オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

オーストラリアのクラフトビール 徹底比較!

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:33ヶ国

2018年12月5日更新

576view

お気に入り

写真:Booboo56

日本で人気の高まっているクラフトビールですが、オーストラリアでも非常に人気があり、様々な醸造所でたくさんの種類が造られています。この記事では、ビールの種類と、種類別のおすすめ商品、オーストラリアでクラフトビールを飲むいくつかの方法をご紹介します。ビールの種類で選ぶか、醸造所で選ぶかはあなた次第!いろいろ試して自分にあったビールを見つけてくださいね。

この記事の目次表示

クラフトビールとは

最近よく聞く「クラフトビール」。もともとは小さな醸造所(マイクロブルワリーとかブティックブルワリーと呼ばれています)で作られたビールのことを指します。

  • 写真:Booboo56

ここオーストラリアでは、大手ビールメーカーがマイクロブルワリーを吸収合併して、大々的に売り込んだ結果、クラフトビールが大流行し、個人経営のマイクロブルワリーも増加。クラフトビールは、まさに百花繚乱状態です。

オーストラリアのクラフトビールを飲んでみたい。でも何を飲んだらいいかわからない。そんな人のためにクラフトビールの種類とオススメビールをご紹介します。

クラフトビールの種類

オーストラリアの王道ビールは日本のキリンやアサヒなどのビールと同じ「ラガービール」で、スッキリした味わいの、ゴクゴク飲めるタイプです。一方、クラフトビールは「エール」と呼ばれるラガーとは違った醸造法で造られたビールが主流で、様々な味や香りを楽しみながら飲めるのが特徴です。


伝統的なエールビール

ペールエール(Pale Ale)

ペールエールは18世紀のイギリスで生まれました。苦味が少なく、モルト(麦芽)の甘味と香りを感じることができるビールです。

オススメは下の写真のジェームス・スクワイアー ワンフィフティー ラッシース(James Squire One Fifty Lashes Pale Ale)。シドニーの醸造所で、オーストラリアで初めてビールを造ったと言われるジェームス・スクワイアー(James Squire)にちなんでつけられました。

  • 写真:Booboo56

盗んだ原料でビールを密造していたジェームス・スクワイアーが、盗みの罰として受けた「鞭打ち150発(One Fifty Lashes)」を名前にもつこのビール、今のクラフトビールブームの火付け役になったと言えるほどの人気ビールです。

インディア ペールエール(India Pale Ale)

アイピーエー(IPA)と略されて呼ばれることが多いこのビールは、先にご紹介したペールエールをイギリスの植民地インドに輸出する際、腐敗しないようホップの量を増やして造ったのが始まり。ペールエールにホップの苦味が加わり、アルコール度数も高いのが特徴です。

「ペールエールは何となくガッツが足りない」と思ったら、これを試してみてください。結構癖になる味ですよ。このIPAのホップをもっと多くしたインペリアル・インディアペールエール、通称ダブルIPA(IIPA)というのもあります。

  • 写真:Booboo56

オススメは上の写真のニューステッド ツウ トゥ ザ バレー(Newstead Two to the Valley) IPA。アルコール度数6.4%、インパクトのある味です。

フルーティでトロピカルな味のエール

筆者がオーストラリアのクラフトビールの中で特に好きなのは、次にご紹介するXPA、サマーエール&パシフィック エールです。

エクストラ ペールエール(Extra Pale Ale)

エックスピーエー(XPA)はIPAよりは軽やかで、ペールエールよりはホップの量が多く、「エクストラ」な個性があるビールだそうです。その個性は色だったり、香りだったり、味だったり、ビールによって色々で、一概には言えないのですが、筆者のイチ押しはこのバルター(Balter)XPAです。

  • 写真:Booboo56

とにかく軽やかで、フルーティー。トロピカルでフローラルなアロマが特徴のビールなので、キレがあるラガー好きには受け入れてもらえないかもしれませんが、ものは試し、新しい発見があるかもしれないので、ぜひ飲んでみてください。2017年にクラフトビールの人気コンテスト(GABS HOTTEST100 Aussie Craft Beers2017)で第1位になったビールです。

サマー エール&パシフィック エール(Summer Ale&Pacific Ale)

この二つのエールはほとんど同じタイプのビールで、フルーティな味が特徴です。どんなフルーツの香りがするかは、使われるホップの種類によって変わり、オーストラリアのホップを使うとパッションフルーツの味が強くなるとのことです。

オススメはこのストーン&ウッド パシフィック エール(Stone&Wood Pacific Ale)です。2017年のクラフトビールの人気コンテストで第二位になったことを見てもわかる通り、バルターと肩を並べる美味しさです。

  • 写真:Booboo56

アルコール度数は先にご紹介したXPAの方が高いのですが、筆者にはXPAとこのサマー/パシフィック エールの味の違いがあまりわかりません。どちらにしても「フルーティーでトロピカル」なゴージャスなビールであることには違いありません。

セッションエール(Session Ale)

この2、3年人気が出てきたビールです。エールビールの特徴であるフルーティー、甘味のある味わいは生かしながら、飲み続けても酔っ払わないよう、アルコール度数を低くしたビールだそうです。

次のページを読む

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの 4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...


【オーストラリア】パースの港町・フリーマントルのオススメの過ごし方7選

西オーストラリア州・パースの中心地から約20km、パース駅からフリーマントル線で約30分の場所にあるフリーマントル(Fremantle)。入植時代から残る歴史的...

「世界一幸せな動物」クアッカに逢いにオーストラリア・ロットネスト島に行こう♡

みなさん、「世界一幸せな動物」の愛称で人気のクアッカワラビーをご存知ですか?クアッカはオーストラリアのロットネスト島に多く生息し、とても人懐っこく、観光客の自撮...


【オーストラリア】現地ガイドがイチオシする、フリーマントルマーケットの人気お土産6選

パースに訪れた際にはマストで寄っていただきたい、古い町並みを残したままの港町フリーマントル。週末だけ営業しているフリーマントルマーケットでは、お土産などの雑貨類...

この記事を書いたトラベルライター

頭の中は食べることばかり、元バックパッカー 
観光というより、暮らすように旅できるオーストラリア・クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの魅力をお伝えしたくて、トラベルライターになりましたが、なかなか思うような記事ができず奮闘中。
旅行の目的は「食べること!」、旅行先で出会った美味しいものもご紹介していきたいと思っています。

【岐阜】意外に絶景⁈ 金華山に登ってみよう

岐阜市民にとっての原風景は、金華山と長良川。特に金華山は、山頂の岐阜城と共に岐阜市のシンボルになっています。標高329mという気軽に登れる山なのですが、山頂から...

タイに行ったら、これ食べよ!おすすめスイーツ

タイではレストラン、スーパー、屋台、どこに行っても気軽に甘いものが食べられます。素朴な味がうれしいスイーツや、食べるのが惜しいほど美しいスイーツなど、種類も豊富...


オーストラリア このお土産で女子ウケを狙え!

お土産にコアラのキーホルダーはイマイチ。でも、何を買ったらいいのか迷う方のために、有名どころとはちょっと違うオーガニックコスメや、オーストラリアで定番の人気アイ...

【オーストラリア】サンシャインコースト!主要エリアと地元民オススメのアクティビティー5選

ブリスベンから車で1〜2時間で行けるサンシャインコースト地域。日本人にはあまり馴染みがありませんが、ケアンズやゴールドコーストのような「いかにも観光地」というと...


【香港】ランタオ島の漁村、大墺を歩く。

ランタオ島は香港国際空港、天壇大仏などがある香港で最も大きな島です。そこにあるのが、その昔「東洋のベニス」と呼ばれた漁村、大墺(タイオー)です。高層ビルが建ち並...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?