ポルトガル
ポルトガル観光
ユーラシア大陸最西端の国で見たい美しい町並み

ポルトガルの装飾タイル「アズレージョ」・陶器を巡る旅!

2018年3月26日更新

844view

お気に入り

ヨーロッパの最西端にある国・ポルトガルは、古くから日本と交易関係があり、日本にはポルトガルから伝わった文化が多くあります。またポルトガルは日本だけでなくアジアや中東、ヨーロッパからの文化が交差した土地でもあり、中でも装飾タイルの「アズレージョ」や「陶器」、「コルク」などの素材が有名な国です。今回は、ポルトガルの首都リスボンで見つけた美しい「アズレージョ」や、果物やイワシの形をした「陶器」など、お土産としても重宝するポルトガルのものづくりについてご紹介します。

「アズレージョ」とは?

装飾タイルを意味するアズレージョという単語は、アラブ語で「モザイク片」を意味する”az-zuleycha”に由来するといわれています。

正方形のタイルに、顔料で幾何学模様や身の回りの動植物の絵が描かれています。オランダのデルフト焼に見られるようなブルーの顔料で描かれたタイルから、イスラム系のアラベスクのような色とりどりの幾何学模様を合わせたタイルなど、様々な種類があります。

  • 装飾タイル

首都リスボンを始めとするポルトガルの街には、建物や地面、標識などにこうした装飾タイル「アズレージョ」を見ることができ、アズレージョが街全体を色鮮やかなものにしています。

  • 装飾タイルの美しいお店

アズレージョはイベリア半島によく見られますが、元々はアラブの文化に強い影響を受けていたスペイン、特に南スペインのアンダルシア地方で用いられており、スペイン・グラナダのアルハンブラ宮殿にも多く用いられています。そして15世紀に入ると、ポルトガルにもその技法が伝わったようです。その頃の主流は、幾何学的な模様のモザイクタイプでした。

  • リスボンの名所発見のモニュメント近くにあるタイル

その後、17世紀に入ると人物や花、動物といった絵柄も取り入れるようになり、歴史上の物語も描かれるようになりました。ポルトガルの多くの教会や建物には、こうしたデザインのアズレージョが飾られています。

  • 展望台の眺めマップも装飾タイル!

アズレージョ博物館でアズレージョの世界の奥深さを知る!

  • 長~いアズレージョ

ポルトガルの首都リスボン市内にあるアズレージョ博物館では、アズレージョの歴史的変遷や歴史を学びながら、様々な種類の装飾タイルを見て回ることができます。

  • アズレージョ博物館

展示スペースは、タイルに描かれる際に使用される顔料や道具の展示から始まり、時代ごとで異なるタイルを見ることができます。青い顔料で描かれる緻密な絵(街や宗教画、動植物、幾何学模様など)が、大小様々な白いタイルに描かれています。

  • アズレージョの顔料
  • 煌びやかな壁画タイル

また、黄色や青のグラデーションをたくみに組み合わせて幾何学模様を表現したものもあります。

20世紀に入ってから描かれた近代的なアズレージョの中には、海辺を吹く潮風を表現したかのような、ポルトガルらしいアズレージョもあります。

  • モダンなアズレージョ
  • 様々な種類の装飾タイルがある

アズレージョ博物館内には、中庭に面してカフェも併設されています。そこにある昔のかまどを模しただまし絵風のアズレージョが独特の世界観を醸し出しており、素敵な空間となっています。

  • だまし絵風のアズレージョ
  • 博物館内の装飾タイル
国立アズレージョ博物館
ポルトガル / 博物館・美術館
住所:R. Me. Deus 4, 1900-312 Lisboa, Portugal
Web:http://www.museudoazulejo.gov.pt/

果物や野菜に似せた陶器

装飾タイルといった焼物・絵付け文化が文化遺産のような存在であるポルトガルで、ぜひチェックしたいものが他にもあります。それが、果物や野菜に似せた陶器です。中でも、BORDALLO PINHEIRO(ボルダロ ピニェイロ)社は、1884年に創業されたポルトガルでは有名な老舗陶磁器ブランドです。

  • 果物や野菜を模した陶器

特に有名なのが、レタスを模した器です。新鮮なレタスの葉脈がよく表現されており、陶器という硬い素材でありながらレタス本来の質感の特徴がよく出ている傑作です。他にもイチゴやトマト、パプリカやブドウなど、見ているだけでワクワクするような作品がたくさんあります。

こうしたボルダロ ピニェイロ社の陶器は、リスボン市内の様々なお土産物ショップで取り扱われています。因みに先に紹介したアズレージョ博物館のミュージアムショップでも、陶器を見つけることができます。

  • アズレージョ博物館内のミュージアムショップで購入できる陶器(ニワトリ置物:€37=約4,900円、チーズ皿€22=約2,900円)

他にも、リスボン市内のお土産もの屋さんには必ずと言っていいほど陶器の置物や雑貨があります。炭火の塩焼きにして食べるイワシや、タラの仲間であるバカラオを模した陶器など、かわいいものがたくさんあります。

  • アズレージョ風イワシの置物。€9.90=約1,300円
  • 炭火塩焼きでいただくイワシ。

最後に

装飾タイルに果物の器といった陶器・・・ポルトガルの旅の記念に、ぜひこれらを見て回ってポルトガルの手仕事の独自性・奥深さに触れてみませんか?

  • Lisbonのトラム

【関連記事】
食も雑貨もクラフトも!ヨーロッパの屋内マーケット厳選8選!(ポルトガルのTime Market)

※記事内のユーロから日本円への換算は1ユーロ=約132円で計算しています。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月7日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...

食も雑貨もクラフトも!ヨーロッパの屋内マーケット厳選8選!

旅する最大の魅力の一つは、やはり現地の食文化や生活に触れることではないでしょうか?民族も言語も、日々の暮らしから生まれた食文化や生活習慣も異なるヨーロッパの国々...


【ポルトガル】リスボン観光で欠かせない5つのコト!

ヨーロッパの国の中で、日本とのかかわりが一番長いポルトガル。街を散歩していると、心なしか懐かしい香りがしてきます。そんなポルトガルの首都・リスボンを観光するにあ...

海外旅行のお土産にも!ヨーロッパの美味しいお酒4選

海外旅行の楽しみは観光だけでなく、現地のお酒を味わうのもひとつでしょう。世界には珍しいお酒がたくさんありますが、今回は旅の土産にもおすすめの、ヨーロッパの美味し...


メルヘンなアゲダの傘祭り&ポルトガル旅行で欠かせない4つのコト

ヨーロッパの一番西に位置するポルトガル。穏やかなこの国ですが、あまり詳しくご存じでない方も多いのではないでしょうか。大西洋に面しており国境をスペインに接するポル...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【フィンランド】独立100周年限定商品を買い集めるヘルシンキ街歩き

2017年はフィンランドがロシア帝国から独立を果たしてちょうど100周年の年。フィンランド国内外では、100周年記念を祝う催し物が数多く開催されています。そんな...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でポルトガルの音声ガイドを聴く

ポルトガルの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?