アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

【アイルランド】世界遺産、絶景、伝統文化が生きる島々・アラン諸島の島巡り

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2019年3月7日更新

219view

お気に入り

写真:aka-region

アイルランド共和国の西部に位置する「アラン諸島」は、ゴールウェイ州に属し、主に3島で構成されています。今回は、ガイドブックに必ず登場し、世界遺産を擁するイニシュモア島はもちろん、アラン諸島の主な3島の魅力をご紹介します。

この記事の目次表示

アイルランドのおすすめツアー
━♪壮大な自然とケルト文化の国アイルランドへ♪━市内中心部で観光地に近い!スタイリッシュな4つ星ホテルにご宿泊!伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】7日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
95,800円~215,800円
【成田発/ブリティッシュエアウェイズ利用】━♪壮大な自然とケルト文化の国アイルランドへ♪━1000年以上の歴史を誇る伝統ある街並み散策やアイリッシュパブ&バーめぐりが楽しい【ダブリン】5日間 
139,800円~277,800円
―*スコットランド×アイルランドをめぐる!*―市内中心部&駅チカのモダンな4&3つ星ホテルにご宿泊!荘厳な街並みがフォトジェニックな古都【エジンバラ】×伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】周遊7日間【成田発/KLMオランダ航空利用】
173,800円~287,800円

アラン諸島とは?

アイルランド西部の街・ゴールウェイと、アイルランドの人気観光スポットの「モハーの断崖」に程近いクレア州ドゥーリンの街の沖合いに、アラン諸島があります。古代アイルランドからあると知られている古墳等のスポットが点在しているほか、昔ながらの茅葺き屋根の家々が連なっており、アイルランドの本島とはまた変わった雰囲気を味わうことができます。

ゴールウェイおよびドゥーリンからフェリーで30分~1時間以内で行ける距離にあるので、本島からの日帰りトリップにもちょうどよい観光スポットです。実際に、年間30万人近くの人たちが訪れるなど、多くの観光客を惹きつけています。

  • 写真:aka-region典型的なアラン諸島の風景(イニシア島)

アラン諸島を構成するのは主に3島で、西から

  • イニシュモア島(Inishmore)
  • イニシュマーン島(Inishmaan)
  • イニシィア島(Inisheer)

です。

いずれの島も、上陸したら島探索をしてみましょう。もちろん徒歩でまわることもできますが、おすすめは潮風を感じながらのレンタサイクルです。この他に島の観光バス、観光馬車などでも散策を楽しむことができます。

アラン諸島に最初に上陸した人々は、大西洋から吹き荒れる強い潮風や雨に土地が飛ばされないように、礎となる岩の上に海藻を敷き、その上にさらに石を積み上げて土地を固定しました。

家畜の飼育や土地の持ち主の境界として置かれた石壁は、区画のようにも見えます。アラン諸島には独自の石積みパターンがあるほど、この石壁についても独特の技法が使用されています。今回は、そんな歴史あるアラン諸島の島々について、各島別にその見所スポットと魅力をご紹介します。

  • 写真:aka-regionアラン諸島には、伝統的な茅葺き屋根の家が多くある

アラン諸島唯一の世界遺産!絶壁のドン・エンガスを擁するイニシュモア島(Inishmore)

イニシュモア島(Inishmore)はアラン諸島最大の島(全長13km、幅3km)で、ユネスコの世界自然遺産にも登録されているドン・エンガス(Dun Aonghasa)があります。

  • 出典:www.flickr.com世界遺産のDun Aengus(Photo by Mark Devine)

船旅を経て島のフェリー発着場に着くと、早速パブやレンタサイクル屋、オープンテラスのあるカフェなどが出迎えくれます。そこからほどなくして、緑の大地にグレーの石が積まれていくつもの囲いがある牧歌的な風景に出会えるでしょう。

フェリー発着場から約7km北上すると、世界遺産「ドン・エンガス」の入り口に到達します。ドン・エンガスは、約3000年前に起源をもつ古代遺跡です。強固な石壁が海に向かって半円状に形成されており、時が止まったかのようなとても神秘な雰囲気に包まれています。なお、ドン・エンガスは絶壁の上に位置しています。不用意に端に寄らないようご注意ください。

また、ドン・エンガスは軍事要塞としてだけでなく、政治や経済、宗教のかつての中心地だったとされています。そんな古代のアイルランドにいた人々の息吹が聞こえてきそうな特別な場所です。

  • 写真:aka-regionアラン諸島のイニシュモア島は自転車での移動がおすすめ
ドン・エンガス
アイルランド / 自然・景勝地
住所:アイルランド ゴールウェー キルマビー地図で見る
イニシュモア島
アイルランド / その他スポット
住所:イニシュモア ゴールウェー アイルランド地図で見る

作家シングが過ごした、ひっそりと佇むイニシュマーン島(Inishmaan)

アラン諸島3つの島々の真ん中に位置するのがイニシュマーン島(Inishmaan)です。イニシュモア島のように世界遺産を擁すなど目立った見どころがあるわけでもありませんが、なみなみと受け継がれる島の暮らしを垣間見て徒歩で一周するのも面白いでしょう。

  • 出典:www.flickr.comInishmaanのケルト十字のお墓(Photo by Chris Brooks)

この島には、アイルランドの歴史上で重要な役割を果たした要塞がいくつかあります。また、アイルランドの有名な劇作家のジョン・ミリントン・シングが住み、アラン諸島にまつわる様々な書物を残した場所でもあります。島内に残されているシングの旧家は観光地となり、誰でも訪れることができるようになっています。

  • 出典:www.flickr.comイニシュマーン島の美しい藁葺き屋根の家(Photo by Chris Brooks)
ジョン・ミリントン・シングの旧家
アイルランド / 建造物
住所:John Millington Synge House, Inishmaan, Aran Islands, Ireland地図で見る

イニシュマーン島も含み、アラン諸島には古くからニット編みの伝統があります。漁師の夫を支えるために、各家庭で妻が様々な願いをニットに込めて編んでいたそうです。願いの内容によって編み方が違うため、様々な編み込みのバリエーションが生まれました。イニシュマーン島にも、昔から続く伝統的なニット編みの手法が受け継がれています。

  • 写真:aka-regionアラン諸島発祥のアラン織ニットウェアショップは島内に点在している
  • 写真:aka-region織り方によってそこに込められたメッセージも異なる
イニシュマーン島
アイルランド / その他スポット
住所:Inishmaan ゴールウェー アイルランド地図で見る

伝統音楽と暮らす、風光明媚なイニシィア島(Inisheer)

イニシィア島(Inisheer)は、3島あるアラン諸島の中でも最小です。人口わずか200人程度、島にはスーパー2軒、空港1か所、パブ3軒程度のこぢんまりとした島です。

  • 写真:aka-regionいよいよ美しい小島のイニシアへ上陸する

小さい島だからこそ、徒歩や自転車で散策するのにほどよい島で、コンパクトに島旅を楽しむことができます。真っ白な砂が美しい砂浜や、島全体を見渡すことのできるオブライアン城、岸壁に打ち上げられた廃船や7人の娘たちの教会といった廃墟の教会など、小さいながらも多くの観光客を惹きつけるスポットが多くあります。

  • 写真:aka-regionイニシア島に到着したら、丘の上のオブライアン城を目指そう。
オブライアン城
アイルランド / 建造物
住所:アイルランド ゴールウェー Inisheer地図で見る
7人の娘たちの教会
アイルランド / 社寺・教会
住所:Church Of The Seven Daughters, Inis Oirr, Aran Islands, Ireland地図で見る

島内にあるアラン文化センターに行けば島内の女性たちが作成したクラフト(手工芸品)を購入することができたり、葦で作った籠やアイルランドの伝統的な飾り「セント・ブリジット・クロス」などの伝統文化にも触れることもできます。

大西洋で獲れた海鮮をシンプルな調理法で提供するレストランや、パブでの食事も楽しめるスポットが点在しています。島内には、朝食付きの宿舎B&Bも何軒かあり、ゆったりと週末やバカンスを楽しむアイルランド人にも定評があります。

またアイルランドに来たからには、パブでのセッションにも耳を傾けたいものです。全国大会入賞経験のある地元の名手が素敵な演奏を披露してくれることでしょう。

  • 写真:aka-region島内のパブで聴く伝統音楽セッションは旅のハイライトに。
アラン文化センター
アイルランド / その他スポット
住所:Aras Eanna Arts Centre地図で見る
イニシィア島
アイルランド / その他スポット
住所:イニッシアー ゴールウェー アイルランド地図で見る

まとめ

いかがでしたか?島国アイルランドにあるアラン諸島3島をご紹介しました。

  • 写真:aka-region海の美しいアラン諸島(イニシュモア島)

3つの島の人口はわずか200〜300人程度ですが、それでも生活に必要な物資はしっかり揃っていますし、何よりも美しい自然と隣り合わせなのが魅力的な島々です。

島歩きをし、アラン諸島独特の風景を眺め、地元の人たちと話し、時にパブで生の伝統音楽の演奏を聴いていると、この島の暮らしがどんなに豊かなものであるかを感じることができるでしょう。

  • 写真:aka-regionアラン諸島の独特な石壁(イニシュモア島)

アイルランド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばアイルランドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でアイルランドのすべてのツアーをみる>>

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...


『スター・ウォーズ』最新作他あの有名映画の隠れロケ地を巡る、アイルランド周遊スポット5選!

アイルランドがロケ地となった映画やドラマ...あなたはいくつご存知でしょうか?2017年12月公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、アメリカの人気ドラ...

アイルランドで訪れるべき王道スポット厳選10選

2017年に日本との外交関係樹立60周年となるヨーロッパ西端の島国・アイルランド共和国。音楽、デザイン、ビジネス、政治など様々な面で独自の文化を保有し、日本での...

ピラミッドより古い!?古代人類のルーツを知るアイルランドのニューグレンジ遺跡

アイルランド共和国には、ストーンヘンジにも似たミステリーサークルのある古代遺跡が各地に点在しています。中でも首都ダブリンから車で約1時間のところにあるブルー・ナ...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...

【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?