カナダ
カナダ観光
スケールの大きい自然や美しい自然を感じられる国

【カナダ】心ときめくチョコレートホリックなカフェ3選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:30ヶ国

2018年12月13日更新

1,237view

お気に入り

写真:jihen2

モントリオールやトロントなど、カナダ東部の都市の多くは、冬になると気温が−30℃まで下がる雪国エリア。そんな寒い地域だからこそエンジョイできるのが、チョコレート!心も体も温まる、寒い国ならではの幸せスイーツです。今回は、カナダで訪れたい、チョコレートに特化した素敵なお店をご紹介!

この記事の目次表示

【1】Juliette & Chocolate (ジュリエット&ショコラ)

  • 写真:jihen2

甘いモノ好きには有名な、モントリオール発のチョコレート専門店「Juliette & Chocolate」。赤を基調とした内装もとってもかわいいお店で、カフェスペースにはいつも行列ができています。

  • 写真:jihen2

定番メニューのひとつ「Petit Pot(4.95ドル/約419円)」。チョコレートムースやガナッシュやチャンクなどが何層にも重なった、チョコレートポットです。ベタベタに甘いわけではなく、いろいろな種類の甘さがあって、とってもおいしいです。

  • 写真:jihen2

「Marshmallow madness(7.75ドル/約665円)」は、濃厚なホットチョコレートの上に焼きマシュマロ、そこにさらにホワイトチョコレートがかかったドリンクメニュー。シャシャッと上にかかっているホワイトチョコレートの様子を「drizzle」(霧雨)と表現するのがユニーク。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2メニューブックもとってもかわいい

他にもクレープやチョコレートフォンデュなど、チョコレートメニューならなんでもありのラインナップで、どれも試したくなること間違いなし!一度は訪れてほしい、鉄板のチョコレートカフェです。

ジュリエット&ショコラ Centre-Ville店
カナダ / カフェ・喫茶店
住所:1626 Rue Sainte-Catherine, Westmount地図で見る
Web:https://www.julietteetchocolat.com

【2】CACAO70 (カカオ70)

  • 写真:jihen2

「CACAO70」は、カナダの主要都市に展開するチョコレート専門のカフェです。鉄板のチョコレートドリンクももちろんおいしいのですが、おすすめはワッフル!

  • 写真:jihen2Black and White Waffle/12.75ドル/約1,079円
  • 写真:jihen2Illegal Chocolate Waffle/12.5ドル/約1,057円

「Black and White Waffle(写真左)」は名前の通り、ダークチョコレートとチョコアイス、ホワイトチョコレートとバニラアイスという白黒を掛け合わせたメニュー。当然ながら、チョコレートソースがとってもおいしいです。ソースは、アイスにかけるとすぐにパリパリになるのも楽しいポイント!

「Illegal Chocolate Waffle(写真右)」というインパクト抜群のネーミング(illegal=違法な)のワッフルは、バニラアイスとフルーツが一緒に盛られてきます。

「CACAO70」のメニューは店舗によってラインナップが少し異なるので、どんなメニューがあるのかチェックしてから行くのがベター。ちなみにどの店舗でも頼めるクラシックココア(4.75ドル/約402円)も、ベーシックなおいしさでおすすめです。

カカオ70 St-Catherine W.店
カナダ / カフェ・喫茶店
住所:2087, Ste-catherine Street West, Montreal地図で見る
Web:https://cacao70.com/en

【3】FAVORIS (ファヴォリス)

  • 写真:jihen2

カナダ東部を中心に展開する、一風変わったチョコレート専門店「FAVORIS」。工房のような内装と、ずらりと並んだチョコレートプロダクトが圧巻です。

ここで販売しているソフトクリームは、好きなチョコソースにそのままソフトクリームをディップするという、びっくりなスイーツ!フレーバーやトッピングがたくさんあって迷ってしまいます。また、一番小さいサイズで2.75ドル(約232円)と価格もお手頃。12種類あるソースにディップするところが一番の見どころなので、お見逃しなく。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2

チョコレートや、チョコレートディップを家でできちゃうチョコソースも売っていて、フレーバーごとの異なるパッケージデザインがとってもかわいいです!味もパッケージもコレクションしたくなります。

日本ではなかなか出会えないスタイルなので、一度はチャレンジしてみる価値アリのお店です。

カナダでチョコレートホリックになりましょう♪

見た目も味も魅力的なカフェは、どれもハズレなしのおすすめです。ついついたくさんのチョコレートに手が伸びてしまうこと間違いなし!日本にいるときはそれほど頻繁にチョコレートを食べるほうではなかった筆者でしたが、なぜか魅了されてしまうのがカナダのチョコレートカフェ。ぜひトライして、チョコレートホリックになってみてください。

※値段はすべて記事執筆時点のレート(1カナダドル=84.6円)で計算しています

カナダの旅行予約はこちら

カナダのパッケージツアーを探す

カナダのホテルを探す

カナダの航空券を探す

カナダの現地アクティビティを探す

カナダのWi-Fiレンタルを探す

カナダのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


実はカナダの首都はオタワ!1日で巡れる観光スポット

カナダと言えば日本ではバンクーバーやナイアガラが有名ですが、首都はオタワというのは、実はあまり知られていないのではないでしょうか。国会など国の機関、歴史と関わり...


【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

コーヒーのメッカ、バンクーバーのサードウェーブコーヒーカフェ5選

バンクーバーは、実は世界でも有数のコーヒーの聖地。ニューヨーク発のトラベルサイトMatadorでも、コーヒー好きのための11の都市のうち、世界で第3位にランクイ...

カナダの大都市トロント、在住者が目的別にオススメするおしゃれカフェ7選

トロントはカナダ第一の大都市で、飲食店も激戦区!東京同様に、良いお店は山ほどあります。でも旅のテーマや街歩きの目的は人それぞれ。たくさんの素敵なカフェの中から、...

【カナダ】モントリオールの二大美術館「モントリオール美術館」と「モントリオール現代美術館」を楽しむ完全ガイド

フランス文化が根付くモントリオールは、アートも盛んなので訪問先としておすすめです。モントリオールに来たら外せない二大美術館「モントリオール美術館」と「モントリオ...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?