イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

★イタリア・フィレンツェ★フォトスポット7選〜ドゥオモ編〜

2017年9月4日更新

564view

お気に入り

フィレンツェのシンボルで世界遺産の一つでもあるドゥオモ(正式名称:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)。ドゥオモの内部を見学するのも良いですが、クーポラと呼ばれる赤い天蓋の外観に魅力を感じる人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そして訪れたからには、いろんな角度から撮って撮って撮りまくりたいですよね!!今回は、筆者が撮ったドゥオモやクーポラの写真と併せて、ドゥオモやクーポラを撮影するおすすめのフォトスポットをご紹介します。

ドゥオモ・クーポラのおすすめフォトスポット7選

フィレンツェのドゥオモと聞くと、映画『冷静と情熱のあいだ』を思い出す方も多いのではないでしょうか。筆者も「この映画で見た景色を見たい!」と、フィレンツェを訪れた人の一人です。映画の主題歌を歌ったEnyaさんの曲を聴きながら、撮影に出かけましょう。

【1】Campanile di Giotto(ジョットの鐘楼)

ジョットの鐘楼は、ドゥオモの東側にある塔です。塔内部には約400段の狭い階段が続いており、時々小窓から外を眺めることができます。塔の頂上に着くとすぐ目の前に、カメラにおさまらないほど大きな赤いクーポラが見えます。

広角レンズがないと全景を映すことはできません。が、ヒストリカルな雰囲気は感じ取れます。

こちらは柵の模様の隙間から撮影したもの。筆者のお気に入りの一枚です。

塔を登っている途中、柱の隙間からもクーポラを見ることができます。

■ドゥオモ共通チケット:15€(約1,950円)
※共通チケットで入場できる施設(各1回)
・クーポラ
・洗礼堂
・ジョットの鐘楼
・サンタ・レパラータ教会遺構
・ドゥオモ付属美術館
※チケットは、最初の施設に入場した時から48時間有効
※クーポラへの入場は完全予約制
※チケットの詳細及び購入はこちら
ジョットの鐘楼
イタリア / 建造物
住所:Piazza Duomo, 50122 Firenze FI

【2】Piazza del Duomo(ドゥオモ広場)

フィレンツェに来たら必ずと言っていいほど、ドゥオモ広場を訪れることだと思います。ドゥオモの周りを写真を撮りながら歩くと分かると思いますが、ドゥオモが近すぎて写真に収めるのが非常に難しいです。そこで、ドゥオモの北側と南側に回り、クーポラをメインに写真撮影を行うのがオススメです。

ドゥオモ・北側

ドゥオモの南側に比べると比較的道幅が狭く、クーポラとクーポラの逆サイドの建物を一緒に撮すことができます。

テラスにかかっている鉢とクーポラの色がマッチしています。

夜は手ぶれで綺麗に撮れないことがありますが、建物側にあるライトと一緒に撮影すると、比較的明るく、綺麗に撮れると思います。

ドゥオモ・南側

ドゥオモの北側に比べて道幅が広いので、できるだけドゥオモから下がると、広い範囲を写真に収めることができます。

人通りが多いので、建物だけを撮るなら少し目線を上げて撮ると綺麗におさまると思います。

ドゥオモ広場(フィレンツェ)
イタリア / 観光名所
住所:Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, イタリア

【3】Via dell'Oriuolo(オリウオロ通り)

こちらは、ドゥオモ広場から東側に伸びる通りです。他にもクーポラが見える小道はありますが、ここからの眺めが一番ワクワクする景色かなと思います。

途中道が曲がっている為、一時ドゥオモが見えなくなります。しかし、ドゥオモ広場から200m程東に歩くとBiblioteca delle Oblate(オブラーテ図書館)という図書館が見えてくるので、この辺りに立つとクーポラをまっすぐに見ることができます。

この写真は朝撮りました。少しピンクがかった色合いが爽やかな印象です。

こちらは昼過ぎに撮りました。バイクや自転車が写り、明るく活発な街の写真が撮れます。

オブラーテ図書館
イタリア / その他スポット
住所:Via dell'Oriuolo, 24, 50122 Firenze FI, イタリア

【4】Torre di Arnolfo(アルノルフォの塔)

アルノルフォの塔は、ヴェッキオ宮殿内にある塔です。この塔も徒歩で階段を登ることになりますが、ジョットの鐘楼と比べると登りやすいと思います。

また、ドゥオモから少し離れているので、ドゥオモの全貌を見ることができます。ズームにして大きく撮ったり、街並みと一緒に広く撮ったり、金網や壁穴の隙間から撮ったり、いろいろ試してみてください。

これは目の細かい網にレンズを近づけて撮りました。

壁の所々に小さな縦型の穴があるので、覗いてみるとこんな感じの写真が撮れます。

■アルノルフォの塔入場チケット:10€(約1,300円)
■アルノルフォの塔+ヴェッキオ宮殿のセット券:14€(約1,820円)
詳細及びチケットの購入はこちら
アルノルフォの塔
イタリア / 建造物
住所:Piazza della Signoria, 2, 50122 Firenze FI, イタリア
ヴェッキオ宮殿
イタリア / 建造物
住所:Piazza della Signoria, Florence, Italy

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

これぞ世界遺産!景観の美しいヨーロッパの街並み10選

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、景観の美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳...

『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとて...


【トリノ】1日で回る北イタリアのトリノ〜見どころからお土産まで〜

イタリアの北部に位置するトリノは、冬季オリンピックが開催された地としても知られた街です。イタリアの中でも比較的裕福な地域で治安も良い方だと言われていて、実際に訪...

【イタリア】北イタリアの可愛い街ベルガモを1日で楽しむ!

ミラノから電車で約1時間の距離にある、ベルガモ。丘の上に立つ旧市街地チッタ・アルタ(高い街)とその麓に整備された市街地チッタ・バッサ(低い街)の二つの街からでき...


石畳のお洒落でカラフルな街イタリア・ベッラージオで湖眺める街歩き

イタリアにあるコモ湖の街ベッラージオ。透き通ったブルーの湖を前に、カラフルな外壁のレストランやホテル、ショップなどが立ち並んでいるお洒落な観光地です。ぶらぶらと...

この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんな何にもない私ですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車など、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。
https://liberidesign.wixsite.com/liberidesign

【大阪】中崎町の雑貨&アクセサリーショップ7選

大阪といえば食べ歩きのイメージが強いと思いますが、ここ中崎町はおしゃれなカフェや雑貨屋が集まるエリアとして人気があります。大阪駅から歩いて行けるエリアなので、百...

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...


【大阪】千住博&チームラボコラボレーション展「水」を楽しもう

夏といえば、海・山・花火大会・BBQと、外でのアクティビティのイメージが強いかもしれませんが、暑いのは苦手で、できるだけ外には出たくない方もいらっしゃるかと思い...

◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...


★オランダ・アムステルダム★フォトスポット7選

水の都として知られる、オランダの首都アムステルダム。運河地区は世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っています。日本からヨーロッパ各国を訪れる際に、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?