青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

広さ約22万坪!古牧温泉「星野リゾート青森屋」で過ごす贅沢な時間

取材・写真・文:

ニュージーランド在住

2018年12月6日更新

10,112view

お気に入り

写真:mumin

青森県三沢市にある古牧温泉「星野リゾート 青森屋」は、この地を代表する一大リゾート施設。広大な敷地にはオリジナリティ溢れる温泉をはじめ、有形文化財の「旧渋沢邸」、古民家「南部曲屋」など見どころが沢山ありますよ。ここでは「星野リゾート 青森屋」の楽しみ方や周辺の観光スポットをご紹介します。青森の魅力がつまった贅沢宿に、ぜひ一度泊まってみませんか?

この記事の目次表示

古牧温泉「星野リゾート 青森屋」とは

  • 写真:mumin星野リゾート 青森屋

青森県三沢市にある「古牧温泉」は、約22万坪もの敷地をもつ一大温泉レジャー施設。昭和のリゾート開発によって栄え、旅行新聞社による「行ってみたい観光地」に10年連続で選出された、人気の観光施設です。

時代の流れを受け、現在は「星野リゾート 青森屋」として生まれ変わりましたが、青森の魅力がつまった贅沢宿として、現在も多くの観光客が訪れていますよ。壮大なスケールの古牧温泉「星野リゾート 青森屋」で、あなたも思い思いの時間を過ごしてみませんか。

星野リゾート 青森屋の楽しみ方

広大な渋沢公園を散策する

  • 写真:mumin雪化粧をした渋沢公園内のかっぱ沼

古牧温泉「星野リゾート 青森屋」の敷地全体が「渋沢公園(青森屋の公式サイトでは「青森屋公園」と紹介があります)」という公園として整備されています。宿についたら、まずは広い渋沢公園を散策してみましょう。

公園内には大きな「かっぱ沼」を中心に、有形文化財に指定される「旧渋沢邸」、昔ながらの古民家「南部曲屋」、馬やポニーがいる牧場などが囲むようにあり見どころ盛り沢山。散策を終えたあとには「足湯」に浸かりながら、沼を眺めることもできますよ。

  • 写真:mumin南部曲屋
  • 写真:mumin足湯

冬季はストーブ馬車が運行し、暖かい車窓からのんびりと公園散策が楽しめます。ストーブ馬車は1周約20分。徒歩の場合は、1周30分から1時間ほどかかります。

  • ストーブ馬車・料金(2017年3月現在):大人1,200円、小学生1,000円、未就学児700円(スルメ、ごぼう茶、雪ん子アイス付き)
渋沢公園
青森 / 公園 / 紅葉
住所:青森県三沢市字古間木山56地図で見る
Web:http://noresoreaomoriya.jp

オリジナリティ豊かな温泉に浸かる

  • 写真:mumin元湯

星野リゾート 青森屋に流れる「古牧温泉」は、豊富な湯量をもつアルカリ性の単純温泉。とろりとした湯ざわりが特徴で、「美肌の湯」と評判です。

旅館の離れにある「元湯」は、昭和のレトロな雰囲気がのこる、昔ながらの立ち寄り入浴施設。三沢駅からも徒歩5分と程近く、地元の人とも交流できるアットホームな温泉です。

  • 元湯・入浴料(2017年3月現在):大人(中学生以上)400円、子ども(小学生)150円、幼児(4歳以上)60円、幼児(3才以下)無料
  • 写真:mumin浮湯

本館にある大浴場には、青森ヒバをふんだんに使用した内湯の「ひば湯」と、青森屋自慢の露天風呂「浮湯」があります。

「浮湯」とは池に大きく張り出すような斬新な造りで、まるで露天風呂が池のなかに浮かんでいるような不思議な感覚が味わえます。昼は四季折々の景色を眺めたり、夜にはライトアップされたお風呂でのんびりと過ごすことができます。

  • 大浴場・入浴料(2017年3月現在):大人(中学生以上)1,500円、子ども750円、幼児(3歳以下)無料

豪華なバイキングレストランで郷土料理を堪能する

  • 写真:muminのれそれ食堂

温泉で癒されたあとは、地場でとれた食材がズラッとならぶ「のれそれ食堂」で青森の郷土料理を堪能しましょう。農家の台所をイメージしたという古民家風のレストランで食べると、どこか実家に帰ってきたような気持ちになってきますよ。

じゃわめぐショーで青森の祭りを触れる

  • 写真:muminじゃわめぐショー

郷土料理を堪能したあとは、青森の伝統文化を鑑賞できる「じゃわめぐショー」で大いに盛り上がりましょう。

地下にある大広場では、毎晩無料でショーが繰り広げられており、ねぶた囃子や津軽三味線、南部民謡、スコップ三味線の生演奏を、存分に鑑賞することができますよ♪

青森の魅力がぎゅっと詰め込まれた、星野リゾート青森屋で贅沢なひとときを過ごしてみてはいかが?

星野リゾート 青森屋
青森 / ホテル / 温泉旅館 / 一人旅
4.6 (87件の口コミ)
料金(目安):9,500円〜51,542円
宿泊時間:15:00〜12:00
住所:青森県三沢市字古間木山56地図で見る
電話:0570-073-022(9:00〜20:00、緊急連絡は0176-51-1111(20:00〜9:00))
Web:http://noresoreaomoriya.jp/

周辺の観光スポットにも行ってみよう!

種差海岸

三沢市から車で約30分にある「種差海岸」は、天然芝生が一面にひろがる美しい海岸線。

海沿いには遊歩道があり、波打ち際の険しい岩礁や樹齢100年もの松並木、鳴き砂の砂浜など変化に富んだ美しい自然を、間近で体感することができますよ。

ベストシーズンは、草花が咲く5月から10月ごろ。

【関連記事】天然芝生の美しい海岸線!八戸・種差海岸の見どころ10選&楽しみ方3選

種差海岸
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / ハイキング / 遊び場
住所:青森県八戸市大字鮫町字棚久保地図で見る
電話:0178-51-8500(種差海岸インフォメーションセンター)

十和田湖

青森県と秋田県の県境にまたがる「十和田湖」は、国の特別名勝にも指定されるコバルトブルーの美しい湖。

十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流とともに、新緑や紅葉のシーズンはもちろん、四季を通じて美しい景色が楽しめ、多くの観光客が訪れます。三沢市から車で約1時間半ほど。

十和田湖
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 紅葉 / パワースポット / 子供が喜ぶ / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / ハイキング / 遊び場
住所:青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486地図で見る
Web:http://towadako.or.jp/towadako-oirase/

奥入瀬渓流

十和田湖から流れ出る「奥入瀬渓流」は、国の特別名勝・天然記念物に指定される青森県随一の観光スポット。

十和田湖畔から焼山までつづく約14kmもの渓流の途中には、大小いくつもの滝、緩急に富んだ美しい流れ、奇岩・奇勝など見どころが沢山あり、ダイナミックな自然の美しさを存分に堪能できます。

【関連記事】美しい渓流めぐりにコケさんぽ!?青森県・奥入瀬渓流の歩き方ガイド

奥入瀬渓流
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 紅葉 / パワースポット / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / ハイキング
住所:青森県十和田市奥瀬字栃久保183地図で見る
電話::0176-51-6770(十和田市役所観光商工部観光推進課観光企画係)
Web:http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000339.html

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(青森空港)

(三沢空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順...


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

日本の人気の滝TOP30!旅行好きが行っている全国の滝ランキング

華厳の滝や袋田の滝、白糸の滝などをはじめとする日本の有名な滝の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っている順...

涼しい処へ行きた~い!東日本の涼感スポット15県21選

暑い夏。いえ、昨今は熱い夏になってきていますね。そんな時は、だれもが涼しい場所に行きたい!東日本各地で筆者が実際に行き、涼し~い!もしくは寒~い!と感じた場所、...

東北の人気温泉TOP25!旅行好きが行っている温泉地ランキング

銀山温泉に秋保温泉、浅虫温泉郷や東山温泉などをはじめとする東北の温泉の中で、トリップノートの6万4千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っ...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...


秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...


冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

天然芝生の美しい海岸線!八戸・種差海岸の見どころ10選&楽しみ方3選

異国情緒ただよう、美しい海岸「種差海岸」。代表的な景観の「種差天然芝生地」をはじめ、趣ある松並木や西洋の古城のような展望台、"かぶあがり祈願"で有名な神社など見...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります