中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【張裕酒文化博物館】世界で称賛される中国ワインを訪ねて(山東省・煙台)

取材・写真・文:

埼玉在住
訪問エリア:23ヶ国

2020年8月12日更新

75view

お気に入り

写真:ある通訳案内士

「中国のワイン」と聞いても、ピンと来る人は多くないでしょう。しかし中国は、ワイン消費量が2014年以降世界第5位を維持している、知る人ぞ知るワイン消費大国なのです! (2018年における市場シェアは、輸入ワインと国産ワインがほぼ半々)今回は、そんなワイン大国の中国を代表するワインメーカー、烟台張裕葡萄醸酒社の博物館「張裕酒文化博物館」についてご紹介します。

この記事の目次表示

120年以上の歴史を持つ煙台のワイン産業

  • 写真:ある通訳案内士そんなに有名ではないが煙台も大きな街

中国の山東省の都市・煙台のワイン産業は120年以上の歴史を持ちます。市内にはワイン関連企業が150以上あり、2018年のワイン生産量は中国の生産量の40%にも上ります!

煙台は1987年にOIV(国際ブドウ・ワイン機構)からアジアで唯一の「国際ブドウ・ワイン都市」に選ばれる等、世界からもその高い価値を認められているワインの街なのです!

そんな煙台を代表するワインのリーディングカンパニーとして中国の近代ワインの礎を築いたのが、今回ご紹介する博物館を建てた、烟台張裕葡萄醸酒社です。

張裕酒文化博物館

  • 写真:ある通訳案内士重厚な雰囲気の張裕酒文化博物館

張裕酒文化博物館は立派な外観の洋風の建物となっています。敷地内は広々としていて、噴水があったりと優雅な雰囲気です。ちなみに、同じく山東省の青島にある青岛啤酒博物馆(青島ビール博物館)とやや似た趣でした!

展示

  • 写真:ある通訳案内士豊富な展示品

張裕酒文化博物館内の展示では、中国や煙台におけるワイン造りの歴史が紹介されています。ワインを造る機械やその当時の流行が反映されているポスター等があり、歴史ある煙台のワイン造りの一端を垣間見ることができます。模型による展示や映像もあって視覚的にも分かりやすくなっており、外国人旅行者も十分楽しめるでしょう。

また、地下にはワイン用の大きな樽が並んでいます。長い通路の両側に樽がズラーっと並んでいる光景は圧巻です・・! スケールがすごい!

ブランデーのお土産

  • 写真:ある通訳案内士来館者へのお土産はブランデー

ワインではないのですが、張裕酒文化博物館ではブランデーを瓶に詰めて、お土産として持ち帰ることができます。追加料金はかかりません。ラベルにはしっかり張裕酒文化博物館の名前が書いてあるので、良い記念となりますね!

作り方は簡単です。瓶にラベルを貼り、樽からブランデーを入れるだけです。こぼれないようにしっかり蓋をしましょう。

ワインの試飲

  • 写真:ある通訳案内士優雅に煙台ワインの試飲

張裕酒文化博物館では、ワインの試飲をすることができます。お土産にワインを買わない場合でも、世界が認める煙台ワインの味をしっかり確かめてみてください! 烟台張裕葡萄醸酒社の人々の試行錯誤の成果が詰まっています。

ワインの試飲会場は広々としているやや豪華な作りで、多くのお客さんが一度に入ることができます。

張裕酒文化博物館へのアクセス

  • 写真:ある通訳案内士ワインだけじゃない、張裕のお酒

張裕酒文化博物館は、中国の新幹線(高铁)が停車する駅である煙台駅からは車で約10分、煙台蓬莱国際空港からは約1時間と、アクセスが良い場所にあります。

煙台蓬莱国際空港には関西国際空港や中部国際空港 セントレアとの間に直行便が飛んでおり、3時間前後のフライトで移動することができます! 週末旅行など短期間でも、気軽に行くことができるのが嬉しいですね!

煙台は張裕酒文化博物館以外にも観光名所がたくさん

煙台は1398年に倭寇の襲来を防ぐ目的で築かれた狼煙台(のろし台)が名前の由来となっているなど歴史ある港町です。近代的 / 歴史的それぞれの顔を持つ煙台市街を散策をするのもいいでしょう。

また、張裕酒文化博物館以外にもサメをテーマにした水族館「煙台海昌鯨鯊館」等の観光施設や、煙台金沙灘というビーチリゾートがあるなど、見所は多いです! 夏は煙台のビーチリゾートで、のんびりワインを楽しむのも良さそうですね。

加えて、煙台から少し足を伸ばして、「中国四大名楼」の一つである蓬莱閣を訪れるのもオススメです。

終わりに

ワインというとヨーロッパや南北アメリカ、あるいは日本のイメージが強いですが、中国のワインも実は評価が高いのです! 中国に訪れた際には是非中国ワイン、特に煙台のワインを味わってみてくださいね。

張裕酒文化博物館
中国 / 博物館
住所:張裕酒文化博物館地図で見る
電話:5356632892

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年8月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


【中国】山東省・青島観光名所4選!ヨーロッパ風の街並みが残るオシャレな港街

日本で青島というと、宮崎市にある奇岩「鬼の洗濯板」が囲む島のことを指しますが、中国にも青島(チンタオ)があります! 日本でいえば神戸のような西洋風(ドイツ風)の...

一度は行きたい!世界の秘境・絶景スポット30選!

旅先にもおすすめ!美しい大自然から可愛い街並みまで、一度は訪れてみたい秘境・絶景スポットをご紹介。アジアからヨーロッパまで幅広くご紹介していますので、ぜひ旅の参...

【中国・蓬莱】不老不死の仙人が住む?五神山の一つを半日観光

中国の山東省に蓬莱(ほうらい)という場所があります。蓬莱は古代中国で東の海上(海中)にある、仙人が住むと言われていた仙境の1つで、五神山の一つに数えられています...

【中国】世界遺産の少林寺風景区!深山幽谷にたたずむ少林寺を訪ねよう

少林拳でも有名な中国・少林寺。「興味はあるけれど、なかなか行けない」という方も多いのではないでしょうか。しかし思い切って行ってみると、深山幽谷の中に点々と寺院や...

この記事を書いたトラベルライター

インドでIT企業に勤めていたバックパッカー
南インド・チェンナイ駐在してました/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/元インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドで海外に疲れてしまったので、しばらくは平和な日本を謳歌します^^
https://zipanger777.com

観光地ではない【真の中華街】池袋北口を1時間で手軽に散策!

日本の中華街(チャイナタウン)と言えば、日本三大中華街の、①横浜中華街、②神戸南京町、③長崎新地中華街、が有名ですよね? こちら、もちろんれっきとした中華街なの...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...


バンコクから2時間!日帰り旅行OKなカンチャナブリで外せない3つのこと

カンチャナブリという街をご存知でしょうか? タイ・バンコクから西へ車で2~3時間の、中規模の街です。タイで最も美しいと評判の滝や、第二次世界大戦中に旧日本軍がタ...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

【スリランカ】本格アーユルヴェーダを体験できる宿泊施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」

スリランカやインドで観光客にも人気のアーユルヴェーダ。泊まり込みでアーユルヴェーダにみっちり取り組む施設「ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハ・ゲダラ」が、スリラ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?