ミャンマー
ミャンマー観光
世界三大仏教遺跡のひとつであるバガン遺跡は見逃せない

【保存版】仏教遺跡から湖まで外せないミャンマーのみどころ4選!

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2018年9月26日更新

1,173view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

「ASEAN最後のフロンティア」ミャンマー。ASEAN全10カ国を巡った私は、ミャンマーを「東南アジアの上級者コース」と位置付けています。なぜか? 3つ理由を挙げるとすれば、①日本人があまり行かない、②観光の要所要所が離れている、③発展真っ盛りで、バンコクやシンガポールのようにのんびりしに行く場所ではない、といったところでしょうか。「そんな国行きたくない!」と思った方、少々お待ちを。これから私が1週間滞在した実体験をもとに、ミャンマーの素晴らしさを名所ごと、存分にお伝えします!

【1】最大都市「ヤンゴン」

ミャンマーの空と海の玄関口であり、かつての首都で同国最大都市のヤンゴン。ミャンマーを訪れる人ならほぼ必ず訪れるのではないでしょうか。ヤンゴンのオススメな過ごし方を3つご紹介します。

1.シュウェダゴンパヤー

黄金に輝く巨大なパゴダ(仏塔)が「シュウェダゴンパヤー」です。

  • 写真:ある通訳案内士シュウェダゴンパヤー

巨大なので、かなり離れたところからでも、光り輝く姿を目にします。日中、太陽に照らされている姿を見るも良し、日没後、ライトアップされている姿を見るも良しです。

  • 写真:ある通訳案内士地元の人で賑わう

有名な観光地でありながら、敬虔な仏教徒の多いミャンマーの人々が、多く参拝に来ているのが印象的でした。人々の生活に根付いている寺院です。

それもあり服装には厳しく、ハーフパンツを履いていると入り口でロンジー(ミャンマーの民族衣装)を買うことになるので、長ズボンで行きましょう。あえてロンジー(約400円ほど)を買い、現地の人に少し近づいてみるのもオススメです!

  • ロンジーは必ず購入するものではなく、レンタルできるとの情報もありますので、現地にてご確認ください。
シュエダゴン・パゴダ
ミャンマー / 社寺・教会
住所:Shwedagon Pagoda, Yangon地図で見る
電話:+95 9 534 3782

2.ヤンゴンの街歩き

「ASEAN最後のフロンティア」を五感で感じるには街歩きが一番!

  • 写真:ある通訳案内士ヤンゴンの街並み

ビルマ系、ほかの東南アジア系、中華系、インド系の人々でひしめくヤンゴン中心部を歩くのは、刺激が多すぎて、疲れてしまうかもしれません。

  • 写真:ある通訳案内士中国文化も街の随所で

そんな時は、ちょっと郊外に出てみましょう。ヤンゴンには大きな公園がいくつかあり、大きなハートとシュウェダゴンパヤーを同じ景色の中に見ることができます。敬虔な仏教国の割にはなかなか大胆です。

  • 写真:ある通訳案内士恋人たちの公園

もう一つオススメなのが、ヤンゴン市内をぐるっと一周する環状線(約300円)。なんとなく街並みを眺めつつ、現地の人々の生活に入り込めた気になれます。

  • 写真:ある通訳案内士行き先が「高山」の車両

その車両が日本の高山で使われていたものの再利用、というところに、日本とミャンマーのつながりを感じました。

  • 環状線の料金は、外国人料金が設定されていたり頻繁に変わる可能性もありますので、現地にてご確認ください。
人民公園
ミャンマー / 公園・動植物園
住所:People's Square and Park, Pyay Road, Yangon (Rangoon), Myanmar地図で見る

3.サクラタワー最上階のルーフトップバー

ヤンゴンには、大きなショッピングモールなどがないので、街の喧騒から離れてゆっくりできるところが、他のASEANの大都市に比べて少ない印象です。そんな疲れたあなたへのご褒美になるのが、サクラタワー最上階のルーフトップバー「ヤンゴン・ヤンゴン」。

  • 写真:ある通訳案内士ルーフトップバーのカクテル

ヤンゴンの街を眼下に見つつ、都会の喧騒を忘れ、おしゃれなカクテルやモンドセレクションに複数回輝いたミャンマービールを味わえます(1杯約500円〜)。サクラタワーというだけあって、日系企業がいくつも入居しているので、日本人と出会うかもしれません。

ヤンゴンヤンゴン
ミャンマー / 居酒屋・バー
住所:Sakura Tower 339 Bogyoke Aung San Rd, Kyauktada Township, Yangon, Myanmar地図で見る
電話:01 255 131
Web:http://www.sakura-tower-yangon.com/jp/restaurant/y...

【2】世界三大仏教遺跡の一つ「バガン」

ミャンマー観光でやはり外せないのは、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並び称される世界三大仏教遺跡の一つ、バガン。もうほんとに飽きるほど仏塔、仏塔、仏塔・・ばかりの不思議な世界に浸ることができます。

  • 写真:ある通訳案内士無数の仏塔の大地に沈む夕陽

「目を閉じて好きなところを指差せば、そこには仏塔がある」というミャンマーの格言を、案内してくれたミャンマー人の友人が教えてくれました。確かにその通りです。ここまで多くの仏塔が現存しているのは、自ら修復を続けるミャンマー人の信心深さに寄るところが大きそうです。

  • 写真:ある通訳案内士バガン伝統工芸品を観て歩くのも楽しい

寺院のすぐそばには畑が広がっています。いかにも観光地として整備されているアンコールワットやボロブドゥールと違い、人々の農耕生活がすぐ近くで営まれていることも、バガンの見どころであり、素晴らしさではないでしょうか。

  • 写真:ある通訳案内士遺跡周辺の畑

バガン観光でのオススメは二つ! ①馬車での観光と、②朝日と夕陽ですね。昔ながらの馬車で遺跡を巡るのは風情があります。御者が馬を大事に扱っていることにも好感を持ちました。

  • 写真:ある通訳案内士馬車でバガン巡り

バガンの朝日と夕陽は、幻想的なので、是非その目で観ていただきたい! 多数の仏塔が連なる大地で、東南アジアの風に吹かれつつ、のんびりと太陽が昇ったり沈んだりする様を楽しむなんて、とても贅沢ですね・・ ココナッツジュースがあるとなお良し!

バガン遺跡
ミャンマー / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:パガン, ミャンマー地図で見る

次のページを読む

ミャンマーの旅行予約はこちら

ミャンマーのホテルを探す

ミャンマーの航空券を探す

ミャンマーのパッケージツアーを探す

ミャンマーの現地アクティビティを探す

ミャンマーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【ミャンマー】古都マンダレー必見8大スポット

ミャンマー第2の都市であるマンダレー。ここは、ミャンマー最後の王都が置かれた王宮都市であり、旧王宮を中心に碁盤の目状に整備された街です。そんな街には、たくさんの...


1位は宮地嶽神社!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年11月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年11月の1位はトリップノートトラベラーtan...

絶景の宝庫!世界三大仏教遺跡を見に行こう!!

世界で4番目に大きく、4億人以上の信者を抱えるという仏教。日本人にとって一番馴染みのある宗教と言っても過言ではありませんが、世界でも、特にアジア圏を中心に仏教は...


ミャンマー カロートレッキングで少数民族に会いに行こう

ミャンマーといえば、チャイティーヨーのゴールデンロック、バガンの寺院巡りなどが観光として人気ですが、伝統を守りながら暮らす少数民族の村へ訪れることのできるトレッ...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
南インド・チェンナイ駐在してました/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドで海外に疲れてしまったので、しばらくは平和な日本を謳歌します^^
http://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


【保存版】魅惑のイスラム教国 ブルネイ・ダルサラームの見どころ&グルメ

ブルネイ・ダルサラームという国をご存知でしょうか? マレーシアに囲まれたボルネオ半島の一部を国土としており、面積は5,765 km²で、三重県とほぼ同じ大きさの...

行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...


最先端多文化共生都市!コリアンタウンなだけではない新大久保の今

JR山手線の駅で、新宿の隣に位置する「新大久保」。2002年の日韓ワールドカップや、ヨン様などの韓流ブームで賑わった、コリアンタウンとして有名な街です。現在でも...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?