アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2019年11月6日更新

58,072view

お気に入り

この記事の目次表示

食肉加工産業が盛んだったシカゴ。【熟成ステーキ】は美味しさも値段も格別!

「アメリカといえばステーキ」、確かにそうですが、どこでも美味しいわけではありません。ピンからキリまであり、せっかく食べるなら熟成させた牛肉が食べられる質の高いステーキハウスがおすすめ。

質の高いステーキハウスというと何かとニューヨークの老舗が取り上げられますが、アメリカ人の間では、実は「ニューヨークより美味いステーキが食べられる、それがシカゴ」と言われています。そのわけは、シカゴは食肉加工産業が盛んだったから。

食肉流通の中心地としていろんなお肉が集まる中で、知識や熟成技術、仕入方法なども洗練してきたのだと思います。さらに、シカゴは東海岸や西海岸より土地代が安いので、一流のお店で一流のステーキが、他の都市と比べると「え?!こんなに安いの?!」とびっくりするくらいリーズナブルにいただけます。

全米でも5つの指に入る名店!「Chicago Chop House」

Chicago Chop Houseは1986年創業のステーキハウスで、シカゴではNo.1を争う人気店です。50日以上は熟成させた「ドライエイジドビーフ」が食べられるお店で、週末なら予約して行くほうが良いと思います。

高級ステーキハウスとはいえ、店内は程よく賑わっていて肩肘張らない雰囲気。ドレスコードもありますが、今のご時世ではそんなに厳しくありません。1Fのウェイティングバー周辺は、地元の人達がカジュアルな格好で飲みにきている、という感じです。

壁には、Chicago Chop Houseの歴史を物語る写真がいっぱいで、それが格の高い良い雰囲気を醸し出しています。スタッフのもてなし方やサービスなども、さすが一流。

ステーキのお値段ですが、例えばよく見かけるBone in Ribeye 骨つきリブアイ、これは他の大都市における老舗ステーキハウスでは大体$80(約9,000円)近くするものですが、Chicago Chop House ではなんと$59(約6,490円)!!

写真はテーブル担当のお姉さんが熱心に推してくれたTomahawk Ribeye$79(約8,700円)です。同じ骨つきでもTomahawk Ribeyeの方がジューシーなんだとか。

このボリュームでたった$79(約8,700円)は驚き!オニオンリングも厚みがあってホクホクです。

もし食べきれなかったら「Doggy bag, please(ドギーバッグ、プリーズ)」とお願いしましょう。「Doggy bag」とは直訳すれば「犬用に持ち帰る容器」になりますが、アメリカ文化では「食べきれなかった物を持ち帰る容器」のことを言います。このお店に限らず、アメリカではだいたいどのレストランでも余った食材を持ち帰ることができます。

筆者もステーキをDoggy Bagに詰めて持ち帰り、翌日朝食に食べましたが、冷めても美味しい!しっかり熟成させた牛肉だからこそ出せる味です。

シカゴ・チョップ・ハウス
アメリカ / 肉料理
住所:60 West Ontario Street Chicago, IL 60654地図で見る
Web:http://chicagochophouse.com

シカゴで最初にできた老舗ステーキハウス「Gene & Georgetti's Restaurant」

シカゴを代表するステーキハウスをもう1つご紹介します。1941年に創業した、シカゴで一番古いステーキハウスGene & Georgetti's Restaurantです。

店名の通り、GeneとGeorgettiが創業したお店で、創業当初から場所も変わっていません。Geneはイタリア・トスカーナ地方のルッカから15歳の時にアメリカへ来た移民で、様々な仕事をしている最中に出会ったのが、シェフとして働いていた同じイタリア人のGeorgetti。創業当時はGeneがフロントやバー、Georgettiが厨房を仕切っていたそうです。

GeneとGeorgettiの2人が亡くなった後も家族経営でずっとお店を守ってきており、シカゴ市民にも愛されているステーキハウスです。

ステーキは老舗たるメニューが勢ぞろいですが、イタリア生まれの2人だからか、メニューにはItalian Antipasto(イタリアン・アンティパスト)Italian Sausage with Peppers(胡椒付きイタリアン・ソーセージ)Italian Specialties(イタリアン・スペシャリティーズ)Pasta(パスタ)といったイタリアらしいメニューも豊富です。

ここでもBone in Ribeye 骨つきリブアイ$53.23(約5,900円)とお手頃価格!

  • 写真:まき子

ミディアムレアで食べると、旨味がじわじわと口の中に広がります。ここでは精肉も自社でやっており、新鮮なお肉を真空パック状にして数日間置いておく「ウェット・エージド法」で熟成させているそうです。

ちなみに「Chicago Chop House」でもそうですが、アメリカのステーキは基本的に味付けはしておらず、塩コショウは自分でかけるので、お肉の味がシンプルに味わえます。

でもボリューム満点できっと途中で味に飽きてしまうので、サイドディッシュをステーキと一緒に食べるのがオススメ。写真はCreamed Spinach(ほうれん草のクリーム煮)$10.75(約1,200円)とMashed Potatoes(マッシュポテト)$5.75(約650円)。どちらもステーキのサイドディッシュとして定番です。

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【アメリカ】In-N-Out Burgerの裏メニュー、一挙にご紹介!

In-N-Out Burger(イナウトバーガー)は、アメリカ、カリフォルニア生まれの人気ハンバーガーチェーン店。フレッシュな商品を提供することにこだわった日本...


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

アメリカ最強のメキシカンファストフードチェーン「チポトレ」(ボストンより)

2019年時点でアメリカで最も有名なファストフードチェーンの一つ「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)」。アメリカ東海岸...

サンフランシスコ在住者がおすすめする名物グルメ・レストラン10選

人口比に対してレストランの軒数が世界一ともいわれる美食の街・サンフランシスコ。サンフランシスコ在住の筆者が、お財布への負担も考慮しながら、サンフランシスコで食べ...

【アメリカ】これぞ本場!アメリカンダイナーとしてのデニーズ

日本でもおなじみのファミリーレストラン「デニーズ(Denny's)」ですが、本場アメリカでは様子が少し違います。アメリカ人が愛する「アメリカのごはん」を提供する...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【新神戸駅】新幹線の真下を流れる「生田川」で大人も子供も楽しく水遊び♪

山陽新幹線・新神戸駅のプラットフォームの真下には、びっくりするほど澄んでキレイな「生田川」という清流が流れていて、小さなお子様から大人まで水遊びができる一帯があ...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります