ペルー
ペルー
行きたい世界遺産1位の空中都市マチュピチュ

【ペルー・クスコ】マチュピチュと一緒に行くべき遺跡おすすめスポット6選

2018年2月22日更新

459view

お気に入り

クスコにはマチュピチュ以外にも多くの遺跡が存在していることを知っていますか?クスコの街そのものが遺跡と言われているほどなのです。それもそのはず、ペルーの首都はリマですが、インカ帝国時代の首都が、クスコだったのです。ぜひオススメしたいクスコの遺跡スポットについてご紹介します!

1.モライ(Moray):こんなの見たことない!?クスコNo.1の円形遺跡

  • 【クスコ モライ(Moray)】円形遺跡は全部で2つ

クスコからミニバスとタクシーを乗り継ぎ、たどり着くのがモライです。日本人にはほぼ知られておらず、また、クスコから遠いことから観光客もあまり多くないようです。しかし、筆者的にはマチュピチュを除けばクスコNo.1の遺跡です。

  • 【クスコ モライ(Moray)】

円形の段々畑は、近くで見ても本当に綺麗な円を描いています。一番外側の高い位置の円と一番内側の低い位置の円では、5~10度温度が異なるそうです。それを利用して、昔の人は植物を作っていたそうです。昔の人の知恵には驚かされます。

  • 【クスコ モライ(Moray)】円形遺跡の一番外側の周

円形遺跡の面白い所は、遺跡の上を歩けるところです。まずは一番外側からぐるりと歩いていきましょう。

  • 【クスコ モライ(Moray)】円形遺跡をお散歩

歩いてみると分かりますが、一段は1m程と思った以上に高さがあり、また円と円の幅も意外に広いです。

  • 【クスコ モライ(Moray)】違った角度から見た円形遺跡

モライの遺跡内はぐるりと一周でき、下にも自由に下りられるのでかなり楽しめます。また、見る角度が違えば当然ながら遺跡の背景も変化する為、雰囲気も変わって沢山写真に収めたくなるでしょう。

  • 【クスコ モライ(Moray)】モライにいた黒犬

モライは壮大な山に囲まれ建物が何一つない場所に位置するので、大自然を感じるとともに、空が非常に大きく感じます。クスコに訪れる際にはぜひ行ってほしい遺跡No.1です。

モライ
ペルー / 遺跡・史跡
住所:Moray,ペルー

2.ピサック(Pisac)まるでミニ・マチュピチュ!

  • 【クスコ ピサック(Pisac)】右下に見える段々畑の近くにあるピサックの遺跡

クスコから約30km、車で約45分の場所に位置します。壮大な山々に囲まれた場所にあるのがピサックの遺跡です。

  • 【クスコ ピサック(Pisac)】こちらが入口
  • 【クスコ ピサック(Pisac)】広大な段々畑

入り口にはPisacの文字が書かれた門があります。いよいよ遺跡への道のりの始まりです。入口から遺跡がある場所までは歩いて10分程度かかります。その途中に見えるのが広大な段々畑です。綺麗に連なる段々畑の景色には感動することでしょう。

  • 【クスコ ピサック(Pisac)】

遺跡全体を見て回るには時間がかかります。急いで回って約20分といったところですので、ゆっくり回りたい方は余裕をもって行かれることをおすすめします。ピサックの遺跡内にはお墓や太陽の神殿など色々な遺跡があり、ミニ・マチュピチュと言われています。

  • 【クスコ ピサック(Pisac)】おそらく見張り台。一番ピサックの遺跡において高い場所。

こちらはおそらく見張り台でしょう。遺跡の頂上に位置する部分で約10畳ほどの広さとなっており、ここで写真撮影をされる方々が多いです。体力と時間に余裕のある方は遺跡のてっぺんを目指すことをおすすめします。インカの聖なる素晴らしい景色と空気が味わえることでしょう。

  • 【クスコ ピサック(Pisac)】遺跡の入口付近にて。地元の方々が開く民芸品のお土産屋。

ペルーといえば、アンデスの美しい織物やアルパカの毛で作られたニット類が有名です。ここ、ピサックでも遺跡の入り口付近でお土産を買うことができます。

筆者的には、荘厳な緑の山々を背景に、カラフルで繊細な編み物の「絵」が綺麗で写真を撮りたくなるシーンでした。まるで借景のような、背景のおかげで織物たちが一層際立っているかのような、そんな景色に出会えることがクスコでは多いと思います。

ピサック
ペルー / 遺跡・史跡
住所:Parque Arqueologico Pisac 4.7·1

3.サクサイワマン(Sacsayhuaman):手軽に行ける!広大な土地に広がる城壁

  • 【クスコ サクサイワマン(Sacsayhuaman)】広大な土地に大きな建造物がどーん、どーんといくつも建ってます。

クスコの街から一番近い場所にある遺跡のため行きやすいです。インカ時代の戦いの為に作られた城壁で、ジグザグとした形を描いています。広大に広がる土地にピクニックさながら座ってのんびり寛ぐ観光客や家族などもいるので、時間がある人は、遺跡に囲まれて芝生の上でのんびりするのも贅沢ですね。

  • 【クスコ サクサイワマン(Sacsayhuaman)】立派な石組み

近づくと、どのくらいの大きさの石が使われているかが良く分かります。この写真の6倍くらいの石もあったりするので、昔の人の技術に驚かされます。

  • 【クスコ サクサイワマン(Sacsayhuaman)】丘からの景色

時間がある方は、ぜひ丘に登って一望すると、より遺跡全体が見渡せて感動が広がることでしょう。

サクサイワマン
ペルー / 遺跡・史跡
住所:Sacsayhuaman,ペルー

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じキーワードの記事

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩い...

【ペルー・クスコ】グルメ情報6選!可愛いアルパカの串焼き&おしゃれカフェ&叩いて食べるフルーツ!?

クスコは、多くの観光客がマチュピチュに行く前後に立ち寄る場所です。今回はクスコに1週間ほど滞在した中での、食べてほしいグルメ、行ってほしいレストランやカフェにつ...

【ペルー・マチュピチュ】行く時に確認すべき7つのコト

世界遺産のひとつとして有名なマチュピチュ!人生で一度は訪れてみるべきスポットです。今回は2016年に現地を訪れた筆者が実際に体験し実感した、行く前に確認しておく...

工夫次第で快適に!秘境・マチュピチュへの行き方&楽しみ方のコツ

その構造と歴史に不可解な点が多く、世界中の人々をとりこにし続けるペルーの古代の空中都市、マチュピチュ。日本からはまさに秘境に行く旅になりますが、工夫次第で快適な...

気分はまるで映画のワンシーン!マチュピチュをより楽しむための行き方

天空の城とも呼ばれているマチュピチュ。その絶景を楽しむことはもちろんですが、せっかくなら、そこに向かう道中も楽しみたいですよね?行き方の1つとして、有名な映画『...



この記事を書いたトラベルライター

出国時は1人、旅先で2人★旅先で友達作って一緒に旅する、おおざっぱ計画トラベラー
南国の宮崎生まれ、宮崎育ちです!
最近、上京してきて、日々道に迷っております!

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、
2か月間で弾丸一人バックパッカーを実行!

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。

宮崎や海外の情報をこれから掲載していくので
よろしくお願いします^^

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩い...

これぞガラパゴス諸島!!魚市場にやってくるのは人間だけじゃない?

エクアドルから飛行機で約1時間半、見えてくるのはガラパゴス諸島。様々な動物が共存すると言われています。ガラパゴス諸島の中で2番目に大きい島、サンタ・クルス島にあ...

【ペルー・マチュピチュ村】受賞多数フレンチ&無料アート~村での楽しみ方伝授します~

「マチュピチュ村」。あなたはどんな所かイメージできますか?マチュピチュ遺跡は、よくテレビやガイドブック等で紹介されることがあるのでご存知の方も多いと思います。そ...

【ガラバゴス諸島・イサベラ島】自由奔放な野生のアシカと出会える島!

ガラパゴス諸島には、渡し船などを使って自力で行ける島が3つあります。そのうちの一つが「イサベラ島」。3つの島の中でも、自然や野生の動物が多く存在すると言われてい...

【宮崎】海辺の期間限定イベント「青島ビーチパーク」で夏を満喫!

2018年で4年目を迎える期間限定イベント、青島ビーチパーク(AOSHIMA BEACH PARK)!宮崎市内から車で約25分、空港から車で約20分の場所に位置...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?