栃木
栃木観光
日光・那須のリゾート地が人気な、餃子の聖地

【栃木】郷土料理のおすすめ15選!栃木名物の食べ物特集

取材・写真・文:

2021年9月23日更新

1,466view

お気に入り

栃木県に伝わる郷土料理をくわしく解説!栃木県へ旅行に行ったら一度は食べてみたい、名物の食べ物・料理をまとめてご紹介します。旅行ツウのトラベルライターおすすめのお店情報もお見逃しなく!

この記事の目次表示

【1】しもつかれ

  • しもつかれ

栃木県を代表する郷土料理が「しもつかれ」です。もともとは初午の日(2月最初の午の日)に、赤飯と一緒に稲荷神社にそなえる行事食でしたが、現在は一年をとおしてスーパーや道の駅などで購入ができます。

しもつかれは、鬼おろし(竹でできた目のあらいおろし器)で大根やニンジンを摩り下ろし、大豆(節分の残り)、鮭の頭、油揚げなどとともに酒粕で煮込んだもの。とても栄養価が高く、栃木県では学校給食で出される地域もあります。

【2】耳うどん

  • 耳うどん

佐野市仙波町に昔から伝わる、耳の形をした郷土料理。テレビ番組『秘密のケンミンSHOW』などで紹介され、佐野市のご当地グルメとして有名になりました。仙波町ではお正月に食べる風習があり、悪魔の耳を食べてしまえば、家の話を悪魔に聞かれず、その年は無事息災で過ごせると言われています。また耳を食べれば悪口が聞こえないため、近隣の人たちと仲良く過ごせるという説も。

現在はお正月に限らず通年食べられており、佐野市の道の駅「どまんなかたぬま」では生の「耳うどん」を販売しています。また野村屋本店では、店内でいただけるのはもちろん、お土産用の「耳うどん」も販売しています。

【3】いもフライ

  • いもフライ

栃木県佐野市のご当地グルメとして人気の「いもフライ」。蒸したジャガイモをカットして串に刺し、衣をつけて揚げたものに特製ソースをかけた料理です。揚げたてでホクホクのジャガイモは甘みがあり、甘すぎないソースとのコンビネーションが絶妙!小腹が空いた時にちょうどいい料理です。佐野市では「いもフライの会」が発足されるほどで、こちらのページからは「いもフライマップ」がダウンロードできますよ。

いもフライのおすすめ店:飯島商店(佐野市)

  • 出典:tripnote.jpいもフライ(1本税込70円)

佐野駅から歩いて5分のところにある駄菓子屋「飯島商店」では、注文してから目の前で揚げる「いもフライ」をいただくことができます。揚げたてのジャガイモとソースのバランスが良く、なんだか昔懐かしい味。さらに1本税込70円とお得に味わえるので、佐野散策の合間にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

飯島商店
佐野市 / 駄菓子屋 / ご当地グルメ・名物料理
住所:栃木県佐野市伊賀町705地図で見る
電話:0283-22-4851

【4】宇都宮餃子

  • 宇都宮餃子

静岡県浜松市と「餃子の街日本一」を争う宇都宮市。1991年(平成5年)に「宇都宮餃子会」が発足されてから、餃子の街として加速していきました。市内や近郊には加盟している店舗だけでも80店ほどあります。宇都宮餃子の最大の特徴は野菜が多いこと。そして餃子のタレはお酢だけや、醤油よりお酢の割合を多くするのが主流(醤油:お酢=3:7がおすすめとのこと)で、好みでラー油を入れます。また多くの店舗では焼き餃子と水餃子を提供しているのも特徴です。

宇都宮餃子のおすすめ店①:宇都宮みんみん 本店(宇都宮市)

宇都宮餃子と言えばココ!と名前があがる、超有名店。昭和33年(1958年)創業の老舗の餃子専門店で、本店は東武宇都宮線「東武宇都宮駅」から歩いて10分ほどの場所にあります。JR「宇都宮駅」からは歩いて15分ほど。メニューは餃子にライスにビール、そして漬物だけ!餃子は焼餃子、水餃子、揚餃子の3種を提供しています。とくにお昼時は行列覚悟でおでかけください。

宇都宮みんみん 本店
宇都宮市 / 餃子 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / ツーリング
住所:宇都宮市馬場通り4-2-3地図で見る
電話:028-622-5789
Web:http://www.minmin.co.jp/

宇都宮餃子のおすすめ店②:めんめん(宇都宮市)

宇都宮市でもトップクラスの人気と知名度を誇る、中華料理屋「めんめん」。「めんめん」の餃子の特徴は黄金色の大きな羽根です。お皿からはみ出すほどの大きな羽で、見た目のインパクトが大!ぱりぱりとした食感が魅力的なだけでなく、流れ出てしまう肉汁を吸い取り逃がさないという役割もあります。

めんめん
宇都宮市 / 餃子 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ
住所:栃木県宇都宮市二荒町5-11地図で見る
電話:028-638-5298
Web:http://utsunomiya-menmen.com/

宇都宮餃子のおすすめ店③:来らっせ本店(宇都宮市)

どの餃子店に行ったらいいか迷う方には、人気の餃子店の餃子が一度に味わえる「来らっせ本店」がおすすめ!宇都宮みんみん、めんめん、香蘭、さつき、龍門の5つの餃子専門店の餃子を食べ比べできる「常設店舗」と、30種類の餃子を日替わりで提供する「日替わり店舗」があります。

日替わり店舗では、300円前後で加盟店の餃子を食べられるだけでなく、いくつかのお店の餃子を一度に食べる事ができるA盛りやB盛り、カレー餃子丼などの変わり種を食べることもできます。

来らっせ 本店
宇都宮市 / 餃子 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 穴場観光スポット / ツーリング
住所:宇都宮市馬場通り2-3-12 MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店地下1階地図で見る
電話:028-614-5388
Web:http://www.gyozakai.com/society/kirasse.html

【5】佐野ラーメン

  • 佐野ラーメン

昔からラーメン店の多い、栃木県佐野市を中心に食べられているご当地ラーメン。佐野ラーメンの特徴は澄んだスープにコシのあるちぢれ麺です。しょうゆベースが特徴と言われていますが、店舗によって塩や味噌、とんこつなど様々で、ともに切磋琢磨しながら工夫を凝らしています。また青竹を使った手打ち麺が特徴ですが、近年は機械を使う店舗も増えてきました。

「佐野ラーメン会」が発足されており、加盟している店舗だけでも70店近く。公式サイトでは、エリアや座席数などから加盟店を探すことができます。

佐野ラーメンのおすすめ店①:らーめん大金(佐野市)

  • 出典:tripnote.jpチャーシューメン(税込730円)

佐野市にあるラーメン店の中でも絶大な人気を誇るお店。佐野厄除け大師からも近い場所にあり、県内外からお客さんが訪れます。人気の一品が「チャーシューメン」。

鶏ガラと野菜からダシをとった透き通る醤油スープに、コシのある自家製の中太の縮れ麺、そして麺を覆いつくすチャーシューの相性は抜群!チャーシューは口の中でとろけるほどの柔らかさです。

らーめん大金
佐野市 / ラーメン / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 佐野ラーメン
住所:栃木県佐野市大橋町3229-7地図で見る
電話:0283-23-1989

佐野ラーメンのおすすめ店②:麺家ゐをり(佐野市)

ラーメン屋さんとは思えないお洒落なカフェ風の店内で、女性でも気軽に入りやすいラーメン店です。「麺家ゐをり」では定番の醤油のほか「うま塩ラーメン」が人気!透明のスープは飲み干してしまいたくなるおいしさです。その他にもみそラーメンや辛みそラーメン、和にぼしラーメン、夏には柚子の冷やし中華、冷やし担々麺、冬には柚子みそラーメン、担々麺とバラエティに富んだラーメンが楽しめます。

麺家ゐをり
佐野市 / ラーメン / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 佐野ラーメン
住所:佐野市植下町1090地図で見る
電話:0283-21-1131

【6】湯波料理

  • 湯波料理

栃木県日光市の名物グルメと言えば「湯波」。日光では「湯葉」ではなく「湯波」と表記します。「ゆば」とは大豆の加工食品のひとつで、四角い鍋に豆乳を入れ沸騰しない程度に加熱し、表面にできる皮膜の下に竹串などを差し込んですくい上げ、乾燥させたもの(乾燥させる前のゆばは、生ゆば)。日光の「ゆば」は、端から一重にすくい上げるのではなく、中央に竹串などを通して二重になるように引き上げるのが特徴です。

湯波料理のおすすめ店①:日光湯波巻き 全 ZEN(日光市)

  • 出典:tripnote.jp日光湯波巻き御膳(2,300円+税)

日光湯波を大胆にアレンジした創作料理が味わえる「全(ぜん)」。店内は古民家を改装したスタイリッシュな空間で、週末には観光客を中心に多くの人で賑わっています。

人気メニューは「日光湯波巻き御膳」。栃木県産の和牛や地元の旬な野菜、魚介を湯波で包み込んだ「湯波巻き」や湯波を使った小鉢、白玉だんごと小豆が入った「生湯波ぜんざい」などが味わえます。見た目がおしゃれで思わず写真に撮りたくなってしまいますよ。

日光湯波巻き 全 ZEN
日光 / 和食 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 一人旅
住所:栃木県日光市上鉢石町1007地図で見る
電話:0288-53-3470
Web:https://nikkoyubamakizen.gorp.jp/

湯波料理のおすすめ店②:日光さかえや 揚げゆばまんじゅう本舗(日光市)

  • 出典:tripnote.jp揚げゆばまんじゅう(1個203円+税)

日光の玄関口「東武日光駅」前に昭和33年に創業。メディアにも多く取り上げられる人気店で、日光名物である日光ゆばをふんだんに使用した「日光ゆばまんじゅう」に、独自の製法で衣をつけカラっと揚げた「揚げゆばまんじゅう」が看板商品です。甘さ控えめで食べやすい餡と塩気が絶妙でクセになる人が続出!小腹が空いたときにぜひいただいて。

日光さかえや 揚げゆばまんじゅう本舗
日光 / スイーツ / ご当地グルメ・名物料理 / かき氷 / 和菓子店 / 和菓子
住所:栃木県日光市松原町10-1地図で見る
電話:0288-54-1528
Web:http://www.sakaeya.net/

【7】大根そば

  • 大根そば

栃木県佐野市を中心に食べられている郷土料理。明治時代から伝わるもので、千切りにした大根を生のまま乗せたり、そばと一緒に茹でて食べます。かつて食糧難の時代に、カサ増しするために大根をそばのように細く切って混ぜたのが発祥という説があります。ヘルシーであることから女性に人気だそう。

次のページを読む

栃木の旅行予約はこちら

栃木のパッケージツアーを探す

栃木のホテルを探す

栃木の航空券を探す

栃木の現地アクティビティを探す

栃木のレンタカーを探す

栃木の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【栃木】車がなくても満喫できる!那須と宇都宮餃子を楽しむ日帰り観光プラン

東北新幹線や東北自動車道が通じており、都心からも日帰り可能な那須エリア。雄大な自然に囲まれ、夏は涼しく避暑地としても有名で、美術館や牧場など観光名所も沢山ありま...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

雑貨もスイーツも!【栃木】那須高原のお買い物スポット14選

那須高原は、リゾートも史跡もグルメも温泉も、あらゆる魅力が一杯詰まった場所。その上、ショッピングも思う存分楽しめます。ペット連れOKのアウトレットから、道の駅に...

あしかがフラワーパークと合わせて楽しむモデルコース7選【栃木&群馬】

1年を通じて人気のあしかがフラワーパーク。イルミネーションも大きな見どころとなっているパークを夜まで存分に楽しみ、足利市内で宿泊した後、翌日はどのように過ごすの...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2022】京都のおすすめお土産48選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産を厳選してご紹...


【2022】北海道で買うべきお土産55選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...


東京のおすすめデートスポット44選!人気の話題スポットに穴場スポットも

話題の街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの話題のスポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、カップルでのお出かけにおすすめの、東...

東京女子旅のおすすめ観光スポット31選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...

【2022】仙台で買うべきお土産19選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります