高知
高知観光
坂本龍馬の出身地として知られる、カツオ漁が盛んな地域

川の中で泳ぐ鯉のぼり!高知県「いの町」でしか見られない風景とは?

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:37都道府県

2017年4月28日更新

775view

お気に入り

写真:菊地早秋

鯉のぼりと言えば、天高く舞う姿を想像します。春になると爽やかな風に吹かれて、まさに日本の古き良き景色です。しかし高知県のとある町では、ゴールデンウィークの時期になると、毎年鯉のぼりが川の中で泳ぎだします。そんな珍しい風景を見ることができるのが、「いの町」なのです。今回の記事では、川の中で泳ぐ鯉のぼりのイベントの様子をお伝えしていきたいと思います!

高知県「いの町」とは?

いの町は、四国の高知駅から土讃線で20分程の場所に位置しています。その美しさから仁淀ブルーの名で広く知られる仁淀川や、いの町に源流がある、透明感抜群の吉野川が町を流れており、自然に囲まれた地域です。

  • 写真:菊地早秋

神社や昔ながらの町並みも残っており、穏やかな雰囲気のなか、徒歩で町歩きをしても楽しめる場所です。

  • 写真:菊地早秋

いの町の詳しいご紹介と楽しみ方は、以下の記事でご覧いただけます。筆者が実際に町を散策して、おすすめしたいポイントを盛り込んだ内容となっています。

【関連記事】キラキラ光る仁淀川が流れる町!高知県「いの町」の4つの魅力

  • 写真:菊地早秋
伊野駅
高知 / 駅・空港・ターミナル
住所:高知県 吾川郡いの町 1430-3地図で見る
電話:088-893-0142

紙の鯉のぼりとは?

いの町では、毎年ゴールデンウィークになると、仁淀川の清流に紙の鯉のぼりを泳がせるイベントを開催しています。

  • 写真:菊地早秋

紙の鯉のぼりとはどういうことでしょう。実は、いの町は、明治時代から続く土佐和紙の発祥地として知られています。いの町の鯉のぼりは、この土佐和紙で作られているのです。

  • 写真:菊地早秋
  • 写真:菊地早秋

紙で作られた鯉のぼりはとても丈夫のようで、川のなかで悠々と泳いでいる様子を見ることができます。


イベントはどんな様子?

JR土讃線伊野駅から徒歩約15分ほどの場所に仁淀川があります。イベントは仁淀川橋という、大きな橋の近くで開催されています。

  • 写真:菊地早秋

橋の上から川を眺めるとさっそく、鯉のぼりたちが川の中を流れている様子が見えます。

イベントでは、約300匹の土佐和紙の鯉のぼりが、川を泳ぎます。このほかに、川舟体験やアメゴ釣りなど、子供たちも楽しめる催しも予定されています。

最終日には、川を流れていた鯉のぼりのプレゼントもあり、要チェックです!こちらはイベント最終日の15時30分~河原で整理券が配布されます。

  • 写真:菊地早秋
  • 写真:菊地早秋

仁淀川の川べりには広い砂利のスペースがあり、じっくりと鯉のぼりが泳ぐ景色を堪能することもできます。ゴールデンウィーク中とはいえ、筆者が訪問した2016年は、そこまで混雑はしておらず、マイペースに思い思いの時を過ごすことができました。

また、川原に駐車場がありますので、川のすぐ近くまで車で行くことができます。

  • 写真:菊地早秋

夕方になると、山に沈んでいく夕日を望むことできます。

  • 写真:菊地早秋

「紙の鯉のぼり」イベントはいつ開催しているの?

いの町の紙の鯉のぼりイベントは、毎年ゴールデンウィークに行われ、2017年は、5月3日、4日、5日を予定しています。

開催場所は、国道33号仁淀川橋下(いの町波川公園周辺)。いの町観光協会のサイトに、詳細が掲載されています。

  • 写真:菊地早秋
  • 写真:菊地早秋

いいお天気の日には、透き通るような川に囲まれ、清々しく吹く風に打たれて、大いにリラックスすることができます。

まとめ

高知県「いの町」でしか見られない紙の鯉のぼり、いかがでしたでしょうか?

何と言ってもその透明度の高い川に流れている鯉のぼりの様子はまさに、いの町でしか見ることができない風景となっています。

  • 写真:菊地早秋

JR高知駅からも数十分で到着できることから、アクセスもよく、観光にはぴったりの場所となっています。まだまだゴールデンウィークのご予定を考えていない方にもおすすめしたい「いの町」でした!

仁淀川 紙のこいのぼり
高知 / イベント・祭り
住所:高知県吾川郡いの町波川 仁淀川橋下地図で見る
電話:088-893-1115

高知の旅行予約はこちら

高知のホテルを探す

高知の航空券を探す

高知のパッケージツアーを探す

高知の現地アクティビティを探す

高知のレンタカーを探す

高知の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

日本の魅力を大満喫!四国オススメスポット7選

海外旅行もいいけれど、日本も満喫したい!そんなあなたにオススメ、自然やフォトジェニックなスポット、温泉やグルメなど、日本の魅力を大満喫できる四国のオススメスポッ...

まるで『もののけ姫』の世界がそこに!四国真ん中秘境スポット、早明浦ダム周辺を巡る

四国のほぼ真ん中、高知県にある「早明浦ダム」。四国の水瓶である早明浦ダムから、吉野川の支流をさかのぼれば、『もののけ姫』の世界が現れた様な「河内神社」、土佐名水...


【高知】日本最後の清流!~四万十川を巡る沈下橋Trip~

高知県を流れる四万十川。四国山地の山間をくねくねと蛇行しながら太平洋へと注ぐ全長196kmの一級河川ですが、手つかずの自然とのどかな里山の風景が多く残ることから...

キラキラ光る仁淀川が流れる町!高知県「いの町」の4つの魅力

高知県に流れる一本の美しい川、仁淀川(によどがわ)。最近では仁淀ブルーの名称で語られ、その透明感の認知度は高まっています。「いの町」は、この仁淀川が流れる静かで...


【高知】ドラマのロケ地として話題に!1日1組限定・川辺のコテージに泊まろう!

人と自然が共生する美しい川ということから、日本最後の清流と呼ばれている、四万十川。本流に大規模なダムが建設されておらず、全長およそ196キロメートルと四国最長で...

この記事を書いたトラベルライター

新しい世界に溶け込んで
こんにちは。ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。旅が大好きでこれまで訪れた場所は、国内37都道府県、海外は東南アジアを中心に12か国です。取材は必ず自らの足で趣き、目で見て感じて、耳で聞いたことを大切に、記事に盛り込むようにしています。読者の方に少しでもへえ~と思ってもらえるような、また、紹介される地域やお店の方々のパッションをできるだけ汲んだ記事をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・名水/湧水/ネイチャースポット
・郷土料理/食文化/一次産業/地元で頑張る飲食店

【得意な学問領域】
・環境社会学(大学4年間とその後も模索中。自然環境と人類の共存的なおはなし。)
・栄養学(民間資格保持。美味しいもの大好き。)

【tripnote以外でのライティング】
・足立区発ローカルフリーペーパー「銭湯といえば足立」連載ライター
・instagram「#さきが届けるセンスオブワンダー」のハッシュタグのもとエッセイを更新

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...


築地市場と肩を並べる!「足立市場」ってどんな場所?

東京都内には、東京都が設置した11か所の中央卸売市場が存在します。ニュースなどでよく耳にする築地市場はその一つで、全国から様々なお魚が集まってくる、大きな市場で...

【東京】こうすればトトロに会える!「白髭のシュークリーム工房」見どころ4選&知っておきたい事前情報まとめ

「トトロのシュークリーム」を食べられる世界でたった一つの工房をご紹介します。工房とカフェの現地レビューを中心に、売切れ前に確実にシュークリームと会う方法や、イー...


【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!焼き芋「かいつか」本店の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?