イラン
イラン観光
宮殿や古代遺跡、美しい装飾のモスクが点在

【イラン】古代オリエント人のレリーフは必見!ペルシア帝国時代の遺跡「ペルセポリス」

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2021年5月17日更新

9,125view

お気に入り

この記事の目次表示

⑬サガルティア

サガルティアは、現イランのヤズド辺りに存在した砂漠の王国です。先頭の人はラウンド帽、次の人はクーフィーヤを巻いて口元まで隠し、三番目の人はつばのない、耳当て部分を後ろに流した帽子を被っています。

東階段のレリーフの中で、一国の朝貢者の被り物が統一されていないのはサガルティアンのみです。個性豊かで自由主義であることの表れなのでしょうか。若しくは、朝貢者を選抜したのではなく、暇な人を適当に集めただけかも知れません。

  • 写真:toshelサガルティア

使者は服を手にしています。また、写真にはありませんが牡牛も献上しています。

⑭バビロニア

バビロニアは、現在のイラク南部にあった王国です。旧約聖書にも出てくるバビロニアは、紀元前4000年には既に農耕が盛んとなっていたほか、法律、文学、宗教、芸術、天文学などが発達し、ペルシア帝国に敗れるまで古代オリエント文明の中心地でした。使者は、タッセル(房飾り)の着いた円錐形の帽子を被り、くるぶしまであるインナーの上にドレープのかかった半袖のローブを羽織っています。

  • 写真:toshelバビロニア

献上品は、浅いボウルを持つ人と、端が美しくデザインされたブランケットのような織物。こぶのある牛も献上品となったようです。

  • 写真:toshelバビロニア

バビロニアは、ペルシア帝国にその座を奪われこそしましたが非常に裕福で、ペルシア帝国軍の1/3の費用を賄っていたそうです。

⑮エラム

エラムは、イラン高原の山脈沿い西にある地域で、アケメネス朝時代には行政の首都となるスサを中心に住んだ人々です。歴史は古く、紀元前2000年にはエラム文字と呼ばれる楔形文字を使って記録を残しています。しかし、現代に至ってもすべての解読には至っておらず、何が書かれているのか未だに謎の部分も多くあるようです。

  • 写真:toshel

エラム人は、頭部にダイアデム(冠の一種)と呼ばれる装飾されたヘッドバンドを着けています。そして、現代では主に女性の着るカフタンドレスを身に着け、その上に腕裾部分がかなり広いマントを羽織っています。編み上げのハーフブーツも特徴的ですね。献上品は、弓と装飾の着いた短剣。短剣の持ち方が痛そうです。

  • 写真:toshelエラム

そして、自ら進む大きなライオンと、子ライオンを胸の前で抱っこする使者の姿があります。子ライオンの目が可愛いですね。親ライオンは、子ライオンを心配しているのか、振り向いて様子を確認しているように見えます。

ライオンは、いつの世界でも権力の象徴でした。現代ではアフリカが主な生息地ですが、ペルシア帝国時代(紀元前)には、インドからギリシャまで広く分布していました。二つの弓と短剣も献上されています。

  • 写真:toshelエラム

⑯アラビア

アラビアの献上品は、現代のアラブでもお馴染みのヒトコブラクダです。写真ではちょうど切れしまっていますが、タッセルの着いたドロメダリー(水を運ぶ袋)も献上されています。アラブらしいですね。連れて歩く使者は、片方の肩を出したドレープを身にまとっています。当時からとても暑かった様子が伺えます。暑い地域からの使者はほとんど帽子やクーフィーヤをしていませんが、これはペルシア人にとっては非常に珍しいファッションだったそうです。

  • 写真:toshelサウジ

⑰トラキア

トラキアは現在のブルガリア周辺にあった地域です。当時、現地で広く浸透していたとされるフエルトで作られたトラキア帽をかぶり、長袖のインナーの上に片袖のないチトン(ドレープがかった民族服)に身を包んでいます。

  • 写真:toshelトラキア

トラキアからの献上品は、二組のランスとラウンドシールド(円形の盾)です。

⑱イオニア

イオニアは、現在のトルコ南西部イズミル近くにあった地域です。レリーフは、イスラムワッチのようなものを被り、胴体部分は縦縞、腕の部分は横縞のインナーの上に片方の肩を出すローブを羽織っています。このあたりの上流階級はシルクを好んだことから、ロングの内服と外服に分かれたこのドレープある光沢の服には、シルク素材が使われていたのではないかと想像します。他国のレリーフと違い何故か耳が強調されています。耳に特長があったのでしょうか。

  • 写真:toshelイオニア

献上品は、浅型のリブ付きカップと、丁寧に畳まれたシルクと思われる織物生地。その後ろの二人が持っている横波型の丸いものは、毛糸玉かシルク玉なのではないかと思われます。

⑲リディア

リディアは、現在のトルコの西半分を支配していた大国です。被っているとんがりコーンのような円錐形の帽子が特徴的です。帽子から耳の後ろに垂れている紐を見ると、日本の烏帽子にも見えます。リディア人も耳が強調されています。当時のトルコ人は耳が大きかったのでしょうか?このレリーフを作成したペルシア人には印象的だったのかもしれないですね。

デザイナー「ISSEY MIYAKE」のファッションブランド「PLEATS PLEASE」のような、とにかく細かいプリーツの肘丈ロングインナーを着け、その上に片方の肩出しローブを羽織っています。足元には、つま先の尖ったハーフブーツを履いています。日本のビジネスマンもこのように尖った革靴を履いている人がいますよね。

  • 写真:toshelリディア

献上品を携える一番目の使者は、グリフィンのついた小ぶりのアンフォラを両手に持っています。トルコワインが入っているのでしょうか?縦縞のデザインが素敵です。二番目の使者は平型の盃、三番目の使者はグリフィンの模られた金属リングを持っています。その後ろには馬二頭と戦車が続きます。

  • 写真:toshelリディア

⑳カリア

カリアは、現在のトルコ南西部にあった地域です。カリア人は、長袖膝丈のインナーの上に片方の肩出しローブをはおり、長ズボンを履いています。

  • 写真:toshelカリアン

特徴のある立派な角を持った牡牛を献上しています。表情が他の動物より荒々しく勇ましく描かれており、農耕目的ではなくライオンとの闘牛鑑賞などの目的として使われたのではないでしょうか。

㉑リビア

リビアは、現在の北アフリカにあるリビアと同じ場所にありました。リビア人は髪型に特徴があります。前髪がピョンと前に跳ねているうえ、頭部はストレートで毛先は巻き髪の、イマドキでいう「ゆるふわ」な感じです。羽織っている足元まである長いローブには、端のすべてに鋭角な襞(ひだ)がついており高級感を漂わせています。また、手には肘まであるグローブを着けているようです。

  • 写真:toshelリビア

そして、スパイラルした角が軽くウェーブしているクーズー(カモシカ)を献上品としたようです。この見事な角を持つ動物は、現代でもアフリカ大陸の北東部にしか生息しておらず、ユーラシア大陸では目にすることがなかったはずですので、これを見たペルシア帝国の歴代王は喜んだのではないでしょうか。また、馬二頭と車輪のついた荷馬車も献上されているようです。

  • 写真:toshelリビア

㉒アレクサンドリア(エジプト)

エジプトは各国のレリーフの中でも損傷が激しく、上部半分が剥がれ落ちてしまっており、残念ながらお顔や手に持った献上物を確認することができません。場所はスキタイの上側です。

  • 写真:toshelエジプト

下半分だけ見ると、足のくるぶしまでくるロングの召し物を着けられていたようです。最後尾にいる動物の足は、前後足の長さから筆者はライオンではないかと思いますが、皆様はいかがでしょうか。一大文明を築いた大国ですので、きっと素晴らしい献上品を納めたのではないかと思われますが、エジプト人の表情や服装、朝貢品はどのような物だったかを知ることができないのは残念です。

㉓エチオピア

エチオピアンは、見た目の特長がうまく表現されています。髪型は強いくせ毛の短髪で、髭は生やしていません。片側の肩を出した腰丈のマントを羽織り、インナーにはくるぶし丈のロング巻きスカートを着けています。足の指が描かれており、サンダルを履いている様子が伺えます。先頭で案内するメディア人と比べ、極端に背が低いことも特徴の一つと言えるでしょう。

  • 写真:toshelヌビアン(エチオピン)

献上品である盃は他の国のものと違って蓋があり、使者は右手でそれを押さえています。何か零れてしまうようなものが入っていたのでしょうか。そして次の使者は、長い象牙を片方の手で肩に担ぎ、もう一方の手でオカピを引いています。いかにもアフリカらしいです。

各国朝貢使のご紹介は以上です。少し長くなりましたが、いかがでしたでしょうか。

ペルセポリスは、世界中に数多くある遺跡のなかでは珍しく、他の古代国の人々を如実に写したレリーフを見ることのできる世界で唯一の遺跡です。また、知ろうとすればするほどに紀元前世界の想像力は広がり、「遺跡は語る」を感じられる素晴らしい古代帝国遺跡です。

  • 写真:toshel弓矢を持って謁見の間へ向かうペルシア人

最後まで書いてみて、改めての筆者の発見は、ほとんどの古代国の名称母音が「a」で終わっていること。さらに、古来の男性の装いは、現代では主に女性の身に着ける服装や装飾であることです。

そして、これら各国朝貢使の特長を的確に捉え、彫って遺したかった古代人の強い好奇心と、現代を生きる自分とに重なる部分があり、2500年もの時は違えど人間的な感情の共通点に親近感を覚えました。

尚、各国のレリーフは『地球の歩き方』に掲載されているものと若干の違いがあります。

  • 写真:toshel槍を手にどこかへ向かうメディア人

ペルセポリスの入場料は200,000イラン・リヤル≒500円です。

ペルセポリスへの行き方

日本からイランへ

ペルセポリスは、イラン南部の大都市シーラーズから60Kmほど離れた場所にあります。日本からイランまで飛行機の直行便はありませんが、周辺各国からシーラーズ国際空港へのダイレクトフライトがありますので、日本からの直行がある中東主要国やトルコのイスタンブールを経由しシーラーズにて入国することができます。

イランからシーラーズ、そしてペルセポリスへ

個人で行く場合、シーラーズ市内からミニバスで「Marvdasht」へ行き(日本円でおよそ30円)、そこで常時待機しているタクシーに乗り換えます。ペルセポリスの入り口まで200~300円を目安に交渉すると良いでしょう。シーラーズからペルセポリスへダイレクトに行く場合は、タクシー往復上限およそ5,000円で交渉すると良いです。シーラーズ市内からペルセポリスまで1時間ほどです。

  • 写真:toshelバス
ペルセポリス
イラン / 遺跡・史跡
住所:persepolis, iran地図で見る

イランの旅行予約はこちら

イランのパッケージツアーを探す

イランの航空券を探す

イランの現地アクティビティを探す

イランのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


おすすめ!歴史と芸術の国イランでしたい6つのこと

イランといえば、「怖い」?でも、実際に訪れればそのギャップに驚くはず。歴史豊かな史跡、美しいモスクや異国情緒漂うバザールに雑貨など、旅の魅力がいっぱいです。知れ...


「世界の半分」イラン・イスファハーンで絢爛たるペルシア文化を味わおう!

ペルシア帝国としてオリエント世界に覇を唱え、現在も中東の雄として存在感を示しているイラン。そんなイランの中でも歴史的に重要かつ美しい建築物が残り、「世界の半分」...

一度は見てみたい!世界の美しいステンドグラス3選

主に教会で見られるステンドグラス。光が当たったステンドグラスの光景はとても幻想的ですね。世界にはいろんなステンドグラスがありますが、一度は見てみたい美しいステン...

地上の小宇宙 ~イランのイスラムモスクを見上げ様々な宇宙を感じる~

「石を投げればモスクに当たる」と思われるほど、イランの街には大小様々なイスラム建築が多く点在しています。それぞれが非常に個性的で、そのドームや壁に施された装飾を...

1位はととろのバス停!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2019年8月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2019年8月の1位はトリップノートトラベラーkenk...

この記事を書いたトラベルライター

モスク好き
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。

車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります