関東
関東観光
国内外問わず、多くの観光客が訪れる日本の中心エリア

涼をもとめて!夏に行きたい関東の滝12選

取材・写真・文:

2019年7月31日更新

13,823view

お気に入り

暑い夏は涼をもとめて滝を見に行きませんか?身体がひんやり涼しくなるだけでなく、マイナスイオンたっぷりで心もリラックス。自然に触れれば日常の疲れや暑さでぐったりした身体も、きっと元気を取り戻すことでしょう。関東にある数ある滝のなかでも、とくにおすすめの滝をまとめました。写真を見るだけでも涼やかな気持ちになるかもしれませんね。

この記事の目次表示

亀岩の洞窟(千葉県)

  • 濃溝の滝

関東にある滝のなかでも近年話題となっているのが、千葉県君津市にある亀岩の洞窟。インスタグラムに投稿された一枚の写真から噂は広がり、幻想的な景観はまるでジブリの世界のようだと注目を集めています。季節や時間によっても目に映る光景に変化があるのも魅力的。とくに明け方、洞窟に朝日が差し込む光景はただただ美しく、目の前に広がる神秘的な景観にうっとりすることでしょう。

亀岩の洞窟
千葉 / 自然・景勝地
住所:亀岩の洞窟、〒292-0526 千葉県君津市笹地図で見る
電話:0439-56-1581(君津市役所)

粟又の滝 あわまたのたき(千葉県)

  • 粟又の滝

養老渓谷の上流にあり、養老渓谷随一の景観を誇ります。落差30m、長さ100mのゆるやかな岩肌を流れ落ちる、千葉県で最も大きな滝です。一番の見頃は紅葉のシーズンを迎える11月下旬から12月上旬ですが、この時期はとても混み合います。なので紅葉シーズンほど人がいない夏に、涼を求めて訪れるにはおすすめのスポット。はだしになって川にはいるのも気持ちが良さそうですね。その場合はタオルをお忘れなく。

粟又の滝
千葉 / 自然・景勝地
住所:千葉県夷隅郡大多喜町粟又地図で見る
電話:0470-82-2176
Web:http://www.town.otaki.chiba.jp/index.cfm/10,388,60...

袋田の滝 ふくろだのたき(茨城県)

  • 袋田の滝

栃木県の「華厳の滝」、和歌山県の「那智の滝」と並んで日本三名瀑のひとつにあげられる「袋田の滝」。久慈川の支流滝川に架かるこの滝は、高さは120m、幅は73mの大きさを誇ります。大岩壁を四段に流れることから「四度の滝」とも呼ばれており、四季折々にさまざまな姿を見せるのが特徴的。秋には紅葉が美しく、冬には滝が凍結し神秘的。春には氷が溶け出し新緑が清々しく、夏には太陽の光にキラキラと輝く滝が、豪快に流れ落ちます。

袋田の滝
茨城 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:茨城県久慈郡大子町袋田地図で見る
電話:0295-72-0285
Web:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001474.h...

華厳の滝 けごんのたき(栃木県)

  • 華厳の滝

48もの滝があると言われる日光周辺で、最もよく知られている滝です。中禅寺湖の流出口にあり、高さ97mの岸壁を一気に落下する様は壮大。和歌山県の那智の滝、茨城県の袋田の滝とともに”日本三大名瀑”のひとつに数えられます。

滝壺の近くにある観瀑台(かんばくだい)までエレベーター(有料)で行けるので、ぜひ近くでこの迫力を感じてみてください。滝の中段からは、伏流水によってできた十二滝と呼ばれる無数の小さな滝が流れ落ち、直線的な華厳の滝と相まって自然が作り出した造形美を楽しめます。晴れていれば虹が見えるかもしれません。

涼やかな夏はもちろん、紅葉の秋、滝が凍る冬の氷瀑、そして雪解けで水かさが増す春(5月頃)もおすすめです。

華厳の滝
日光 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:栃木県日光市 中宮祠地図で見る
電話:0288-54-2496
Web:http://www.nikko-kankou.org/spot/5/

竜頭の滝 りゅうずのたき(栃木県)

  • 竜頭の滝

先に紹介した「華厳滝」と「湯滝」と並ぶ奥日光三名瀑のひとつです。210mもの高さを誇るこの滝は、滝壺の近くが大きな岩によってふたつに分かれており、これが龍の角(頭)のようだとして「竜頭の滝」と名づけられました。滝のふもとにある「龍頭之茶屋」の奥には観瀑台があり、竜頭の滝を真正面に見ることが可能。滝が見える席もあるので、滝を見ながらお団子やお雑煮をいただくのもいいですね。

竜頭の滝
日光 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:栃木県日光市中宮祠地図で見る
電話:0288-54-2496
Web:http://www.nikko-kankou.org/spot/6/

吹割の滝 ふきわれのたき(群馬県)

  • 吹割の滝

「吹割の滝」は群馬県でも人気の高い景勝スポットで、滝が巨大な岩を吹き割れたように見える独特の形状から「吹割の滝」と名づけられました。2000年に放送されたNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニングに登場した滝としても知られています。

国の天然記念物に指定されており、”東洋のナイアガラ”と言われるほど、その姿は美しい。幅30m、高さ7m。見上げる滝ではなく、見下ろす滝というのも珍しく、迫力のその姿を驚くほど間近で見られることも人気の秘密です。

吹割の滝
群馬 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:群馬県沼田市利根町追貝地図で見る
電話:0278-23-2111

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

関東の旅行予約はこちら

関東のパッケージツアーを探す

(北関東)

(首都圏)

関東のホテルを探す

(首都圏)

(北関東)

(北関東)

(南関東)

関東の航空券を探す

関東の現地アクティビティを探す

関東のレンタカーを探す

関東の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年5月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【関東】秋のおすすめ花畑12選!9月・10月・11月に見頃を迎える花の名所ガイド

曼珠沙華やサルビア、コキアといった真っ赤に染まる花や、ピンク・白・黄と可愛い花を咲かせるコスモスの花畑が美しい“秋”。9月・10月・11月に見頃を迎える、関東の...


日本一の花火に日本三大花火も!日本の有名花火大会12選

日本の夏の風物詩と言えばやっぱり花火大会!日本一打ち上げ数の多い花火大会や、日本三大花火大会をはじめ、各地で度肝をぬく花火大会が開催されています。一度は行きたい...

【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

夏から秋へ!湖上に蘇る帆引き船を見に行く【茨城】

かつて霞ケ浦(かすみがうら)での漁に欠かせなかった帆引き船。一時は姿を消しましたが、現在は、観光帆引き船として、蘇っています。夏から秋にかけて見られる美しくも迫...

風鈴祭り&風鈴市11選!涼やかな音色で日本の夏を感じよう

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を涼やかに感じる「風鈴祭り」。この記事では、日本全国で開催されている風鈴祭りを1...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2019】京都のおすすめお土産46選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

【2019】北海道で買うべきお土産53選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

2019夏休み旅行に!7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地24選

夏(7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にもぴったりな旅先がきっと見つかります!

2019秋の旅行に!9月・10月・11月の国内おすすめ旅行先・観光地49選

秋(9月・10月・11月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!3連休や週末旅行にぴったりな旅先を全国から厳選しました。紅葉名所や人気のイルミネーションスポッ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?