入り口、チービシ環礁にある離島で、定住者はいませんが、宿泊施設やレストランがあり、気...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?