埼玉
埼玉観光
経済的に発展しながら、自然も豊か

【埼玉・飯能】3か月限定!おすすめは「チームラボ 森と湖の光の祭」×「メッツァビレッジ」でよくばりに楽しむ一日♪

取材・写真・文:

千葉在住

2018年12月14日更新

1,738view

お気に入り

写真:にじねこMii

埼玉にある、北欧をテーマにしたスポット「メッツァビレッジ」では、2018年12月1日から「チームラボ 森と湖の光の祭」が開催されています。実はこちら3か月間だけの限定イベント!昼間は「メッツァビレッジ」のゆったりした北欧時間を楽しみつつ、夜は「チームラボ 森と湖の光の祭」の自然と一体化した野外アートを満喫するよくばりな一日プランはいかがですか?

この記事の目次表示

「Metsa village(メッツァビレッジ)」とは?

  • 写真:にじねこMii

メッツァとはフィンランド語でという意味。メッツァビレッジは埼玉県飯能市にある宮沢湖の畔に、2018年11月9日にオープンしました。

メッツァビレッジには、主に北欧をイメージして作られた施設が集まっています。様々な北欧の味やライフスタイルをテーマにしたレストランやお店の他、カヌーに乗って湖からの景色を楽しんだり、ほっこりとするような自分だけの小物が作れるワークショップ体験ができるんです♪

メッツァビレッジに入るのに、特に入場料はかかりません。豊かな自然の中で、のんびりとゆるやかな、心地よい時間を過ごすのに最高の場所です。2019年3月16日には、さらにその奥に「ムーミンバレーパーク」がオープンする予定です。

「チームラボ 森と湖の光の祭」って?

  • 写真:にじねこMii

東京の豊洲の「チームラボ プラネッツ」やお台場の「チームラボ ボーダレス」など、各地で話題となった「チームラボ」はDigitized Natureというアートプロジェクトを行なっています。非物質的であるデジタルテクノロジーによって、自然が自然のままアートになるというプロジェクトのもと、宮沢湖とその湖畔の森を、人々の存在によって変化する光のアート空間にしようというものです。

詳しくは記事後半でご紹介しますので、お楽しみに!


日中は「メッツァビレッジ」の余白の時間を楽しもう

  • 写真:にじねこMii

こちらのチームラボは野外での光の展示のため、始まるのは日が暮れてからです。なので明るいうちは、メッツァビレッジで北欧時間を思いっきり楽しんじゃいましょう!

ここでのおすすめは、北欧の生活にあるような、仕事や悩みごとから解き放たれてのんびりゆったりと過ごす時間を楽しむこと。つまりは余白の時間。どこかに出かけると、ついあれこれと何かをやりたくなってしまいますが、たまにはのんびりと過ごすのはいかがですか?

【1】ワークショップスペース「Craft bibliotek(クラフトビブリオテック)」で自分だけのステキなものを作る

日によっても作る内容は変わりますが、アクセサリーやあみもの、アイシングクッキーなど、様々なモノ作りが体験できます。ゆったりとリラックスした気分で作れば、きっととっておきのものができそう♪

  • 写真:にじねこMii
クラフトビブリオテック
埼玉 / 体験・アクティビティ
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァビレッジ地図で見る
Web:https://metsa-hanno.com/metsavillage/facility/

【2】宮沢湖の畔をゆったりお散歩

ドリンクを片手に、季節の移り変わりを感じながら、のんびりと湖畔を歩くのもぜいたくな時間です。ワンちゃんと一緒にお散歩を楽しむ人もたくさんいました。

  • 写真:にじねこMii

【3】カヌーでアクティビティ体験

ちょっとアクティブな時間も過ごしたいという人は、カヌーなんていかがでしょう? カヌー体験のチャンスなんてめったにありません。 筆者も乗る気満々でカヌーレンタル受付に向かいましたが、残念ながら受付は予定よりちょっと早めに終了していました‥。ぜひ乗りたい!という人には、早めの受付をおすすめします。

  • 写真:にじねこMii
  • 写真:にじねこMii

すぐ近くには「Sagverk(ソグベルク)」というカヌー工房があり、中には作りかけのカヌーが置いてあります。カヌーってこんな風にして作るんだ!と思わず目から鱗。オリジナルのカヌー作りや、木製のマグカップ「ククサ」、「バードコール(鳥笛)」などが作れるワークショップ体験のほか、手作りの小物を買うこともできます。

  • 写真:にじねこMii
  • 写真:にじねこMii
名栗カヌー工房 Sagverk
埼玉 / 体験・アクティビティ
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ地図で見る

【4】湖畔のチェアでのんびり過ごす

メッツァビレッジでは、いたるところにのんびりとくつろげるチェアが置いてあります。そこでドリンク片手にくつろぐもよし。読書するもよし。ゆったりとした時間が過ごせること間違いありません♪

  • 写真:にじねこMii

【5】お腹がすいたらどれを食べよう?

何か食べたいな、と思ったらレストランやカフェが入っている「Viking hall(ヴァイキングホール)」へ!

  • 写真:にじねこMii

1階には丸ごとトマトの料理を中心にしたレストラン「農家が作るtomateria GOTO」や、子どもから大人まで大好きなハンバーグの専門店「ハンバーグの時間」など、全部で5店舗のお店が入っています。

2階に上がると、「LAGOM(ラーゴム)」という、北欧のかわいらしいオープンサンド「スモーブロー」の専門店があるので、ぜひ北欧ならではの味を堪能するのはいかがでしょうか?

また外には野外でクラフトビールやサーモンスープなどが楽しめる「Utepils(ウーテピルス)」というお店があり、気持ちのよい空の下でおいしい時間を過ごすことができますよ♪

農家が作るtomateria GOTO
埼玉 / 洋食・西洋料理
住所:メッツァビレッジ Viking hall1階地図で見る
Web:https://metsa-hanno.com/guide/808/
ハンバーグの時間
埼玉 / 肉料理
住所:メッツァビレッジ ヴァイキングホール1階地図で見る
Web:https://metsa-hanno.com/guide/809/
ラーゴム
埼玉 / カフェ・喫茶店
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ地図で見る
Web:https://metsa-hanno.com/guide/811/
ウーテピルス
埼玉 / その他レストラン
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ地図で見る

【6】やっぱりショッピングだって楽しみたい!

せっかくだからお土産だって買いたいし、北欧のかわいらしい雑貨も手に入れたい・・!そんな時はヴァイキングホールの隣の建物、「Market hall(マーケットホール)」へ。

  • 写真:にじねこMii

1階には主に北欧の食品や埼玉の地元のお土産が置いてあるほか、カフェや和スイーツ、ソーセージなどの肉製品のお店があります。

  • 写真:にじねこMii

「武蔵利休」は狭山茶の名店「新井園本店」が運営しており、寒い時期にもかかわらず大人気!抹茶ソフトは甘みを抑えたコクのあるオトナの味でおススメです☆

また、ソーセージグリル専門店の「SAIBOKU」は1946年創業で、メッツァビレッジから車で15分の所に本店があります。牧場で豚を育てるところから、ハムやソーセージの製造、販売までを手掛けているんだそうです。ウィンナーカップではジューシーで優しいお味の2種類のウィンナーが楽しめます!

  • 写真:にじねこMii抹茶ソフトクリーム 税込380円
  • 写真:にじねこMiiウィンナーカップ 税込400円
武蔵利休
埼玉 / スイーツ
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ地図で見る
Web:http://www.araienhonten.co.jp/index.html
サイボク
埼玉 / 肉料理
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ地図で見る
Web:http://www.saiboku.co.jp/

「べジタワー」には色とりどりの地元野菜がいっぱい!農薬や化学肥料を使わずに育てられているそうです。中にはスーパーではあまり見かけない珍しい野菜もあるので、これを機に試してみるのもいいかも?

  • 写真:にじねこMii
ベジタワー
埼玉 / スーパーマーケット
住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ地図で見る
Web:https://metsa-hanno.com/guide/167/

2階に上るとオシャレな北欧雑貨のお店が並びます。大胆で色鮮やかなデザインの雑貨からかわいらしい帽子、そしてユーモアにあふれたものまで、思わずどれも欲しくなっちゃう!

  • 写真:にじねこMii
  • 写真:にじねこMii

またイベント広場前にある「Metsa hall(メッツァホール)」では、2018年12月25日までX'mas Marketが開催されています。店内にはおしゃれでかわいらしい北欧グッズが所狭しと並んでいて、思わず目移りしちゃいますよ!

  • 写真:にじねこMii

次のページを読む

埼玉の旅行予約はこちら

埼玉のホテルを探す

埼玉の航空券を探す

埼玉のパッケージツアーを探す

埼玉の現地アクティビティを探す

埼玉のレンタカーを探す

埼玉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

3月のイベント・行事39選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

3月はひな祭りに桜まつりなど、春を感じるイベント・行事が目白押し。チームラボによる広島城のアートイベントや横浜・パンのフェスなど、話題のイベントも各地で行われま...

小江戸・川越で行きたい!SNS映えスポット15選

古くから商人の町として賑わった町、埼玉県・川越。「小江戸」とも呼ばれており、蔵造りの町並みをはじめ、季節ごとに祭りが行われる「川越氷川神社」など、インスタグラム...


涼やかな音色で日本の夏を感じる”風鈴まつり”10選

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を涼やかに感じる「風鈴まつり」。たくさんの風鈴が一斉に風にそよぐ姿と、その音色は...

日本一&三大花火も!日本のスゴイ花火大会12選

日本の夏の風物詩と言えばやっぱり花火大会!日本一打ち上げ数の多い花火大会や、日本三大花火大会をはじめ、全国各地で度肝をぬく花火大会が開催されています。夏の思い出...


川越散歩でお土産みつけた!話題のドレッシングから蔵町パンまで13選

埼玉県・川越の魅力は、タイムスリップしたような蔵造りの町並みや、昔懐かしい菓子屋横丁など、歩いて散策できるスポットが集中していること。その上、おいしい食べ歩きグ...

この記事を書いたトラベルライター

元バックパッカー、今はママライター。たくさんの楽しいを見つけたい!
独身時代はニュージーランドでのワーキングホリデーを経て、ヨーロッパを半年間放浪していました。それでも飽き足らず、その後は住み込みの派遣の仕事をしながら国内を転々としましたが、現在は2児の母。

今はもっぱら子どもたちとの国内旅とスキマ時間にいく日帰り一人旅が多いです。

山やアウトドア、キャンプも好きだけど、最近は近場の街で穴場を発見するおもしろさにも目覚めた私。千葉・東京を中心に、意外と知られていないおすすめのスポットをみなさんにご紹介していきたいと思います♪

夢は子どもたちとのバックパッカー旅。世界はまだまだ出会ったことのないもので溢れてる!


【好きなもの、興味のあるもの】
🌸世界各国の料理
🌸日本各地のご当地グルメ
🌸江戸の庶民文化

ブログも日々更新中♪

記事の執筆依頼お受けします。
https://cmiyumiyu.hateblo.jp

【東京】アンテナショップは美味しいもの天国!ご当地グルメとローカルおすすめの地元愛されお菓子をみつけよう♪

東京都内には、全国各地の個性豊かなアンテナショップがたくさんあります。それぞれのお店には自慢の名産品や特産物が所狭しと並んでいて、どれを選べばいいのかついつい迷...

チンチン電車でゆく!【東京】下町駄菓子屋もんじゃ「こどもの家きくや」と王子稲荷神社

東京の粉もんといえばもんじゃ焼きが有名ですよね。実は昭和40年代位まで、もんじゃ焼きは下町の子どもたちが駄菓子屋で食べていたおやつだったんです!そして都電荒川線...


【山形】神々の地「出羽三山神社」から日本海に沈む夕日まで〜心も身体もキレイになれるオトナ女子のための癒しスポット5選

旅といえば、日常から離れて心と身体をリセットすることも目的のひとつですよね。今回は山形・庄内地方から、パワースポットとして知られる「出羽三山神社」を始め、ちょっ...

【東京】相撲以外もおもしろい!いろんな江戸が発見できちゃう両国のおすすめスポット7選

両国といえば皆さんご存知、相撲好きのメッカ!また、すぐそばには「江戸東京博物館」という、東京について丸ごと知ることができる大きな博物館もあります。でも実はこの両...


「矢切の渡し」に乗って東京・柴又散策~松戸・戸定邸見学を楽しもう!

気持ちのよい川風に吹かれながら、柴又~松戸へと渡る渡し舟の旅はいかがですか?東京・柴又から少し足を延ばすと「矢切の渡し」で千葉・松戸へ行くことができるんです。柴...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?