イスラエル
イスラエル観光
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

【イスラエル】「フリースタイルラーメン」で勝負するテルアビブの人気ラーメン屋「Hiro Ramen Bar」

2018年4月9日更新

447view

お気に入り

自国の食文化がまだ明確に定義されていないという特殊事情を持つイスラエルで「フリースタイル」を豪語する人気ラーメン屋「Hiro Ramen Bar」。テルアビブ店より、その実態に迫ります。

テルアビブの人気ラーメン店「Hiro Ramen Bar」

「Hiro Ramen Bar」はイスラエルで恐らく最も知名度が高いシェフである「Israel Aharoni 」が経営するラーメン屋で、テルアビブに2店舗存在します(2018年3月時点)。

30年前に中国料理レストランをオープンさせてからキャリアを築いてきた彼はアジア料理に造詣が深く、中でも日本のラーメンに強い関心を寄せています。

そんな彼は「日本の麺料理であるスープラーメンは数多あるアジアの麺料理の中でも最も工夫&洗礼された料理」という意見を持っています。

このようなコンセプトで誕生したのが「Hiro Ramen Bar」なのです。

「フリースタイル」のラーメンが売り

「Hiro Ramen Bar」は自らを「FREE STYLE RAMEN BAR」と名乗っているので、ラーメンには使わないであろう具を使用していたり、具材の組み合わせ方が斬新だったりと日本にはない解釈のラーメンが食べられるのもポイントです。


「Hiro Ramen Bar」の様子

客席テーブル

イスラエル最大級かつ最先端のフードショッピングモール「Sarona Market」の内部にある「Hiro Ramen Bar」では、厨房を囲むようなカウンター席のみとなっています。

ここでは週末には、観光客やイスラエル人たちがこぞってラーメンをすするといった光景が見られます。

また、LGBTフレンドリーであることを示すレインボーフラッグも掲げられており、欧米スタンダードで今時なレストランといった印象です。

客席テーブルでは、このようにお盆に食器とメニューが添えられた状態でスタンバイされています。レンゲとお箸がデフォルトです。

ラー油と減塩醤油もスタンバイ。お水のコップにもがっつりロゴが入っており、ブランディングに抜け目がない印象です。

厨房

全ての作業が効率化されており、店員さんがテキパキと作業をしています。

「Hiro Ramen Bar」のメニュー

メニューは全てこの一枚にまとめられていて非常に見やすいです。ヘブライ語と英語のメニューがあります。以下はメニューの一例です。

【飲み物】

  • コーラ or 水 12シェケル/360円
  • 日本酒(白鶴)グラス1杯 22シェケル/660円
  • シンハビール ボトル(小) 24シェケル/720円

【おつまみ】

  • サラダ類(全て)19シェケル/570円
  • 蒸しパンのアジアンハンバーガー(牛)24シェケル/720円
  • 餃子(チキン)1人前 32シェケル/960円

【ラーメン】

  • コチュジャンのラーメン 54シェケル/1,620円
  • チキンラーメン 54/1,620円
  • 豆腐ラーメン 48シェケル/1,440円

「Hiro Ramen Bar」の料理

アジアンバーガーの「BEEF BUN」

欧米でよく見るアジア系バーガーといった感じで、蒸しパン(bao bun)でアジアの食材を挟んだバーガーです。あっさりした牛のしぐれ煮のようで非常に食べやすいです。

コチュジャンのラーメン「GOCHU RAMEN」

店員さんのイチオシということだったので注文しました。牛肉だと62シェケル/1,860円、鶏肉だと54シェケル/1,620円です。チンゲン菜、しいたけ、たくあん、ねぎ、のり、味玉と具沢山です。

たくあんとコチュジャンを合わせていたりと日本なら文句を言われそうですが、これぞフリースタイルの真髄ということでしょう。

スープの味は辛味を抑えた「辛ラーメン」のような感じで、日本人が特に問題なく美味しく食べられる味だと思います。

麺はまっとうなラーメンの麺でした。イスラエルではラーメンの麺がなかなか手に入らないので、これを食べるだけでも価値があると言えます。

イスラエルグルメとして楽しめるラーメン

そもそもイスラエルは建国70年で自国文化がまだ明確ではないため、厳密には「イスラエル料理」というものがありません。そのような特殊事情もあってか、食に対して柔軟な発想を持つレストランが多いです。

「Hiro Ramen Bar」のラーメンは、日本のラーメンというよりはアジアの魅力を日本のラーメンに落とし込んだ「イスラエルのグルメ」といった印象さえ受けました。

これもまたイスラエルならではの食文化だと思うので、あえておすすめしたいラーメン屋です。

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています。

ヒロ ラーメン バー
イスラエル / ラーメン
住所:Aluf Kalman Magen St 3, Tel Aviv-Yafo
電話:03-558-3505
Web:http://www.hiroramenbar.co.il/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

こんなに美味しい!イスラエルの食事情

イスラエルは1948年に建国された新しい国です。もともとこの土地に根付いていた文化と、世界中からこの国に集まった人たちが持ち寄った文化がひしめき合い、イスラエル...

【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...


【イスラエル】24H営業♪テルアビブで人気の朝食専門カフェ「ベネディクト」

24時間年中無休の朝食専門カフェとして、今やイスラエル・テルアビブを代表する人気カフェとなったベネディクト。洗練された店内の様子や、朝食だけにとどまらないバラエ...

【イスラエル】メニューが独創的!テルアビブの有名ハンバーガーチェーン「モーセ」

テルアビブやエルサレムを中心に、イスラエル国内で11店舗を展開する人気ハンバーガーチェーンのモーセ(Moses)。今回は、モーセのテルアビブ・ロスチャイルド店よ...


現代イスラエル料理が味わえるレストラン「Goldman」【テルアビブ】

イスラエル・テルアビブのヤッファエリアにある、ビーチ沿いの人気レストラン「Goldman’s Court」。地中海に面する多国籍国家としての魅力を活かした、イス...

この記事を書いたトラベルライター

イスラエル在住のゲイライター
イスラエルに住んでいるゲイのお兄さんです。お昼は英会話講師をやっています。

趣味は世界のゲイスポット巡り。アングラスポットが特に好きです。でもストレートな観光地も大好きです。恐縮です。

ゲイのことについて書いているブログはこちら→ http://pandablog.net/
イスラエルのことについて書いているブログはこちら→ http://isuraeru.net/

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...


日本語メニュー有!バルセロナを代表するピンチョスバルのチェーン店「チャペラ」

スペイン・バルセロナに3店舗、マドリードに1店舗を展開する人気ピンチョスバル「チャペラ(Txapela)」。店内の様子やおすすめメニューなど、チェーン店とは思え...

【イスラエル】死海で遊ぶなら「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ利用がおすすめ

世界一低い場所にある塩湖の死海。「死海ってどんなところ?」「死海の行き方は?」などの解説をしつつ、死海の絶景や楽しみ方を紹介します。死海沿岸の「Crowne P...


【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?