サンフランシスコの定番・観光スポットならココ!18選

417

view
   2018年2月13日更新

全長が2,737mもある赤い橋「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」がシンボルのサンフランシスコ。”全米で最も歩きやすい街”と称される、様々な国の文化が入り混じった都市で、観光、ショッピング、グルメと思いっきり楽しめます。この記事では、サンフランシスコを旅行する際に、まずはおさえておきたい定番のスポットをご紹介しています。

【1】ギラデリスクエア

ギラデリの工場跡を利用したショッピングモール

サンフランシスコ土産の定番で、日本でも名前の知れた老舗のチョコレートショップ「ギラデリ」。その「ギラデリ」の工場跡を利用した、風格のあるレンガ造りの建物が素敵なショッピングモールです。

中でもやっぱり人気は、カフェを併設した「ギラデリ」のショップ。お土産さがしはもちろん、カフェでいただけるチョコレートが濃厚なアイスも人気です。

ギラデリスクエア

サンフランシスコ / ショッピングモール・デパート

 

住所:900 North Point St, San Francisco

電話:(415) 474-3938

Web:http://www.ghirardellisq.com/

【2】ウェストフィールド・サンフランシスコ・センター

食事に買い物に、使い勝手のいいショッピングセンター

パウエル駅からすぐの場所、サンフランシスコの中心であるユニオンスクエアから徒歩で行ける距離にあるショッピングセンター。天井まで吹き抜けの空間には明るい日差しがはいります。

日本でも人気のアメリカブランドのショップが入っているほか、地下にはスーパーやフードコートがあり、旅行中の食事にもおすすめ。

ウェストフィールド・サンフランシスコ・センター

サンフランシスコ / ショッピングモール・デパート

 

住所:865 MARKET ST SAN FRANCISCO, CA 94103

電話:+1 415-512-6776

Web:https://www.westfield.com/sanfrancisco

【3】アルカトラズ島

脱出不可能な刑務所として知られた島

サンフランシスコ沖の真ん中に浮かぶ島で、1963年まで連邦刑務所として凶悪犯を収容していました。脱獄不可能な刑務所として知られ、映画『アルカトラズからの脱出』で取り上げられています。

現在は米国国立公園局の管理下で観光ツアーが提供されており、独房や監視室から当時の様子をうかがうことができます。

アルカトラズ島

サンフランシスコ / その他スポット

 

住所:Alcatraz Island, San Francisco

Web:http://www.alcatrazcruises.com/

【4】ピア39

ひなたぼっこをする野生のアシカに癒される

フィッシャーマンズワーフの中でも、観光客が多く訪れ最も賑わいを見せている桟橋が、ピア39です。西海岸の陽気な港町の雰囲気のなか、レストランやお土産屋さんが並び、名物のクラムチャウダーもぜひここで味わって。

見どころは、ごろごろと寝そべってひなたぼっこをしている野生のアシカ!またアルカトラズ島やゴールデンゲートブリッジも眺めることができます。

ピア39

サンフランシスコ / 町・ストリート

 

住所:Beach St @ The Embarcadero, San Francisco

電話:+1 415-705-5500

Web:http://www.pier39.com/

【5】フェリービルディング

お洒落なショップやカフェ・レストランが連なる

サンフランシスコ湾を行き交うフェリーの発着所であり、地元産のオーガニック食品が人気を集める市場。お洒落な雰囲気のショップが多く、オリーブオイルやチーズ、塩などの専門店が軒を連ねます。

またレストランやカフェもあり、日本で人気のブルーボトルコーヒーやダンデライオンチョコレートも入っています。中でも「Hog Island Oyster Co(ホグオイスターバー)」が有名。

フェリービルディング

サンフランシスコ / ショッピングモール・デパート

 

住所:1 Ferry Bldg., San Francisco, California

電話:+1 (415) 983-8030

Web:http://www.ferrybuildingmarketplace.com/

【6】ロンバードストリート

”世界で最も曲がりくねった坂道”と言われるフォトジェニックな坂道

ノースビーチから徒歩圏内にある、今ではサンフランシスコの人気の観光スポットとなっている、通称”世界で最も曲がりくねった坂道”。利用するほとんどが観光客と言われるこの坂道は、1ブロックの間にカーブが8箇所あり、車幅も狭く、慣れないドライバーにはスリル満点です。車道の脇には歩道もあります。

ロンバードストリート

サンフランシスコ / 町・ストリート

 

住所:Lombard Street @ Hyde Street, San Francisco

【7】AT&Tパーク

野球チーム「サンフランシスコ・ジャイアンツ」の本拠地

2000年にオープンした、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地。試合がある日はジャイアンツグッズで身を固めたファンがぞくぞくと集まり、地元チームの人気の高さがうかがえます。チケットがなくても外野のゲート越しに観戦できるエリアもあるので、滞在中に一度は足を運びたい。

AT&Tパーク

サンフランシスコ / アウトドア・スポーツ

 

住所:24 Willie Mays Plaza, San Francisco

電話:+1 (415) 972-2000

Web:http://sanfrancisco.giants.mlb.com/sf/ballpark/

【8】アラモスクエア

サンフランシスコの街を見下ろす小さな公園

海外ドラマ『フルハウス』のロケ地としても有名な公園と、その周辺の住宅街。サンフランシスコの街を見下ろすことができる小高い丘には小さな公園があり、パステルカラーが可愛いビクトリア調の住宅が7軒並ぶ姿も望めます。

ビクトリアンハウスの背後にはダウンタウンの高層ビルが立ち並び、その光景を写真におさめる観光客が多く訪れます。

アラモスクエア

サンフランシスコ / 公園・動植物園

 

住所:Hayes St @ Steiner St, San Francisco

電話:+1 415-218-0259

Web:http://sfrecpark.org/destination/alamo-square/

【9】ツインピークス

サンフランシスコで人気の夜景スポット

サンフランシスコの中心に位置する双子の丘。ダウンタウンとサンフランシスコ湾が一望できる展望スポットとして人気です。

昼間でも市内がぐるりと見渡せて充分楽しめますが、日没後のライトアップされた高層ビル群はさらに見もの。グリフィス天文台と並ぶ、サンフランシスコの人気夜景スポットとなっています。

ツインピークス

サンフランシスコ / 展望・景観

 

住所:501 Twin Peaks Blvd, San Francisco

【10】ユニオンスクエア

サンフランシスコ観光の中心となる広場

サンフランシスコ・ダウンタウンの中心にある広場。広場のまわりにはティファニーやルイヴィトン、シャネル、ブルガリなどの高級ブランドショップが集まります。

週末にはダンスや生バンドの演奏、アートフェアなどが頻繁に催され、またクリスマスの時期には、サンフランシスコで一番の高さを誇るクリスマスツリーが飾られ、また特設スケートリンクが設置されます。

ユニオンスクエア

サンフランシスコ / 観光名所

 

住所:Powell Street @ Post Street, San Francisco

Web:http://www.visitunionsquaresf.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!