アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

アメリカ最先端の"飲み"を体験!クラフトビール酒場【ドーチェスター・ブルーイング・カンパニー】@ボストン

取材・写真・文:

訪問エリア:15ヶ国

2020年12月8日更新

111view

お気に入り

写真:がぅちゃん

アメリカ・ボストンで人気上昇中のクラフトビール酒場「ドーチェスター・ブルーイング・カンパニー/Dorchester Brewing Company」を紹介します。アメリカンフードも文句なしの美味しさです。

この記事の目次表示

クラフトビール酒場「Dorchester Brewing Company」の概要

「Dorchester Brewing Company/ドーチェスター・ブルーイング・カンパニー」は、ボストンの「ドーチェスター」という地域にある醸造所(ブルワリ/Brewery)兼・酒場です。2016年に創業されました。

現地で生産されるクラフトビールがその場で飲めるだけでなく、クオリティの高いアメリカ料理のレストランも併設されていることが特徴です。

なおクラフトビールとは、小規模な醸造所(ブルワリ)にて、大量生産とは異なる方法で(時に伝統的な手法を用いて)作られるビールのことです。

クラフトビール酒場「Dorchester Brewing Company」の雰囲気

外観

  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃん

「Dorchester Brewing Company」は、建物の少ない通りに面しているため、とても目立っています。タクシーや車などでも容易にアクセスできるでしょう。 路上駐車も可能です。

お店のエントランスの前にはテラス席が配置されており、週末の昼は混んでいます。

中の様子

  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃん

ビールがメインの酒場ということで、ドイツのビアガーデンを意識したような装飾が施されています。ドイツのミュンヘンで開催される世界一のビールの祭典「オクトーバーフェスト」を彷彿とさせます。

  • 写真:がぅちゃんミュンヘンのあるバイエルン州の旗「Rautenflagge」。

クラフトビール酒場「Dorchester Brewing Company」のメニュー

ビールだけでなく、ワインやサイダーも取り扱っています。フードメニューが充実していることも人気の理由です。(フードメニューは「M&M BBQ」という名義のお店によって提供されています)

ビール飲み比べセット

  • 写真:がぅちゃん

「Flight/フライト」という名前のメニューです。19種類のクラフトビールの中から好きな4種類を選べます。フルーティーなもの、濃いもの、軽いもの、 様々あるので、店員さんに聞くとおすすめを教えてくれます。

ちなみに、英語で「Flight/フライト」は「鳥の群れ」など意味しますが、アメリカのレストランでは「ビール飲み比べセット」という意味であることがほとんどです。

  • 11ドル/1,210円

プレッツェル

  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃん

「Pretzel/プレッツェル」はドイツ発祥の焼き菓子(パン)ですが、アメリカでも広く食されます。「ビール=ドイツ」という店内のイメージにもマッチしていて、人気メニューといった様子。付け合わせは、アメリカのプレッツェルの定番「スモークチーズのソース」です。

ちなみにこれは、「FENWAY/フェンウェイ」というメニュー名です。フェンウェイとは、メジャーリーグのプロ野球チーム「ボストンレッドソックス/Boston Red Sox」のホームの野球場「フェンウェイ・パーク/Fenway Park」をさします。

ボストンの人にとって「フェンウェイ」という響きは、関西人にとっての「甲子園」に近いものがあります。

  • 8ドル/880円

フライドポテト

  • 写真:がぅちゃん

フライドポテトの上に肉がのっているメニューで、「DUMPSTER FRIES」という名前です。豚肉(プルドポーク)・牛肉(ブリスケット)・チキンなどを選べます

「DUMPSTER」はアメリカの路上にある巨大なゴミ箱を意味しますが、 山盛りに積まれた食べ物を「DUMPSTER」と形容するのは珍しくはないです。

  • 9.50ドル/1,045円

ポークリブ

  • 写真:がぅちゃん

ポークリブは豚のあばらで、アメリカの肉メニューとして超定番です(中華料理で「排骨/パーコー」と呼ばれる料理とほぼ同じ)。

メニュー名は「PORK RIBS 1/2 rack/ポークリブ半ラック」という名前です。ラック/rackは、リブを数える時の名称で、一般的には1ラック=あばら13本分と考えられています。

  • 15ドル/1,650円

クラフトビール酒場「Dorchester Brewing Company」のいいところ

クラフトビールを飲めるだけの酒場ではなく、現代的でレベルの高いアメリカ料理が食べられるところは人気の理由の一つです。おつまみとしては最高の類と言えるクオリティといえるでしょう。

(少なくとも)ボストン周辺では、醸造所(ブルワリ)に飲みに行くという行為があまり珍しくないので、ここは今時のアメリカらしい飲み方ができる場所とも言えます。

なお1階では、この醸造所オリジナルの缶ビールやグッズも買えます。

  • 写真:がぅちゃん

※記事内のアメリカドルから日本円への換算は、1ドル=110円で計算しています。

ボストン・ブルーイング・カンパニー
アメリカ / クラフトビール / アメリカ料理
住所:1250 Massachusetts Ave, Boston, MA 02125, United States地図で見る
Web:https://www.dorchesterbrewing.com/

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


【アメリカ】In-N-Out Burgerの裏メニュー、一挙にご紹介!

In-N-Out Burger(イナウトバーガー)は、アメリカ、カリフォルニア生まれの人気ハンバーガーチェーン店。フレッシュな商品を提供することにこだわった日本...

アメリカ最強のメキシカンファストフードチェーン「チポトレ」(ボストンより)

2019年時点でアメリカで最も有名なファストフードチェーンの一つ「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)」。アメリカ東海岸...

【アメリカ】これぞ本場!アメリカンダイナーとしてのデニーズ

日本でもおなじみのファミリーレストラン「デニーズ(Denny's)」ですが、本場アメリカでは様子が少し違います。アメリカ人が愛する「アメリカのごはん」を提供する...

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

この記事を書いたトラベルライター

京都出身のゲイライター
京都出身のライターです。趣味は食レポを読んだり書くことです。
https://gauchan.xyz/

遊ぶならここ!京都最大の繁華街・四条河原町の代表エリア4つ

京都で遊べる繁華街といえば四条河原町ですが、実際はどんなところか? 遊ぶところはどこなのか? 京都出身の筆者が、特に人気の代表エリア4つを紹介します。


「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

焼くの英語の言い方10選!違いがわかるビジュアル付き解説(海外旅行でも使える)

焼くの英語の言い方は調理方法によって違い、「fry」「grill」「bake」など様々なバリエーションがあります。この記事では、英語で最もよく使われる「焼く」の...

【ギリシャ】アテネで食べられる定番ギリシャ料理8選

ギリシャの首都・アテネで簡単に食べられるギリシャ料理を、定番のみ8品ピックアップしました。どんな料理かという説明とともに、味の特徴や食べられる場所も併せて紹介し...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります