アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

絶対にキレイな写真を撮りたい☆アラスカ天空にゆらめくオーロラ

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:5ヶ国

2018年9月7日更新

1,003view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

見上げれば、光のカーテンが漆黒の夜空にゆらゆらと躍る。そんなオーロラを一生に一度は見てみたい!と思うものの、気象条件に左右されるのでなかなか難しいところ。でも心配ご無用!米国アラスカのフェアバンクスは晴天率が非常に高く、オーロラが見られる確率がすごく高いところなんです。北米のオーロラ鑑賞スポットとしては、カナダのイエローナイフも有名ですが、フェアバンクスは日本からの直行便があるのでアクセスも良く、気軽に訪問しやすい点もメリットです。キレイに写真を撮るコツとあわせて魅力を紹介します。

この記事の目次表示

アメリカのおすすめツアー
【羽田発着】《価格重視の方におすすめ!》マンハッタンスタンダードクラスのホテルに宿泊!ニューヨーク3泊5日間
94,500円~265,500円
《トロント2泊+ニューヨーク3泊7日間》お値段重視!ダウンタウン北側のお手頃ホテル「ホテル89」&ミッドタウンまで地下鉄で2駅!「ホリデイインマンハッタンビュー」■羽田発着・往路直行便
111,000円~340,000円
【羽田発着】★期間限定フラッシュセール★━♪スーペリアホテル♪━★駅チカ(51st.)×シンプルで機能的なヒルトン系列のホテル★《DoubletreeHotelMetropolitan(ダブルツリー・メトロポリタン)》に泊まる5日間│航空会社未定
120,500円~275,500円

オーロラをより良い条件で見るために

せっかく行くのですから、確実にオーロラを見るためには、どういった条件が必要なのか押さえてから向かいましょう。

なんとなくオーロラは夜だけに現れるというイメージがありますが、基本的に昼夜を問わず、一年中現れているんです!

でも、より良い条件でオーロラを見るために重要なのが、「いつ見るか」です。少しでも高い確率でオーロラを見るために、押さえるべきポイントをご紹介しましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto満天に渦上にゆらめくオーロラ

夜が長い時期を選ぶ

フェアバンクスでオーロラを見るためのベストシーズンは、ズバリ11月から3月にかけて。理由は次の2つです。

1つ目の理由としては、夜の時間が長いこと

オーロラを見ることができる地域「オーロラベルト」に位置するフェアバンクスは緯度が高く、冬は夜が長いので、オーロラを見ることができるチャンスもぐっと広がります。

一方で夏は昼が長く、夜が短くなってしまうので、オーロラが見られる時間も必然的に短くなります。寒さは厳しいですが、オーロラを確実に見るなら冬がお勧めです。

2つ目の理由は晴れの日が多いこと

どんなに素晴らしいオーロラが出ていても、曇っていては見ることは叶いません。寒い冬の時期は晴天率が高いので、11月から3月にかけてが狙い目なんですよ!

新月の時期を狙う

オーロラが見えたとしても、くっきりはっきり見えるときもあれば、あわ~く見えるか見えないかのときもあります。

淡いオーロラの場合、月明りがあるとよく見えない可能性があります。より良い条件でオーロラを見るのであれば、新月に近い時期がお勧め。新月なら、ついでに天の川も肉眼ではっきり見ることができますよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoフェアバンクスの空に流れる天の川

太陽活動が活発な時期を狙う

オーロラは太陽から飛んできた粒子と地球の大気が反応して発光する現象と言われています。そのため、太陽活動が活発になると、オーロラもより大きくはっきり出ることが知られています。

太陽は27日周期で自転しているので、27日間隔でオーロラが強く出るタイミングがやってきます。一度オーロラが強く出始めると、数日間オーロラが出やすい日が続くことが多いんですよ!そのタイミングに当たればラッキーですね。

でもそれって一体いつなんでしょう?

なんとアラスカ大学のホームページではオーロラ予報を出してくれています。天気予報ならぬオーロラ予報。ところ変わればといった感じで面白いですね。

いつ頃行くのが良さそうか、スケジュールを立てる際の参考にしてみましょう。

フェアバンクスへのアクセス

さて、オーロラ鑑賞の条件を押さえたところで、どうやって向かうのかご紹介しましょう。

日本からフェアバンクスに行く場合、もっともお手軽なのはJALのチャーター直行便。ツアーも充実しているので、海外に不慣れな方でも大丈夫。

もし自分で行くのであれば、アメリカのシアトル経由がお手軽。シアトルからフェアバンクスへは約4時間のフライトです。

テンションのあがるフェアバンクス空港

長いフライトをおえて、ようやくオーロラの地、米国フェアバンクスの空港に足を踏み入れました!

フェアバンクス空港はこじんまりとしていますが、明るく綺麗でかわいらしい印象です。熊のはく製なども展示されており、アラスカに来た~!という実感が湧いてきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoはく製の並ぶフェアバンクス空港

ここではレンタカーを借りることもできます。筆者はレンタカーを借りて自走して行きました。

一度外に出ると、シャキッと冷えた空気が頬を直撃して、ここが白銀の世界であることを実感します。

雪道ですから、レンタカーを自分で運転する際は十分気を付けましょうね。特に市内の交差点は発進時にズルズルとよく滑るので要注意!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoフェアバンクス空港外観

フェアバンクスの気候

さて、空港を出て外気に触れたわけですが、やっぱり期待を裏切らない寒さです。思いっきり深呼吸すると、空気の冷たさで肺がびっくりします。(鼻毛も凍って、くっつく感じがします・・・)

冬のアラスカというと、どのくらい寒いのか気になるところ。年にもよりますが、氷点下20度から30度くらいになることもあるようです。訪れた時は暖冬ということでしたが、それでも氷点下10度ちょっとにはなるようでした。

現地の人に言わせると、とっても暖かいようなのですが、氷点下10度というのは、車のなかに置いておいたコーヒーがほうっておくとカチコチになるレベル。防寒着はしっかりと準備しましょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto凍ってカチコチのコーヒー

こんなに寒いと、車自体も影響を受けないか不安なところですが、ちゃあんと寒冷地ならではの工夫があるんです。

このとき泊まったホテルの駐車場には電源があり、車のフロントバンパーから出ている電源ケーブルと繋ぐことができるようになっていました。屋外に駐車すると、寒さでエンジンがかからなくなってしまうので、この電源でエンジンを温めているんです。これで朝でも安心してエンジンをかけられます。

レンタカーには必ずこのような電源ケーブルが付いているので、屋外に駐車するときは忘れずに繋いでおきましょう。出発の際は外すのも忘れずに!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto車につなぐ電源ケーブル

フェアバンクスでのオーロラ鑑賞スポット

車の電源ケーブルを外して、いよいよオーロラ鑑賞に出発!向かうは「スキーランド」というスキー場。ここはフェアバンクスのオーロラ鑑賞の鉄板ともいうべき場所なのです。フェアバンクスのダウンタウンから車で30分程度と、アクセスも抜群です。

スキーランドの頂上にはロッジがあって、オーロラ観測のロケーションは抜群。満天にゆらゆらとはためく巨大なカーテンを思い浮かべながら、一路ロッジを目指します。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoスキーランドのロッジ外観

「むふふ」とウキウキしながら車を走らせると、あっという間にロッジに到着。日もとっぷりと落ちたところに、ロッジの暖かいオレンジ色の灯りが迎えてくれます。

ロッジでは暖をとりながら暖かい飲み物も頂けます。寒さをしのぎつつ、快適にオーロラを待つことができます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto暖かいロッジ内
スキーランド
アメリカ / テーマパーク・レジャー
住所:2315 Ski Land Road Fairbanks, Alaska地図で見る
電話:907-389-2314
Web:http://www.skiland.org/

オーロラを見るときの基本的動作

さて、いよいよオーロラを見れるスポットまでやってきたわけですが、ずーっと外でオーロラを見られるわけではありません。寒さでずっと外にいられないのです・・・。

外は当然ですが寒いです。十分に厚着をしていても、外でオーロラを鑑賞していられるのはせいぜい20分から30分が限度です。一日の間でもオーロラは強くなったり、弱くなったりを繰り返すので、無理をせず、適度に休憩を取りながらゆっくり鑑賞しましょう。

つまりはちょっと外に出てオーロラを見て、ロッジに避難して暖をとり、また外に出てオーロラを見る、を繰り返すのです。でないと、とてもとても体が持ちませんからね。

ちなみに私はどんな格好だったかというと、

  • 頭:ニット帽+マフラー
  • 上:タートルネック+セーター+厚手のパーカー+ひざ丈のコート
  • 下:タイツ+ジーンズ+スキーウェア
  • 足:靴下2重履き+スノーブーツ

という重装備で挑みましたが、それでも外にいられるのは15分くらいが限界でした。

カメラでオーロラを撮ろう

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoロッジの上空にゆらめくオーロラ

さて、寒さに耐えて外に出てみれば、ようやくあのオーロラがお目見えです!でも、あれ・・・?ちょっとイメージしていたのと違うかも。

第一印象としては、暗い空にうっすらとモヤが掛ったような印象です。初めて見る場合、オーロラの光りが弱いと誰かに教えてもらわなければ気付かないかもしれません。

よく写真でみるオーロラはとても明るく見えますが、肉眼で見るオーロラはそこまで明るくありません。

オーロラの写真は、長時間シャッターを開きっぱなしにして、少ない光をたくさん取り込んでいるから、明るく写っているのです。

オーロラを写真で撮る場合、シャッターを開きっぱなしにしておかないといけないので、ブレ防止のため三脚は必須です。手持ちのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮影しようと思っている場合は、シャッターを開きっぱなしにできる機能が付いたものか、事前に確認しましょうね。

この機会に一眼レフを買っちゃうのもアリです。その場合は、レリーズ(カメラのシャッターボタンに取り付け、離れた場所からシャッターを切る道具)やリモコンを使用すると、シャッターを押す際のブレも解消できるのでお勧めです。

レンズも夜空を広く撮影できるよう、広角レンズを持っていきましょう。

以下は一眼レフのデジカメで撮影した写真です。ご参考まで、この時の設定値(絞り、シャッタースピード、ISO)もご紹介します。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto絞り:f/3.5 シャッタースピード:52秒 ISO:1000
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto絞り:f/3.5 シャッタースピード:40秒 ISO:800
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto絞り:f/4 シャッタースピード:40秒 ISO:800

オーロラを撮影するなら、カメラはもちろん一眼レフがお勧めですが、最近のコンデジは性能が良いので、シャッタースピードが数十秒から1分程度に設定できるものであれば、オーロラを写真に収めることも夢ではありません。ただし、繰り返しますが三脚は必須ですよ!

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年1月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

【ロサンゼルス空港】シーン別‼長時間トランジットのオススメの過ごし方

ロサンゼルス空港(通称:LAX)は、ターミナルが9つもあるメガ空港。そんなLAXは、国内線・国際線共に、乗り継ぎで利用する方が多いスポットです。方面によっては長...

2019夏休みの海外旅行におすすめの国・都市11選!夏がベストシーズンの旅行先特集

長期連休が取りやすい夏休み。せっかく海外旅行に行くなら、この時期にぴったりな旅行先へ出かけたいですね。夏休みの海外旅行先に迷っている方へ、夏の時期がベストシーズ...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?