徳島
徳島
”阿波踊り”が有名な、自然の名勝が豊富な地域

徳島の秘境!祖谷渓にある日本三大奇橋・かずら橋を渡りに行こう

2017年2月10日更新

445view

お気に入り

徳島県三好市にある祖谷渓は、吉野川水系の一級河川・祖谷川沿いにある深い渓谷です。並行して流れる吉野川中流域には「大歩危」「小歩危」などの渓谷もあり、周辺一帯がとても山深い地域となっています。そんな祖谷渓には、日本三大奇橋のひとつに数えられる「祖谷のかずら橋」があり、迫力満点、スリルたっぷりの渡橋体験を味わうことができます。今回は、「祖谷のかずら橋」を中心とした祖谷渓の魅力についてたっぷりとご紹介します。

深いV字の渓谷が魅せる!祖谷渓独特の風景

  • 深い深いV字谷の渓谷の様子が続く祖谷渓

祖谷渓の特徴と言えば、なんと言っても、深いV字谷の渓谷がどこまでも続くこちらの風景。全長約10kmに及ぶ渓谷で、場所によっては100m以上もの高低差があると言われています。

また、祖谷渓は四国山地の深い山の中にあるため、まるで断崖絶壁のように急傾斜になっています。川沿いに連なる山々は、水面ギリギリのところまで緑の木々が生い茂っており、祖谷渓独特の風景を特徴づけています。

  • 祖谷渓にある出合集落

JR土讃線の祖谷口駅そばから、「県道32号 山城東祖谷山線」を南東に約5km進むと、「出合集落」にたどり着きます。ここは、祖谷川沿いにわずかにある平地部分を活用した集落で、まるで川沿いにへばりつくように家々が連なっています。

こちらの出合集落からさらに南に進んで行くと、冒頭の写真のように深くV字に切り立った祖谷渓が姿を見せます。

祖谷渓に来たなら絶対に渡りたい!?スリル満点の「祖谷のかずら橋」

  • 祖谷のかずら橋

祖谷渓に来たら一度は必ず渡っておきたいのが、こちらの「祖谷のかずら橋」。シラクチカズラ(サルナシ)を用いた原始的な吊り橋で、橋の長さは45m、幅は2m、谷底からの高さはおよそ14mと、ぱっと見ただけでもいかにもスリルがあります。

日本三大奇橋に数えられる橋は諸説ありますが、この祖谷のかずら橋も、山梨県桂川の猿橋や山口県岩国市にある錦帯橋などと並んで、その1つに数えられることが多いようです。

昔は、深い祖谷渓を渡る地元の人々の生活路として、いくつものかずら橋が活用されていました。しかし今では、こちらの祖谷のかずら橋と、東祖谷菅生地区に架けられている「奥祖谷二重かずら橋」と呼ばれる2本組のかずら橋、計3本が残るのみとなっています。

  • かずら橋から足元を見下ろす

さて、祖谷のかずら橋について簡単にご紹介したところで、早速こちらの橋を渡ってみましょう。渡橋料は大人1人550円です。祖谷渓のV字谷の高低差が100m以上であることを考えると、橋が架かっているのは谷底から約14mの高さですので、それほど高いようには見えないかもしれません。が!いざ1歩踏み出すと、これがかなりのスリルを感じます。

素朴なシラクチカズラのつるでできたこの橋は、上の写真を見ると分かる通り、橋桁の部分に隙間が開いていて恐怖心をさらに掻き立てます。いざ渡り始めると、足元も不安定なのでついつい後ろのスタート地点を振り返りたくなりますが、なんとこちらの橋は一方通行!1度足を踏み出せば、もう後戻りはできません。

たっぷりのスリルを味わいながら、ユラユラと揺れる祖谷のかずら橋をぜひ最後まで渡り切りましょう!

  • かずら橋のすぐ近くにある琵琶の滝

祖谷のかずら橋を渡って徒歩1分のところには、高さ約50mの「琵琶の滝」があります。昔、平家の落人がこの滝に集い、京の都をしのんで琵琶を奏でながら慰め合ったという伝説も残っています。

祖谷のかずら橋
徳島 / 観光名所 / 自然・景勝地
住所:三好市西祖谷山村善徳162-2
電話:0120-404-344(三好市観光案内所)
Web:http://miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&u...

祖谷渓のもう1つのシンボル!深い谷底を見下ろす「小便小僧」の像を見に行こう

  • 祖谷渓にある小便小僧の像

祖谷のかずら橋でスリル満点の渡橋体験を満喫した後は、祖谷渓のもう1つの名物である「小便小僧」の像に会いに行きましょう。この像は、ここまで来た県道32号 山城東祖谷山線を引き返す形で進んでいくと、祖谷のかずら橋と最初にご紹介した出合集落のちょうど中間あたりで見ることができます。

写真で見ると分かるように、この像は突き出た断崖の上に立っています。手前に柵が設けられており、近づくことは大変危険なため、残念ながら小便小僧と肩を並べて記念撮影…というワケにはいきませんが、それでも凄まじい断崖の上に建てられた像は一見する価値があります。

この断崖は、三好市内を結ぶ祖谷街道を建設する際に残ったものです。そしてこの小便小僧の像は、「その昔、地元の子どもたちや祖谷渓を訪れた旅人などが、この辺りの断崖で度胸試しを行った」という逸話を元に作られたと言われています。

祖谷渓 小便小僧
徳島 / 観光名所
住所:三好市池田町松尾~三好市西祖谷山村
電話:0120-404-344(三好市観光案内所)
Web:http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=1...

まだまだあります!魅力いっぱいの祖谷渓の見ドコロ♪

スリル満点の祖谷のかずら橋を渡る、祖谷渓巡りの旅はいかがでしたでしょうか?

時間に余裕があれば、祖谷のかずら橋を紹介した段落でも触れた奥祖谷二重かずら橋にも足を運んでみると良いかと思います。祖谷渓にはこのほかにも、ケーブルカーを下って川沿いの露天風呂へと向かうというなんとも珍しい秘境宿の温泉「ホテル祖谷温泉」もありますので、そちらも注目です!

祖谷渓
徳島 / 自然・景勝地
住所:徳島県三好市

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月29日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

一度は見てみたい!日本の絶景あじさいスポット10選

梅雨の時期をあざやかに彩るアジサイは、青、紫、ピンク、白、緑、とさまざまな装いで私たちの目を楽しませてくれます。近所に咲くアジサイもいいけれど、日本には、なんと...

日本の魅力を大満喫!四国オススメスポット7選

海外旅行もいいけれど、日本も満喫したい!そんなあなたにオススメ、自然やフォトジェニックなスポット、温泉やグルメなど、日本の魅力を大満喫できる四国のオススメスポッ...

性のお悩みから子宝まで、性の神様が全て解決!徳島にある「林下寺」のお花さん

徳島県三好郡にある、小さなお寺「林下寺」。こちらのお寺は、性に関する悩みを全て解決してくれる「お花大権現」がある、珍しいお寺。境内には、木彫りや石で出来た男性の...

初心者でもリフトで楽らく登山♪徳島の剣山で絶景天空散歩

徳島県の中央に位置し、四国で2番目に高い名峰「剣山(つるぎざん)」。中腹まではロープウェイで登る事が出来るため、初心者の方でも挑戦しやすい山です。そしてがんばっ...

徳島の定番・観光スポットならココ!13選

大歩危・小歩危をはじめとする自然景勝地に恵まれている徳島県。四国霊場八十八カ所巡りの第一番札所があり、また鳴門海峡の渦潮、世界の名画を陶板画で再現した大塚国際美...



この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

手ぶらでラクラク日帰りサイクリング!房総半島南端の街・館山で楽しむ海の絶景

千葉県にある房総半島南端の街・館山市。例年1月~3月上旬頃にかけて沿道に菜の花が咲き乱れる房総フラワーラインや『南総里見八犬伝』で知られる里見氏の居城・館山城な...

茨城県にある人気の紅葉スポット!花貫渓谷徹底散策ガイド

茨城県高萩市にある花貫渓谷。同じ県北エリアにある大子町の袋田の滝や、常陸太田市にある竜神大吊橋、そして県南部の筑波山と並んで、茨城県を代表する人気の紅葉スポット...

伊勢志摩絶景ドライブ!美しい海を感じるパールロードの展望台巡り

三重県伊勢市・鳥羽市・志摩市などに跨る志摩半島。リアス式海岸と呼ばれる複雑な海岸線が、幾つもの小さな入り江のような地形を造っており、美しい海の景色を楽しめる人気...

【愛知】知多半島の美しい海の景色を巡る絶景ドライブの旅!

愛知県にある知多半島。対岸に位置する渥美半島とともに、三方を海に囲まれた風光明媚な観光名所でもあります。名古屋などの大都市圏からも近くアクセス良好で、気軽に日帰...

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?