青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森】八甲田山麓に秋がやって来た!田代平湿原で紅葉狩り散策を楽しもう

取材・写真・文:

訪問エリア:47都道府県

2017年10月10日更新

650view

お気に入り

青森県にある田代平湿原。八甲田山麓の北東に位置する湿原で、約200万年前の八甲田山の火山活動によって形成されたカルデラ湖が長い年月をかけて湿原化したものです。雪解けが進むグリーンシーズンには、「田代平湿原植物群落」として青森市の天然記念物に指定されるほどに豊かな植生を誇る田代平湿原ですが、美しい秋の紅葉風景も実に見事!今回は、そんな田代平湿原の散策コースをぐるっと巡る秋の紅葉狩りツアーをご紹介します。

田代平湿原の入口すぐ近くにある龍神沼が神秘の絶景!

山麓に数多くの湿原を有する八甲田山系の中でも、最大規模の面積を誇るのが今回紹介する田代平湿原。標高およそ550mと、比較的高所に位置する湿原ですが、青森市内からアクセスする場合には、八甲田の山をずーっと登って行く国道103号線や県道40号線などを用いてアクセスすることが出来ます。

八甲田温泉の目の前、県道242号線のすぐ向かいにある駐車場に車を停めて、早速田代平湿原へと出発していきましょう!湿原は、森の中を抜ける散策路をしばらく歩いた先にあるのですが、まずは散策路の入口からすぐの所にある龍神沼に立ち寄ってみてください。

  • 写真:てっぴい秋の龍神沼

こちらがその美しい水面の様子を捉えた龍神沼の写真です。本当に小さな沼なのですが、水面はまさにエメラルドグリーンと言う表現がピッタリくるほど実に神秘的な色をしています!

透き通った沼の底に腐敗せず溜まった落ち葉の様子も実に見事ですので、ぜひとも田代平湿原の散策に出かける前に、まずはこちらの龍神沼の神秘的な水面の様子を写真に収めていくと良いでしょう。

田代平湿原駐車場
青森市 / その他スポット
住所:〒030-0955 青森県青森市駒込深沢766−2地図で見る
龍神沼
青森市 / 自然・景勝地
住所:青森県青森市田代湿原地図で見る

広がる秋の風景!田代平湿原の紅葉!

さて、龍神沼で美しい水面の様子をカメラに収めた後は、森の中の散策路を抜けて、いよいよ田代平湿原へと向かいましょう!湿原に設けられた散策コースは北側ルート、中央ルート、南側ルートの3つがあり、それぞれ延長558m、560m、432mの合計約1,600mの散策コースとして整備されています。

  • 写真:てっぴい田代平湿原の紅葉

所要時間はおよそ1時間。森の中を進む散策路を抜けると、パァーっと目の前一面に広がるのは、開放的な秋の空の景色とどこまでも向こうまで続く美しい湿原の様子です!特に湿原一面に生い茂る低草がみな一様に黄金色に輝く様子は、本当に素晴らしいですし、見事の一言。

それに相まって、ちょうど田代平湿原を囲む周囲の山々も赤やオレンジなどといった美しい秋の装いに景色を変えるので、とても素晴らしい紅葉の風景を私たちに楽しませてくれます。

ちなみに、遊歩道を歩いていると見られる無数の湖沼群は、「池塘(ちとう)」と呼ばれる湿原独特なもので、池の水は雨水や雪解け水などにより供給されています。

美しい八甲田山と秋の田代平湿原のコラボレーション!

  • 田代平湿原と八甲田山の紅葉

田代平湿原の紅葉狩りで、もう1つ楽しみな景色と言えば、こちらの紅葉と八甲田山の素晴らしいコラボレーションです!湿原の中を抜ける遊歩道をしばらく進んで振り返ると、このような見事な八甲田の山を眺めることが出来ます。

冬期は厳しい寒さと積雪量で知られる八甲田の山。そんな八甲田山の初冠雪の平年値は10月17日です。秋と冬の季節のせめぎ合いである紅葉のシーズンは、運が良ければ雪の被った八甲田の山の様子と素晴らしい田代平湿原の紅葉の風景を同時に楽しめる可能性もあります。

夏の高山植物が咲き乱れる田代平湿原もおススメ!

  • 写真:てっぴい秋風に吹かれる田代平湿原のもみじ

皆様、素敵な田代平湿原の秋の景色を感じる今回の旅はいかがでしたでしょうか?八甲田周辺の山とともに田代平湿原が美しい黄金色に輝く季節は、例年9月の下旬~10月の中旬ごろ。

また、6月~8月にかけての夏のシーズンには、初夏の田代平湿原を彩る一面のワタスゲやレンゲツツジなどに代表されるように、高山植物の宝庫でもありますので、これらの季節の散策も非常におススメです!

田代平湿原
青森市 / 自然・景勝地
住所:青森県青森市駒込深沢 田代平湿原地図で見る

青森の旅行予約はこちら

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(三沢空港)

(青森空港)

青森のパッケージツアーを探す

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

秋の旅行に!9月・10月・11月の秋旅におすすめな国内旅先16選

9月、10月、11月の秋の時期におすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!家族で、カップルでのお出かけが楽しい秋。紅葉はもちろん、この時期ならではの美しい景...

2018全国のおすすめ紅葉名所46選!46都道府県のイチオシ紅葉スポット一覧

全国各地でさまざまな紅葉景色を楽しめる日本の秋。早いところでは9月から色づき始め、遅いところでは12月初旬まで見頃が続きます。一生に一度は見てみたい、46都道府...


涼しい処へ行きた~い!東日本の涼感スポット15県21選

暑い夏。いえ、昨今は熱い夏になってきていますね。そんな時は、だれもが涼しい場所に行きたい!東日本各地で筆者が実際に行き、涼し~い!もしくは寒~い!と感じた場所、...

【リゾートしらかみ】に乗って行こう!青森・十二湖散策スポット9選

青森県にある「十二湖」は、33の湖沼とブナ林が点在するエリア。中でも真っ青に透き通る「青池」は絶景スポットとして人気です。そんな十二湖へは、2017年4月1日に...


秋の絶景が見た~い!東北6県の紅葉スポット11選

暑い夏がすぎ、街が色づいてくると、お出かけ気分がムズムズ。自然が織りなす秋の絶景が見たくなりますね。東北6県で、筆者が独断と偏見でチョイスした紅葉スポットと、あ...

この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

手ぶらでラクラク日帰りサイクリング!房総半島南端の街・館山で楽しむ海の絶景

千葉県にある房総半島南端の街・館山市。例年1月~3月上旬頃にかけて沿道に菜の花が咲き乱れる房総フラワーラインや『南総里見八犬伝』で知られる里見氏の居城・館山城な...

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...


伊勢志摩絶景ドライブ!美しい海を感じるパールロードの展望台巡り

三重県伊勢市・鳥羽市・志摩市などに跨る志摩半島。リアス式海岸と呼ばれる複雑な海岸線が、幾つもの小さな入り江のような地形を造っており、美しい海の景色を楽しめる人気...

茨城県にある人気の紅葉スポット!花貫渓谷徹底散策ガイド

茨城県高萩市にある花貫渓谷。同じ県北エリアにある大子町の袋田の滝や、常陸太田市にある竜神大吊橋、そして県南部の筑波山と並んで、茨城県を代表する人気の紅葉スポット...


【愛知】知多半島の美しい海の景色を巡る絶景ドライブの旅!

愛知県にある知多半島。対岸に位置する渥美半島とともに、三方を海に囲まれた風光明媚な観光名所でもあります。名古屋などの大都市圏からも近くアクセス良好で、気軽に日帰...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?