岩手
岩手観光
独自の麺文化を育む、日本で二番目に広い県

麺好き必見!岩手県で食べたい麺料理&名店3選

取材・写真・文:

訪問エリア:42都道府県

2016年9月7日更新

2,877view

お気に入り

全国にご当地麺があふれかえる麺好き国家、日本。南はソーキそばから北は札幌ラーメンまで県ごとに個性的な麺類がありますが、岩手県も多くの個性的な麺類を輩出しています。今回は、岩手県の誇る麺類、盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺、そしてわんこそばについて、お勧めの店と一緒に紹介します。

この記事の目次表示

アクセス抜群!盛岡駅駅ビル内にある「明明家」の盛岡冷麺

まずは盛岡冷麺の紹介です。盛岡冷麺は麺職人の青木輝人氏が1954年に店を構えた際、朝鮮半島に伝わる冷麺を元に考案しました。

非常にコシが強くツルツルの麺、鶏ガラや牛肉で出汁を取った冷たく辛いスープ、きゅうりやゆで卵、カクテキといった具、さらに、つけ合わせとしてスイカなどの果物が入っているのが特徴です。

正直なところ、「麺がゴムみたい」などという理由で盛岡冷麺を苦手としている方も少なくないのではないでしょうか。しかし1度本場の盛岡冷麺を食べてみれば評価は変わるはずです。食べ応えのある太くてコシの強いツルツル麺とコクのある辛く冷たいスープの組み合わせは絶妙で、食欲をなくしがちな夏でも一気に平らげられます。

今回紹介するのは明明家(みょんみょんや)。盛岡駅の駅ビル、フェザン(岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44)の地下1階にあります。帰りの新幹線の待ち時間の間にさくっと食べたい方や、新幹線で盛岡駅にやって来て「お腹すいた、早く岩手の名物を食べたい」という方にぴったりのお店です。

明明家
盛岡 / 焼肉 / 郷土料理
住所:岩手県盛岡市盛岡駅前通1−44 フェザン本館B1階地図で見る
電話:019-654-7180

1皿で2度美味しい!盛岡じゃじゃ麺を考案した「白龍」

次は盛岡じゃじゃ麺です。中国の炸醤麺とは異なり、平たくやわらかいきしめんのような麺に肉味噌、きゅうり、紅生姜が乗せられた料理です。

ラー油やお酢、生姜、ニンニクなどを入れて自分好みに味を変えられるのが特徴ですが、さらに大きな特徴として、2度楽しめるという点があげられます。

じゃじゃ麺を食べる際は、完食せずに少しだけ残しましょう。近くに生卵がおかれているはずなので、それを入れて店員さんに返してください。すると店員さんが客の食べ残しに追加の肉味噌とゆで汁をかけてかき混ぜ、こちらに戻してくれます。

何と食べ残した麺が、肉味噌の旨味とふわふわとした卵がうれしいスープになって返ってきました。このスープは鶏蛋湯(チータンタン)という名前です。これも、盛岡じゃじゃ麺と同じように塩やコショウを入れて好きな味にできます。

店にもよりますが、無料だったり50円程度で鶏蛋湯にしてもらえるので、盛岡じゃじゃ麺を食べる時には勢いあまって完食しないようにしましょう。

ちなみにこの盛岡じゃじゃ麺、一時期満州にいた高階貫勝氏が、満州で食べた麺を元に考案しました。高階貫勝氏は盛岡駅近く(岩手県盛岡市内丸5-15)白龍(パイロン)という店を出しています。高階貫勝氏は1991年に82歳で亡くなりましたが、この白龍では、今でも元祖盛岡じゃじゃ麺を味わえます。

白龍・本店
盛岡 / 郷土料理 / 和食
住所:岩手県盛岡市内丸5-15地図で見る
電話:019-624-2247

わんこそばをゆっくり食べられる「芭蕉館」

岩手の麺類の頂点と言えば、わんこそばでしょう。客の横に給仕がつき、一口サイズのそばを次々とお椀に投入していくのが特徴のそばです。このわんこそばですが、起源に2つの説があります。

今から400年前、南部家藩主の利直が江戸へ向かう途中花巻城に立ち寄りました。その際漆器の器に一口だけ盛って出したところ利直が気に入って、評判になったというのが1つめの説です。

2つめの説として、昔岩手には大勢の人が集まる際にはそばをふるまう風習があったのですが、盛るそばの量を少なくして1度に多くの人に食べてもらえるようにしたそうです。食べている間に追加のそばをゆで、何度もお代わりをしてもらうようにしたのが始まりという話もあります。

前述したように、一口サイズのそばを休まず次々と食べていくというのがわんこそばの特徴ですが、あわてずに自分のペースで食べたいという方も少なくないのではないでしょうか。

そんな方にお勧めなのが、平泉駅前(岩手県西磐井郡平泉町平泉字鈴沢3-1)にある芭蕉館です。ここのわんこそばは初めからたくさんのお椀に一口ずつ盛られて出てくるのが特徴であり、落ちついて食べることができます。マグロの山かけやかつお節、のり、なめこおろし、ねぎ、いくら、紅ショウガなど様々な薬味がついており、味を変えながら食べられるのも魅力です。

芭蕉館
岩手 / 和食
住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字鈴沢3-1地図で見る
電話:0191-46-5155
Web:http://www.bashokan.co.jp/

個性豊かな岩手の麺たち

今回紹介した3店舗はいずれも観光エリアからアクセスの良いところにあります。岩手県に訪れた際には、観光だけでなく個性派ぞろいの麺類も楽しんでみてくださいね。

関連リンク

盛岡駅ビル フェザン
芭蕉館

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

岩手の旅行予約はこちら

岩手のパッケージツアーを探す

岩手のホテルを探す

岩手の航空券を探す

岩手の現地アクティビティを探す

岩手のレンタカーを探す

岩手の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年9月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【岩手・岩泉町】龍泉洞の見どころ&周辺のおすすめ観光スポット5選!

日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」。岩手県岩泉町にある定番の観光名所です。龍泉洞の見どころと、龍泉洞を訪れた際に気軽に立ち寄れる、周辺のおすすめスポットをご紹介しま...


喫茶店文化が残る盛岡市で訪れたいクラシカルなカフェ7選

喫茶店文化が残る盛岡市には、地元の人に愛されてきた喫茶店が多数存在しています。タイムスリップしたような、どこか懐かしいような雰囲気に浸れる、盛岡のおすすめカフェ...

【岩手】実はイタリアン激戦区?盛岡で食べたいイタリアンの名店5選

「わんこそば」「盛岡冷麺」で有名な盛岡市ですが、知る人ぞ知る、イタリアンの激戦区!人口比率から見てもなぜか異常なほど、イタリアンレストランが多いのです。そんなお...

【岩手県】平泉の中尊寺金色堂!夏休みも意外と空いてる歴女なひとり旅♡

夏休みと言えば、どこに行っても人がごった返していて、なかなかひとり旅に出かけるのは億劫になってしまいますよね。しかし!2011年に世界遺産に登録された岩手県の平...

『あまちゃん』の舞台となった、岩手県・久慈のおすすめ観光スポット7選&ご当地グルメ3選

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のメインロケ地として知られる、岩手県久慈市。海と山に囲まれた自然ゆたかな町には、美しい景勝地やオシャレな名産品、ご当地グルメな...

この記事を書いたトラベルライター

一人旅好きのブロガー
国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
http://85irimusume.doorblog.jp/

寿司に神社に恐竜まで!福井駅周辺の面白スポット4選

東尋坊や永平寺などの観光地が有名な福井県。日本総合研究所が2016年に発表した情報によると、日本で1番幸福度が高い県とされています。そんな意外な実力を隠し持つ福...


3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大...

鯉が泳ぐ城下町。「山陰の小京都」島根県・津和野を歩く

「山陰の小京都」の異名を誇る島根県・津和野。津和野藩亀井氏の治めていた城下町であり、鯉の群れが泳ぐ水路、1,000の鳥居を持つ稲荷神社、畳敷きの教会、西周や森鴎...

祖谷渓のかずら橋と大歩危の遊覧船。徳島の秘境渓谷満喫プラン!

吉野川の支流である祖谷川によって作られた祖谷渓(いやけい)。そして吉野川の上流に位置する大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)。いずれも激流によって長い年月をかけ...

温泉・グルメ・景勝地!盛りだくさんの和歌山県【白浜温泉】をめぐる

白い砂浜と青い海、新鮮な海産物、そして温泉を兼ね備えたリゾート地、和歌山県の白浜。エリア内には動物園と水族館と遊園地がセットになったアドベンチャーワールドまであ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?