ポーランド
ポーランド観光
首都ワルシャワは中世の町並みを復元し世界遺産に

【ポーランド】負の遺産から学ぶ「アウシュビッツ博物館」

取材・写真・文:

東京在住

2018年9月6日更新

864view

お気に入り

写真:Emily

ヒトラー率いるナチス・ドイツが、第二次世界大戦中に造った強制収容所「アウシュビッツ」。当初はポーランド人の政治犯が多く収容されましたが、次第に「労働に適さない」とされた女性・子供・老人、そして「劣等民族」とされたユダヤ人・精神障碍者・身体障碍者・同性愛者を「処分」する「絶滅収容所」になっていきました。戦後、この地はそのまま保存され、博物館として「人類史上最大の負の歴史」を公開し、平和を考えさせる貴重な博物館となっています。今回は、このアウシュビッツ博物館をご紹介します。

アウシュビッツ博物館について

アウシュビッツ博物館はアウシュビッツ1号と呼ばれる収容所と、アウシュビッツ1号から2kmほど離れたアウシュビッツ2号・ビルケナウ強制収容所(以下「ビルケナウ収容所」)から成り立っています。

多くの資料が展示されているのがアウシュビッツ1号、展示を設けず解放当時のまま保存された様子を見られるのが、ビルケナウ収容所です。

  • 写真:Emily写真左にあるのがビルケナウ、中央下がアウシュビッツ。規模の違いがよくわかります。

アウシュビッツ1号収容所

チケット売り場やガイドツアー受付があるのが、このアウシュビッツ1号収容所です。資料が多く、ここで起こった事柄を深く理解するためにも、ビルケナウよりもアウシュビッツ1号収容所から見学を始めることをおすすめします。

収容所入り口「死の門」をくぐって敷地内へ

  • 写真:Emily

収容所の入り口には「門」があり、そこには他の多くの強制収容所と同じく”ARBEIT MACHT FREI”(「働けば自由になる」というドイツ語)が掲げられています。

よく見ると、Bの文字が上下逆(上のふくらみの方が大きくなっている)になっています。これは、この門を作った被収容者がせめてもの抵抗の証として故意に上下逆にしたという説もあります。

「囚人棟」は「資料室」に

  • 写真:Emily

28棟ある「囚人棟」は、今はそのほとんどが「資料室」として使われています。資料室では当時撮影された写真や貴重な資料、そして遺品が展示されています。

  • 写真:Emily

強制収容所に連れてこられた人々の到着直後の写真です。多くの人々はこの到着後、「労働力になるかならないか」「人体実験に使えるか使えないか」で選別され、多くの人は直接ガス室送りになったそうです。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

毒ガスとして使われた「チクロンB」という薬剤。元々は、農作業で用いる殺虫剤として使われていたものです。チクロンBが入っていた空き缶が山済みになって残っているのを見ることもできます。

このアウシュビッツ強制収容所に、約20トンのチクロンBが納入されたという納品書が、チクロンBの製造会社に残っているそうです。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

この強制収容所に送られてきた人々の「遺品」。義足もこれだけ多いことから、障碍を持っていた方々も容赦なくここに連れてこられたことが分かります。カバンや靴も山積みになって残されていることから、本当に多くの方々がここに送られてきたことも分かります。他にも、小さい子のおもちゃや洋服もたくさんありました。

「囚人」の日々の生活を知ることができる資料も見られます。

  • 写真:Emily

当時の食事の内容。具のないサラサラのスープ1杯に、石のように硬いパンだけの食事だったそうです。

  • 写真:Emily

この女性はもともと75kgだったのですが、この収容所の生活で25kgくらいになってしまい、本当に「皮と骨」だけの状態になったそうです。

  • 写真:Emily

展示室と展示室をつなぐ廊下には、この強制所で亡くなった方々お一人お一人の写真を見ることができます。廊下ずっとに続く写真の数々…お一人お一人の人生が突然ここで絶たれたと考えると、いたたまれない気持ちになります。

ガス室

  • 写真:Emily

アウシュビッツ1号収容所に連れてこられた人の多くが命を落としたこの「ガス室」は、もともと遺体置き場でした。

  • 写真:Emily

チクロンBが投げ入れられた天井の穴も見ることができます。

  • 写真:Emily

遺体を焼くための焼却炉は当時3台あったそうですが、今は2台が残されています。

「死の壁」

  • 写真:Emily

ここアウシュビッツ1号収容所で、多くの人々が命を落としたのはガス室だけではありません。この「死の壁」は、2~3時間というとても形式的な短い裁判のあと、「死刑」と宣告された人を銃殺した場所です。ここで命を落とした人は数千人。今でも献花が絶えません。


アウシュビッツ2号 ビルケナウ収容所

  • 写真:Emily

ビルケナウ収容所はアウシュビッツ1号収容所よりも広く、300棟以上のバラックが立ち並ぶ大規模な収容所でした。

  • 写真:Emily

鉄道の引込み線が1本、まっすぐ敷地内に入り込んでいく景色が、当時列車に強制的に乗せられこの地に連れてこられた人々の運命を表しているようで、言葉で表せない悲しい印象を与えます。

敷地内

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

解放当時のまま保存された広大な敷地には、点々と木造のバラックが建てられており、自由に内部を見学することができます。当時の「地図」を見ると、数多くのバラックが建てられていたことが分かります。

  • 写真:Emily

点々と建っている「筒」は、ナチス軍が証拠隠滅のためにバラックに火を放った時に、焼け尽くされることなく残った煙突。この煙突の数だけバラックが立ち並んでいた、ということです。

バラック内

  • 写真:Emily

バラックの中に入ると、本当に「板一枚」で作られただけの建物だった、ということを実感できます。とても広いバラックに簡単なストーブが一台のみ。冬には雪が積もる極寒になるこの地で、これだけ簡素なバラックに多くの人々が「詰め込まれていた」ということを思うと驚愕です。

また、トイレも「バラックの中央通路部分に穴が空けられただけの台に座って用を足す」ものだったため、下水道も無いので疫病が蔓延し、それによって命を落とす方も多かったとのこと。

  • 写真:Emily

当時の様子も写真で見られます。ベッドも「薄い板一枚」のみで、まるで「蚕棚」だったそうです。

次のページを読む

ポーランドの旅行予約はこちら

ポーランドのホテルを探す

ポーランドの航空券を探す

ポーランドのパッケージツアーを探す

ポーランドの現地アクティビティを探す

ポーランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...


【ポーランド】古都クラクフをのんびり楽しむ街歩き

かつてポーランドの首都として栄えた街クラクフ。第二次世界大戦時の大きな打撃を免れ、かつての繁栄の面影を感じる景色が今もなお残っている旧市街は世界遺産にも登録され...

【ポーランド】花柄で彩られた村「ザリピエ」の魅力とアクセス方法

フラワーペイントが施された家が点在するポーランドの田舎村、ザリピエ。ポーランド南部に位置します。公共交通機関がミニバスのみ、とアクセスが難しいのですが、日本人の...


欧州ポーランドが生んだ作曲家、ショパンづくしの旅!

1810年にポーランドに生まれた作曲家でありピアニストのショパン。ポーランドのみならず世界的に有名で、今日でもノクターンやワルツなど広く人々を魅了する音楽が生き...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【フランス・トゥールーズ】 公共交通機関を使いこなそう!

パリから1時間ほどのフライトで着く、フランス第5の都市、トゥールーズ。美しい建物が多いことから「バラ色の都市」とも呼ばれています。今回はそんなトゥールーズを安く...

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...


【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?