サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

サンフランシスコで楽しむパブリックアート!おすすめイルミネーションアート8選

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:24ヶ国

2021年1月8日更新

83view

お気に入り

写真:KatieM

その都市ならではのインスタレーション・アート鑑賞も観光の楽しみのひとつ。今回は暗闇に光を放つイルミネーションをテーマに、サンフランシスコで楽しめる無料のパブリック・アートをご紹介します。どれも一年中楽しめる作品ですので、いつでも観覧が可能です。旅行の際にぜひチェックしてみてくださいね。

この記事の目次表示

【1】The Bay Lights(ベイ・ライト)by Leo Villareal (2016)

  • 写真:KatieM

サンフランシスコの夜景に欠かせないのが、ベイブリッジ!ベイブリッジと光のコラボレーションは、アメリカ人アーティスト「レオ・ビシャレアル」によって2016年に完成しました。

  • 写真:KatieM

サンフランシスコとオークランドを結ぶ全長約3キロの橋に、 2万5,000個のLEDライトがそれぞれ独立して光り、さざ波のようなゆらぎのある光の流れを楽しめます!

  • 写真:KatieM

当初は2年限定での公開の予定でしたが、市民や団体の寄付により2021年1月現在もこのイルミネーションは継続中。橋自体はサンフランシスコ湾からならどこからでも良く見えますが、特にフェリーターミナルとピア33の間のボードウォークは見晴らしが良くおすすめですよ!

サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ
サンフランシスコ / 橋
住所:San Francisco – Oakland Bay Bridge, San Francisco, CA地図で見る

【2】BUCKYBALL(バッキーボール)by Leo Villareal (2016)

  • 写真:KatieM

同じく「レオ・ビシャレアル」の作品であるバッキーボールは、フェリーターミナルから徒歩圏内にあるピア16のエクスプロラトリアム・プラザに位置します。

  • 写真:KatieM

サッカーボールのような形が特徴のこのモニュメントは、7.5メートルの高さと五角形と六角形を結合させたような形が特徴です。中には4,500個ものLEDライトがプログラムされており、なんと1,600万種類もの微妙な色合いを演出できるとのこと。

  • 写真:KatieM

ちなみにこのバッキーボールは、1985年に発見された炭素分子がモデルになっているのだそう。サンフランシスコ湾を背景に、多様に光り輝く近未来的な球体の輝きを眺めてみてください。

バッキーボール(アート作品)
サンフランシスコ / その他スポット
住所:89 The Embarcadero, San Francisco, CA 94111地図で見る
Web:https://www.exploratorium.edu/visit/calendar/bucky...

【3】LANGUAGE OF THE BIRDS(鳥の言葉)by Brian Goggin and Dorka Keehn (2008)

  • 写真:KatieM

中華街とイタリア街・ノースビーチを繋ぐ、小さな広場に設置されたインスタレーションアートが「鳥の言葉」。羽の角度など本物の鳥そっくりに作られており、まるで広場の上を鳥が飛んでいるように見えます。

  • 写真:KatieM

ただし、よく見るとその鳥は本の形をしており、真下から見上げるとその本に書かれている言葉を読み取ることもできます。そしてその言語も英語だけでなく、中国語とイタリア語なのもこの界隈を象徴しているかのよう!

  • 写真:KatieM

夜になると太陽光発電によってLEDライトが輝くこのアート作品、カリフォルニア州ではじめて太陽光発電を使った作品としても知られています。まるでヨーロッパの街角のようなイタリア街に、しっくりと馴染むパブリックアートです。

鳥の言葉(アート作品)
サンフランシスコ / その他スポット
住所:320 Columbus Ave, San Francisco, CA 94133地図で見る

【4】ANIMA(アニマ)by Jim Sanborn (2006)

  • 写真:KatieM

ミッションベイにある彫刻のような光のイルミネーション・アート「アニマ」は、アメリカ人彫刻家「ジム・サンボーン」による作品。サンボーンは、アメリカCIA本部・正面玄関前にあるアートピースを手掛けたことでも知られています。

  • 写真:KatieM

アニマもCIA本部に置かれたクリプトスと呼ばれる作品に似たテイストで、円形状のメタルでできたパネルに多言語のアルファベットや漢字で形成された詩が掘られています。

  • 写真:KatieM

暗くなると中央から光が漏れて、映える写真が撮れるだけでなく、幻想的な彼の世界観を楽しめますよ。

アニマ(アート作品)
サンフランシスコ / その他スポット
住所:1700 Owens Street, Alexandria Real Estate Equities地図で見る

次のページを読む

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年1月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っ...


【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

【サンフランシスコ】アルカトラズ島の刑務所に潜入!

かつて、「世界で最も脱獄の難しい刑務所」といわれていたサンフランシスコ湾の真ん中に浮かぶアルカトラズ島の刑務所。現在は一般公開しており、当時の生々しい様子を見学...

NBAウォリアーズがサンフランシスコに! 新拠点チェイスセンターがオープン

全米プロバスケの強豪、ゴールデンステート・ウォリアーズの新しい本拠地として2019年9月サンフランシスコ市内に完成した「チェイスセンター(Chase Cente...

サンフランシスコ発!Heath Ceramicsの工場へ行こう

シンプルなのに柔らかいフォルムと独特の色遣いで人気の陶器ブランド、Heath Ceramics(ヒースセラミックス)。サンフランシスコの北隣り、サウサリートで作...

この記事を書いたトラベルライター

旅好きウェブライター
大学留学をきっかけに渡米してはや20+年。州立大学を卒業後ニューヨークで就職。長年に渡るニューヨーク生活を経て現在はサンフランシスコ市内に在住。とにかく旅行が大好き!旅先では主に、カフェ・絶景スポット・世界遺産巡りを楽しんでいます☆
http://sfbliss.com

ハワイ島ならではのお土産が見つかる!こだわりが光るお店8選☆

ハワイ諸島の中でも最も面積が広く、大自然が魅力のハワイ島。ゆったりと何もしない優雅な時間を楽しんだ後は、Made in the Big Islandのこだわりが...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...


【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【グランドサークルの回り方】実際にレンタカーでドライブした9泊10日のモデルコースを大公開!

グランドサークルの旅行を計画する際にまず悩むのがそのコース。行きたいところはたくさんあるけれど、予定日程内に収まるのか、また実際にかなりの長距離を運転できるのか...

【ハワイ島】コナコーストをの〜んびり巡る♪おすすめコーヒー園6選

コーヒーが好きな方なら一度は聞いたことのある「コナコーヒー」世界の生産量をみると僅か1%以下という希少価値の高いコーヒーで、少ない酸味と甘い香りが特徴です。ハワ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります