アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【アメリカ】忘れられた地下都市!?シアトルアンダーグラウンドツアーをご紹介

取材・写真・文:

アメリカ在住
訪問エリア:12ヶ国

2020年1月20日更新

421view

お気に入り

スターバックス1号店やアマゾンの本社があり、産業都市であるシアトル。そんなシアトルの発祥地とされる「パイオニアスクエアの地下」には、かつてのシアトル市街地がひっそりと眠っており、この地下都市に潜入できる「アンダーグラウンドツアー」というものがあります。今回は、シアトルの歴史を知ることができる、このミステリアスなツアーをご紹介します。

この記事の目次表示

シアトルはどんな都市?

シアトルは、アメリカ北西部のワシントン州最大の都市です。IT企業の本社が多数あり、航空宇宙産業の中心地でもあります。日本でもお馴染みのスターバックス・コーヒーの発祥地でもある他、イチロー選手がかつてプレーしていたシアトルマリナーズの本拠地でもあります。

そんなシアトルの街のパイオニアスクエア地下には、かつての市街地だった都市がひっそりと眠っています。そしてそんな地下都市を巡る、アンダーグラウンドツアーが毎日実施されています。

なぜ、忘れられた地下都市となった?

  • 写真:SF_logbook

シアトルが創造期を迎えていた1889年、街の中心部が大火事に見舞われました。幸い、一人の死者も出ませんでしたが、街のほとんどの建物が木造だったため、31ブロックに及ぶ広大な範囲で、商業施設や住宅が焼失してしまいました。

街を再建する際、地上よりも高い位置に、道路や建物が建設されました。シアトルはもともと海抜が低く、下水のトラブルが続いていたので、それを防ぐ目的だったとのことです。結果、残っていた建物の多くは、地下に残されたまま、忘れられた存在になってしまいました。

シアトルの歴史保存に活躍した、ビル・スパイデル氏

  • 写真:SF_logbook

ビル・スパイデル氏は、シアトルの歴史的価値の保存に貢献した人物です。1960年代、パイオニアスクエアは、都市開発予定地となっていましたが、ビル氏の働きかけにより、歴史的建造物保護地区となりました。地下に残る都市を歴史を学べるツアーとして、1965年にアンダーグラウンドツアーをスタートさせました。

シアトルアンダーグラウンドツアーに潜入!

早速、ツアーに参加! ツアーは、パイオニアスクエアからスタートします。日本人であることを伝えると、日本語の解説プリントをもらえます。

  • 写真:SF_logbook

ツアーの冒頭は、レクチャー室のような部屋で、ガイドからシアトルの歴史について20分程のレクチャーを受けます。

ツアーでは、地下の3箇所をめぐる

  • 写真:SF_logbook海抜をどのように上げたのかを説明してくれる。

実際に地下へおりていき、ガイドとともに地下の都市を歩きます。ガイドの解説を聞きながら進み、1時間程度かけて3箇所を巡ります。

地下は薄暗く、なんとも不気味な雰囲気です。壁には、まだ地下都市が地上にあった時の写真が展示されています。

  • 写真:SF_logbook
  • 写真:SF_logbook当時のビルの入り口

こちらは、当時この辺りにあったビルの写真です。地下に眠る入り口は、もともと地上にあり、店への入り口でした。海抜を上にあげたことで、新たに2階部分に入り口を作ったそうです。

  • 写真:SF_logbook当時のトイレ

こちらは、当時のトイレです。かつてのシアトルは排水の技術が進んでおらず、下水トラブルが相次いでいたそうです。トイレ使用時の面白いエピソードをガイドが紹介してくれます。

こちらは、紫の天井です。今の地上は、当時の1階から3m底上げしているので、地下の天井が地上の地面となっており、光が差し込みます。昔のガラス素材は、化学素材が入っているので、紫色に見えるのだそうです。

  • 写真:SF_logbook

地上からみるとこのような形です。

地下の天井は、重みに耐えられるように、アーチ状になっています。

他にも当時の痕跡を伝える様々な看板や生活用品が残っています。

  • 写真:SF_logbookホテルの看板
  • 写真:SF_logbookホテルのロビーで使われていたソファー

シアトルアンダーグラウンドツアーのチケット購入方法

チケットは、現地で直接購入することもできますが、公式サイトから事前に購入することも可能です。

シアトルアンダーグラウンドツアー開催時間
実施時間:4-9月 9:00am-7:00pm / 10-3月 10:00am-6:00pm
シアトルアンダーグラウンドツアー
アメリカ / 体験・アクティビティ
住所:614 1st Avenue, in Pioneer Place Park, Pioneer Square地図で見る
Web:http://www.undergroundtour.com/

この記事を書いたトラベルライターから一言

今回は、シアトルの地下に眠る都市をめぐる、ミステリアスなツアーをご紹介しました。シアトルの歴史を知ることができる貴重なツアーです。足元が滑りやすく、薄暗いので、動きやすい靴での参加をお勧めします。シアトル旅行の際は、ぜひ参加をしてみてはいかがでしょうか。(SF_logbook )

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年1月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

ディズニー映画『ポカホンタス』が生まれた場所【ジェームズタウン植民地】(アメリカ・バージニア)

映画『ポカホンタス』のヒロインは実在するアメリカ先住民。その彼女が生まれ育ち、この映画が生まれたのが、今は【ジェームズタウン】と呼ばれている場所です。バージニア...

【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコで気ままにくらすアウトドア大好きトラベラー♪
サンフランシスコで暮らしています。
アウトドア、運動が好きなので、トレイル巡りをよくしています。
カリフォルニア生活の中で見つけたおすすめスポットや、グルメ情報、お土産に最適なアイテムをご紹介していきたいと思っています!!
https://www.instagram.com/sf_logbook/

【アメリカ】高品質!コスパ良し!ホールフーズで買えるオーガニックスキンケアブランド

以前、「【アメリカ】アマゾンが買収で話題!! 健康志向のスーパー、ホールフーズの魅力!!」の記事でもご紹介しましたが、地産地消をテーマにオーガニックにこだわった...


【ハワイ】マストバイ!大人気ボトルブランド、ハイドロフラスクをご紹介

アメリカ、オレゴン州生まれのステンレスボトルブランド「Hydro Flask(ハイドロフラスク)」をご存知でしょうか。スタイリッシュで保温性に優れたボトルは、ド...


出張サラリーマン必見!!女性が喜ぶアメリカ土産 〜サンフランシスコ編〜

シリコンバレーが近く、IT企業やスタートアップが集まるサンフランシスコ。最新のテクノロジーやビジネスのトレンドの発信地として注目度が高く、日本からの出張サラリー...

【アメリカ】お土産に最適!!大人気スーパー、トレーダージョーズのマストバイアイテムNo.1

2015年には、「アメリカの消費者7,000人のアンケート」で顧客満足度No.1を獲得するほどアメリカで大人気のスーパーマーケット''トレーダージョーズ''。オ...

【アメリカ】お土産に最適!!大人気スーパー、トレーダージョーズのマストバイアイテムNo.2

アメリカで大人気のスーパー、トレーダージョーズ。オーガニック志向の良質なオリジナル商品がリーズナブルに手に入る魅力的なスーパーです。以前No.1としてお土産にお...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?