台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

【台湾】鶏肉飯に半熟目玉焼き!台北の人気店「梁記嘉義雞肉飯」

取材・写真・文:

台湾在住
訪問エリア:4ヶ国

2018年10月12日更新

3,354view

お気に入り

写真:Chocolate ice cream

熱々のご飯に旨味たっぷりの鶏肉がのった鶏肉飯は、台湾の人気グルメの一つです。台北MRT松江南京駅近くの「梁記嘉義雞肉飯」は鶏肉飯の人気店。特に鶏肉飯に半熟目玉焼きをとろ〜っとたらしていただくとたまらなくおいしいんですよ。

この記事の目次表示

台北のおすすめツアー
【★アジアを巡る2都市周遊★シンガポール&台北】せっかくなら2つの都市を巡ろう!マリーナ地区のコスパ抜群の4つ星『ペニンシュラエクセルシオール/1泊』×台北駅前に建つ4つ星『コスモスホテル台北(天成大飯店)/2泊』宿泊 往復送迎なしプラン3泊5日
89,800円~150,800円
【WEB予約限定商品】ひとり旅*〈お仕事前に帰国★成田朝発/成田早朝帰国〉リピーター様続出!穴場的な『VIPホテル』宿泊*送迎なしのフリープラン*台北3泊5日間ひとり旅*
35,100円~62,700円
【夏休み旅行は格安に】WEB予約限定商品#小籠包夕食#十分天燈上げ体験《チャイナエアライン*成田朝発/現地午後発》繁華街中心地にある3つ星ホテル『グリーンワールド花華』宿泊*往復送迎&毎朝食付*台北2泊3日間
37,000円~85,800円

台北MRT松江南京駅近くの超人気店「梁記嘉義雞肉飯」

  • 写真:Chocolate ice cream

台北MRT松江南京駅から徒歩でアクセス可能な「梁記嘉義雞肉飯(リャンジージアーイージーロウファン)」は、鶏肉飯の超人気店。いつも地元民や観光客で賑わっており、お昼時や夕食時であれば行列覚悟で出向く必要があるでしょう。

台湾のご飯ものといえば「魯肉飯(ルーロウファン)」という肉そぼろご飯が有名ですが、鶏肉飯もぜひ試していただきたいグルメです。旨味たっぷりの鶏肉を裂いたものがご飯の上にのっており、魯肉飯に比べてあっさりとした味わいです。

  • 写真:Chocolate ice cream

お店の入り口付近には写真付きのメニューが掲示されており、とてもわかりやすいです。あらかじめ何を注文しようかチェックしておくと良いでしょう。

リニューアルしてきれいになった店内

  • 写真:Chocolate ice cream

実はこのお店、2018年5月にリニューアルしたばかり。きれいになった店内で、オレンジ色の制服をきた店員さんがテキパキと対応してくれます。

  • 写真:Chocolate ice cream

店に入ると店員さんがすぐにメニュー兼注文票を持ってきてくれます。まず欠かせないのが看板メニュー鶏肉飯でしょう。各種小皿料理(小菜單品)やスープ料理(各式湯品)も充実しています。


熱々のお料理がずらり

  • 写真:Chocolate ice cream

注文をすませると、ものの数分で料理が運ばれてきます。料理が運ばれて来ると同時にテーブルでお会計となります。

鶏肉飯に半熟目玉焼きがとろ〜り

  • 写真:Chocolate ice cream

このお店で人気の鶏肉飯の食べ方は、半熟の目玉焼き「荷包蛋」を一緒に注文して鶏肉飯の上にのせ、玉子を崩しながらいただくというものです。鶏肉飯は40元(約147円)、荷包蛋は10元(約37円)です。さっそくいただいてみましょう。

  • 写真:Chocolate ice cream

雞肉飯は、まずこの見た目からして食欲を刺激します。旨みたっぷりの鶏肉に、とろとろの半熟目玉焼きという組み合わせがたまらなくおいしいです。ご飯の下の方にも鶏肉のたれがしみ込んでいて、最後の一口までおいしくいただけます。

スープや小菜もいっしょに

  • 写真:Chocolate ice cream

こちらは台湾で定番のスープ、貢丸湯(肉団子スープ)です。セロリの入った塩気のあるスープにプリプリの貢丸が2個はいっています。こちらは30元(約110円)。小菜単品の高麗菜(キャベツ:小30元)も、シャキシャキしていておいしいです。

台湾の人気グルメに舌鼓「梁記嘉義雞肉飯」

梁記嘉義雞肉飯の半熟目玉焼きのせ鶏肉飯は、毎日行列必至なのも納得のおいしさ。鶏肉飯だけでなく各種小皿料理やスープ料理が充実しているのも、人気の理由の一つでしょう。

食べてみたいけどあまり並びたくないなぁということであれば、朝10時の開店と同時に朝ごはんとして利用するのもおすすめです。ランチであれば11時半頃までに到着すれば比較的すいているでしょう。ぜひ、梁記嘉義雞肉飯で台湾人気グルメを味わってみてくださいね。

梁記嘉義鶏肉飯
台北 / 中華料理
住所:台北市中山區松江路90巷19號地図で見る
電話:02-2563-4671

※記事内の元から日本円への換算は2018年10月現在のレートを利用しています(1元=約3.68円)。

台北の旅行予約はこちら

台北のパッケージツアーを探す

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

台湾暮らしの筆者が厳選!台湾グルメおすすめランキングTOP10

台湾旅行ではひたすらおいしいものを食べ尽くしたい!という方は多いでしょう。この記事では、台湾で暮らす筆者が日本人の口にも合う絶品台湾グルメを、おすすめ店と一緒に...

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...


プチプラも嬉しい!台湾・女子が喜ぶかわいいお土産ベスト10

台湾のお土産はプチプラでかわいいものがたくさんあり、女子の心をくすぐります。今回は、実際に筆者が購入して友人や家族に喜ばれた雑貨や、まだあまり知られていないグッ...

台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...


【台湾】ディープなお店からおしゃれスポットまで!台北女子旅1dayプラン

台北は、魅力溢れる見どころやグルメがたくさんあります。今回は、昔ながらのディープなお店と続々と増えているオシャレスポットなどを厳選して巡る、台湾女子旅1dayプ...

この記事を書いたトラベルライター

台湾の街歩き&グルメ情報ならおまかせ♪
台湾への語学留学、ワーキングホリデーを経て現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。他のWEB媒体ではYui Imaiというネームも使用しています。

台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに♪台湾を中心におすすめの観光スポットやグルメ、お土産情報など、はじめて旅行される方にもわかりやすい情報を発信していきたいと思います。
http://mangoxuehua.blog.fc2.com/

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...

台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...


台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

台湾土産に!台北・迪化街【紅海棠】の小さなプーアル茶がかわいい♪

台湾旅行で気になることの1つがお土産選び。「選ぶの楽しい!大好き!」という方もいれば、「何を差し上げたらよいのだろう」と頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるかもし...


ぜ~んぶおすすめ!台湾旅行で食べたい絶品スイーツ10選【保存版】

台湾にはおいしくて幸せ気分に浸ることのできるスイーツがとにかくたくさん!台湾に長く住んでいる筆者も台湾スイーツが大好きすぎて、お気に入りスイーツ店の前を通るとつ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?