尾道
尾道観光
坂の町、映画の町、そして猫の町

尾道女子旅のおすすめスポット15選!レトロでおしゃれな尾道を散策しよう

取材・写真・文:

2019年5月27日更新

126,585view

お気に入り

広島・尾道はレトロな街並みにおしゃれな建物やカフェ・パン屋さんなどが並び、インスタ映えスポットがたくさんある女子旅にぴったりな街です。女子旅での尾道観光におすすめのスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

1. 猫の細道

尾道は「ネコの街」としても知られる街。天寧寺の三重塔から艮神社(うしとらじんじゃ)へとつづく、約200mの細い路地は「猫の細道」と呼ばれ、作家・園山春二氏によって描かれた「福石猫」が路地のいたる所にあるほか、猫にちなんだアート作品がたくさんあります。もちろん本物のネコさんもいますよ。

周辺には、空き家を再利用した隠れ家カフェやバー、美術館などが点在し、女子旅におすすめのスポットです。

猫の細道
尾道 / 町・ストリート
住所:広島県尾道市東土堂町19-31地図で見る

2. ブーケ ダルブル

「猫の細道」沿いにある庭園カフェ。ハーブ園には入園料が必要ですが、カフェのみの利用なら入園料は必要ありません。

オープンテラスの席からは、眼下に尾道の街並みや尾道水道を見渡す絶景が広がり、女子旅の優雅なカフェタイムにおすすめ。自然に囲まれながら、フレッシュハーブティーやスイーツで、ぜひ午後のひとときを楽しんで。オリジナルの香水づくりも体験できますよ。

ブーケ ダルブル
尾道 / カフェ・喫茶店
住所:広島県尾道市東土堂町19-18地図で見る
電話:090-3633-2603

3. おやつとやまねこ

外観も可愛らしい「おやつとやまねこ」は、尾道駅近くにあるスイーツショップ。看板メニューの”尾道プリン”は幾度となくテレビや雑誌で紹介をされている大人気商品で、休日ともなると行列ができるほどの人気店です。

レトロなガラス容器にはいった”尾道プリン”は、広島北西部にある砂谷牧場の牛乳、尾道の卵を使用するこだわりで、とっても濃厚。小魚の容器にはいっているのは100%国産のレモンを使った特製のレモンソースで、食べている途中で入れると味の変化が楽しめますよ。

他にはマフィン、クッキー、ビスコッティ等おかしの販売もあります。

おやつとやまねこ
尾道 / スイーツ
住所:広島県尾道市東御所町3−1地図で見る
電話:0848-23-5082
Web:http://www.ittoku-go.com/oyatsu/01.html

4. 空猫カフェ

ご夫婦で営む古民家カフェ。少し入り組んだところにありますが、開店前から人が並ぶ人気店です。少し坂を登った場所にあるため、目の前には尾道水道の絶景が広がり、景色がばつぐん!とくにモチモチしているベーグルが人気で、尾道散策の足休めに、素敵な景色を眺めながら、ゆっくりと絶品ベーグルをいただいてみては?

空猫カフェ
尾道 / カフェ・喫茶店
住所:広島県尾道市東土堂町6-11地図で見る
電話:0848-24-5695

5. ネコノテパン工場

「猫空カフェ」のすぐ近く、坂道の途中にひっそり佇むパン屋さんです。人ひとりが入れるぐらいのこじんまりとしたサイズが可愛らしいお店で、お会計の窓口もこれまたレトロ。とにかく乙女心をくすぐります。お店の可愛らしさだけでなく、パンの美味しさも評判。オンラインショップでも購入できるますよ。

ネコノテパン工場
尾道 / パン・サンドイッチ
住所:広島県尾道市東土堂町7-7地図で見る
電話:050-6864-4987
Web:https://pan.catnote.co.jp/

6. ゆーゆー

女子旅で尾道を訪れたら立ち寄りたい、レトロな魅力がいっぱいの「尾道本通り商店街」。全長1.2kmにわたり、さまざまな商店が軒を連ねており、そのひとつが「ゆーゆー」です。

昔の銭湯の雰囲気を残したままリノベーションしたカフェ&ショップで、お食事からスイーツまでいただくことができます。お土産にぴったりの商品も揃っており、カフェ利用にもお土産さがしにもおすすめです。

ゆーゆー
尾道 / カフェ・喫茶店
住所:広島県尾道市土堂1-3-20地図で見る
電話:0848-25-5505

7. 三軒家アパートメント

尾道駅の裏手にある「三軒家アパートメント」は、時代の流れから空き家になってしまった昭和の古いアパートをリノベーションした施設。尾道には、このように空き家を再生した建物がたくさんあり、観光名所にもなっています。

空き部屋の10部屋にはデッドストックや古い電化製品を扱うお店、カフェ、ブティック、雑貨屋、卓球場、ギャラリーなど、可愛らしさや個性のあるお店が入居しています。定期的にワークショップやイベントも行われていますよ。

三軒家アパートメント
尾道 / その他スポット
住所:広島県尾道市三軒家町3−26地図で見る
Web:https://sangenya-apartment.jimdo.com/

8. パン屋航路

尾道商店街にたたずむ、レトロでお洒落な雰囲気のパン屋さん。連日大人気で売り切れてしまうパンも多く、カレーパンは地元の人でもなかなか買えないのだそう。朝7時から営業していますが、お昼を過ぎるとかなり品数が減ってきますので、午前中に行くのがおすすめです。

パン屋航路
尾道 / パン・サンドイッチ
住所:広島県尾道市土堂1丁目3 土堂1丁目3−31地図で見る
電話:0848-22-8856

次のページを読む

尾道の旅行予約はこちら

尾道のパッケージツアーを探す

尾道のホテルを探す

尾道の航空券を探す

尾道の現地アクティビティを探す

尾道のレンタカーを探す

尾道の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選!迷ったらココ!

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...


インスタ映えで女子旅にぴったり!国内のおしゃれな観光スポット16選

最新のアートスポットから話題の雲海スポット、おしゃれなカフェやショップが集まる話題のエリアなど、数ある国内の観光スポットの中から、女子旅にぴったりなインスタ映え...

全国の人気の神社・お寺TOP50!旅行好きが行っている寺社ランキング

全国各地に数多ある神社・お寺の中から、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行っている全国の人気寺社ランキングTOP50を...

尾道から行く、しまなみ海道日帰りドライブプラン

広島県尾道市から、愛媛県今治市までを結ぶしまなみ海道。その間にある6つの島々には、それぞれ瀬戸内の自然やグルメ、アートを楽しめるスポットがありますが、全て周るに...

【広島】人気の街「尾道」でオススメのお土産10選

昔から坂の町、映画の町として有名な尾道ですが、最近はすっかり猫の町として、またレトロかわいい物に出会えるリノベーションの町として、たくさんの観光客が訪れる人気の...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2020】京都のおすすめお土産46選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


【2020】北海道で買うべきお土産55選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

秋の国内旅行におすすめの観光地49選!秋がベストシーズンの旅先ガイド

秋は気候もよく、三連休も多いことから旅行にぴったりなシーズン。秋の花々や紅葉など季節の絶景が楽しめる名所や、晩秋から始まる人気のイルミネーションスポットなど、秋...

温泉街が楽しい人気の温泉地TOP15!旅行好きが行っている温泉ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉など、全国各地の温泉街が楽しい温泉地の中で、トリップノートの4万人を超える旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際に行って...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?