シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーでおすすめのクラフトビール醸造所5選

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2021年9月15日更新

840view

お気に入り

写真:Mayumi Iwasaki

オーストラリアでも大人気な個性的な味わいの「クラフトビール」。現在オーストラリアには小規模なビール醸造所「ブルワリー(ブリュワリー)」が700軒以上もあると言われていますが、中でもシドニーで訪れたい、定番から穴場まで個性溢れるクラフトビールが飲めるブルワリーをご紹介します。

この記事の目次表示

クラフトビールって何?

「クラフトビール」とは小規模な醸造所で作られたビールのこと。厳選した材料を使いオリジナルの製法で作られたビールは、大手メーカーのように大量生産はできませんが、醸造所によって全く異なる個性溢れる風味やフレーバーが楽しめるのが特徴です。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

世界的に人気のクラフトビールは、オーストラリアでももちろん大人気。国内だけで2021年現在700軒以上ものクラフトビール醸造所(以下ブルワリー)があると言われています。毎年2月にはクラフトビールのランキングを決めるイベント「the GABS Hottest 100(Great Australian Beer SpecTAPular)」も行われ、国内の注目度も抜群です。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

さらに2022年度のオーストラリア予算案で「クラフトビール醸造所への減税案」も発表され、国をあげて大注目している業界でもあります。シドニー近郊にある大小様々なブルワリーでは、地元民達が皆思い思いにビールを楽しんでいるので、是非シドニーに訪れたらブルワリーを訪れ、活気ある雰囲気の中で美味しいクラフトビールを楽んでみましょう。

【1】ニュータウンの老舗「ヤング・ヘンリーズ」

  • 写真:Mayumi Iwasaki

まず最初にご紹介する「Young Henrys(ヤング・ヘンリーズ)」は、シドニーCBDの南西にあるサブカルの街「Newtown(ニュータウン)」にあるブルワリー。ニュータウンとその南西にあるMarrickville(マリックビル)一帯は、実は様々なマイクロ・ブルワリーが並ぶ「クラフトビールの激戦区」でもあります。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

その中でも「シドニーのクラフトビール」と言って必ず名前が挙がる老舗が、ここヤング・ヘンリーズ。表通りから一本入ると人々の明るい笑い声が辺りに響き渡り、外からも活気ある賑わいが感じられる人気店です。お酒を提供する場ではありますが人々の憩いの場でもあるので、女性同士のグループや子供連れのファミリーも訪れ、皆でビールを楽しんでいます。

  • 写真:Mayumi Iwasaki2020年のランキングで9位に輝いたYoung HenrysのNewtowner(375ml $4.69 / ¥380)

因みにこちらの一番人気は、地元に因んだ「Newtowner (ニュータウナー)」のオーストラリアン・ペールエール。地元産のホップを使用するなど地元愛に満ちたペールエールは、ホップの香りと苦味、フルーティな酸味と甘味のバランスがいい、どんな料理にも合う万能ビールです。

  • 写真:Mayumi Iwasaki少しづつ色々なビールが楽しめるテイスティングセット
  • 写真:Mayumi Iwasaki街の酒屋さんに並ぶヤングヘンリーズのクラフトビール

2021年2月に発表されたGABSのランキングでは、数ある強豪を抑え9位にランクインしています。何をオーダーしていいかわからない時は、店員さんのオススメ商品や気になるものを少しづつ試せるテイスティング・セットをオーダーしてもいいですね。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

シドニーで知らない人はいない知名度No.1の人気ブルワリーは、人気カフェやレストラン、ショップや古着屋さんなどが並ぶ人気エリアにあるので、ニュータウン巡りの一環としてもおすすめのスポットです。

ヤング・ヘンリーズ
シドニー / クラフトビール
住所:76 Wilford St, Newtown NSW 2042地図で見る
電話:02-9519-0048
Web:https://younghenrys.com/

【2】パブ飯が美味しい「アトミック・ビア」

  • 写真:Mayumi Iwasaki
  • 写真:Mayumi Iwasaki

「Central(セントラル)」駅のすぐお隣、カフェやレストランが続々とオープンしている注目のエリア「レッドファーン(Redfern)」にある「Atomic Beer Project(アトミック・ビア・プロジェクト)」は、2020年9月にオープンしたばかりのブルワリー兼タップルーム。Botany Road(ボタニー・ロード)沿いにある黒い壁にカラフルに描かれたウォールアートが目印です。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

元倉庫だったという高い天井の広々とした店内の奥には、ステンレスのビールタンクとイメージカラー「アトミック・グリーン」色の長いカウンターが並んでいます。客席は2フロアになっていて、上階はコワーキング・スペースとしても使われていますが、ブルワリーで仕事なんて、何だか捗らなさそうですね。

  • 写真:Mayumi Iwasakiお好きなビールとテイスティングノートが付いたAtomic Paddle($20.00 / ¥1,630)

オリジナルビールの種類は全部で8種類。その他季節ごとの限定商品も並びます。6種類のビールがテイスティングできるAtomic Paddle($20.00)は、定番のペールエール、XPA、IPAと店員さんのオススメを中心にオーダーしましょう。全てにテイスティングノートが付いているので、味を確認しながら楽しめます。

  • 写真:Mayumi Iwasakiスイートチリソースの味付けとカリカリ食感が美味しいAtomic Wings($16.00/ ¥1,300)
  • 写真:Mayumi Iwasaki照り焼きソースに絡めた牛ホホ肉をクロワッサンで挟んだThe Indochina($23.00 / ¥1,875)

またこちらのブルワリーのおすすめは、何よりそのフードメニューのクオリティの高さ。アジアン系レストラン出身のシェフらしくカレーや唐辛子など全体的にスパイシーでオリエンタルな味付けの、本格的なフードが楽しめます。爽やかな炭酸のビールがどんどん進みますし、ビール好きでなくてもフードだけでも大満足できるブルワリーです。

アトミック・ビア・プロジェクト
シドニー / クラフトビール / ランチ / パブ
住所:158 Regent St, Redfern NSW 2016地図で見る
電話:02-8367-5888
Web:https://www.atomic.beer/

【3】個性的なフレーバーが楽しめる「ウェイワード・ブリューイング・カンパニー」

  • 写真:Mayumi Iwasaki

シドニー大学のある街「Camperdown(カンパーダウン)」にある「Wayward Brewing Co.(ウェイワード・ブリューイング・カンパニー)」のオーナーは、元々様々な醸造所の片隅でタンクを借りコツコツとビールを作り続けていたという、文字通りインディペンデントなブルワリー。ブルワリーは表通りから離れた裏路地の奥にあり、テイスティング・ルームはそのお隣にあります。

  • 写真:Mayumi Iwasaki
  • 写真:Mayumi Iwasaki

元ワイン工場だった広い空間にバイクやビールタンクで作った照明が置かれ、ガレージのようなインダストリアルな雰囲気が漂います。可愛らしいパッケージからは想像できないような、秘密の隠れ家のようなイメージです。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

ここのブルワリーの特徴は、ビールのフレーバーや種類がバラエティに富んでいること。カウンターに並ぶタップは全部で19種類で、オリジナルのビールとサイダー13種類に併せて、他のインディペンデントなブルワリーのビールも6種類楽しめます。

  • 写真:Mayumi Iwasaki425mlのSchooner(スクーナー)で$6.00〜6.50(¥490〜530)

定番の爽やかなペールエール「Everyday Ale」やIPA、HAZY MIDなどAIBA(Australian International Beer Awards)で金賞を受賞したビールがズラリと並びますが、時期が合えば是非季節の限定商品を試してみては。「Peach and Vanilla Sour」や「Coffee and Coconut Stout」など名前を見ているだけでも美味しそうなビールばかりです。

  • 写真:Mayumi Iwasakiカラフルなパッケージが可愛いウェイワードのビールは、お土産にも。

またパステルカラーの缶パッケージは、思わずジャケ買いしてみたくなる可愛いさ。AIBAで金賞も受賞している「Raspberry Berliner Weisse」は独特の酸っぱさがクセになる、超個性的なラスベリー味のビールです。ビールやお酒の苦手な人にもオススメですよ。

  • 写真:Mayumi Iwasaki

他にもアルコール入りの炭酸飲料・ハードセルツァーの「W Seltzer」は、マンゴーやピーチのほんのりした甘さとキツめの炭酸が爽やかで、さらにグルテンフリーで糖分も控えめ。ジュースのようにグビグビ飲める美味しさですが、くれぐれもお酒なので飲み過ぎにご注意ください。

ウェイワード・ブリューイング・カンパニー
シドニー / クラフトビール
住所:1 Gehrig Ln, Camperdown NSW 2050地図で見る
電話:02-7903-2445
Web:https://www.wayward.com.au/cellar-bar

次のページを読む

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シドニーで食べたい!定番オーストラリアンフードとおすすめレストラン

オペラハウスなどの観光地やコアラやカンガルーなどの野生動物と違って、あまり馴染みのないオーストラリア料理ですが、実は美味しいものがたくさんあります。今回は在住者...


シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

【シドニー】マンリーでビーチと自然とグルメを満喫

ボンダイビーチと人気を二分する、シドニー湾の北にあるマンリービーチ。松の並木が並ぶ長い砂浜と、大きな波が打ち寄せる美しい海岸、外洋からシドニー湾を一望する岬、グ...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...

シドニーの美しすぎるショッピング街QVB【クィーンビクトリアビルディング】

イギリスの植民地だったオーストラリアには、イギリス文化を色濃く残す建物が今なお残っています。現在絶賛開発ラッシュ中で近代的なイメージのあるシドニーにも、歴史を感...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
https://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産15選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...


シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

オーストラリアに来たらオージービーフやフィッシュ&チップスもいいけど、アジアンフードでホッとしたい時もありますよね。シドニーのチャイナタウンは小さいながらも美味...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります