愛媛
愛媛観光
道後温泉・しまなみ街道が有名な、柑橘類の一大産地

歴史と文学、温泉が自慢の城下町・松山観光の楽しみ方5選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:46都道府県

2018年9月6日更新

2,675view

お気に入り

写真:サトホーク

四国最大の観光都市・愛媛県松山市。正岡子規、夏目漱石ゆかりのスポットから名物・鯛めしが食べられるお店、さらに日本最古の名湯として有名な道後温泉まで見どころ満載です!初めての方でも十分に満喫できる町、愛媛県・松山観光の楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

【1】400年以上の歴史を誇る名城・松山城を散策する!

まずはロープウェイ・リフトで空中散歩を楽しもう!

  • 写真:サトホーク松山城へ行くリフト
  • 写真:サトホーク松山城山ロープウェイ

城山の麓・東雲口駅舎から、8合目の長者ヶ原をまでをつなぐ「松山城ロープウェイ」。リフトとロープウェイ、どちらも利用することができ、ロープウェイは約3分、リフトは約6分で行くことができます。天気のいい日はリフトに乗って空中散歩を楽しんでみては?

松山城ロープウェイ
愛媛 / 乗り物
住所:東雲口駅舎:愛媛県松山市大街道3丁目2-46地図で見る
電話:089-921-4873
Web:http://www.matsuyamajo.jp/ropeway/

瀬戸内海の絶景も楽しめる!松山城「天守」

  • 写真:サトホーク松山城・天守

江戸時代初期、関ヶ原の戦いで活躍した武将・加藤嘉明(かとうよしあき)によって築かれた松山城天守。「江戸時代最後の完全な城郭建築」と呼ばれており、現在の天守は幕末の頃に再建されたものです。本丸広場は、春になると桜、秋には紅葉で彩られます。

  • 写真:サトホーク松山城天守閣からの眺望

松山城の天守は現在資料館として使われており、江戸時代前期の松山藩主・松平定行の甲冑や文書などが展示されています。天守閣の頂上からは松山市内の街並みや四国山地、瀬戸内海の眺望を楽しめます。

松山城
愛媛 / 城 / 観光名所 / 紅葉
住所:愛媛県松山市丸之内1地図で見る
電話:089-921-4873(松山城総合事務所)
Web:http://www.matsuyamajo.jp/

【2】明治を代表する俳人・正岡子規ゆかりのスポット巡り

幼少期の子規が過ごした生家「子規堂」

  • 写真:サトホーク子規堂

「子規堂」は松山市駅から歩いて5分のところにある、俳人・正岡子規に関する資料館。子規が2歳から上京する17歳までを過ごした生家の一部を復元しています。正岡子規が使った遺墨や、雑誌『ほとゝぎす』の直筆原稿などが展示されています。

  • 写真:サトホーク坊っちゃん列車の客車

子規堂の前には明治時代、松山駅と郊外にある三津までを走っていた「坊っちゃん列車」の客車も展示されており、子規の友人で文豪・夏目漱石の「坊っちゃん」についても紹介しています。あわせてチェックしてみて。

子規堂
愛媛 / 博物館・美術館
住所:愛媛県松山市末広町16-3正宗寺内地図で見る
電話:089-945-0400
Web:http://shikido.ehime.jp/

子規の足跡を紹介する「松山市立子規記念博物館」

  • 写真:サトホーク松山市立子規記念博物館

あわせて、道後公園のすぐのそばにある「松山市立子規記念博物館」も見学しましょう。子規直筆の手紙や作品、書簡などを展示しており、交流があった夏目漱石や高浜虚子(たかはまきょし)、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)に関する資料も見られます。

  • 写真:サトホーク愚陀佛庵(再現)

見どころのひとつが、正岡子規と夏目漱石が約1カ月間過ごした「愚陀佛庵(ぐだぶつあん)」を再現したもの。漱石が松山で中学校の英語教師として赴任した時に下宿していた家で、子規も病気療養のために居候したといわれています。家の中に入ることもできるので、ぜひ見学してみて。

子規記念博物館
愛媛 / 博物館・美術館 / 博物館
住所:愛媛県松山市道後公園1-30地図で見る
電話:089-931-5566
Web:http://sikihaku.lesp.co.jp/

【3】長編小説『坂の上の雲』の世界を体感できるスポット巡り

『坂の上の雲』の世界を紹介するミュージアム

  • 写真:サトホーク坂の上の雲ミュージアム

小説家・司馬遼太郎(しばりょうたろう)の代表作『坂の上の雲』。松山出身の軍人・秋山好古(あきやまよしふる)・真之(さねゆき)兄弟、そして正岡子規を主人公として描いた長編小説です。その作品の世界を体感できるスポットが「坂の上の雲ミュージアム」です。

  • 写真:サトホーク坂の上の雲ミュージアムにある「絵はがき新聞体験」

ミュージアム内は司馬遼太郎直筆の原稿や資料をはじめ、明治時代の松山や日露戦争時の貴重な資料などが展示されています。また明治時代に発行された新聞の印刷や、モールス信号などの体験を通して『坂の上の雲』の時代背景をわかりやすく解説しています。

坂の上の雲ミュージアム
愛媛 / 博物館・美術館
住所:愛媛県松山市一番町三丁目20番地地図で見る
電話:089-915-2600
Web:https://www.sakanouenokumomuseum.jp/

ミュージアム見学後は、大正ロマン薫る洋館「萬翠荘」へ

  • 写真:サトホーク萬翠荘

坂の上の雲ミュージアムから歩いてすぐの場所にある「萬翠荘(ばんすいそう)」。正岡子規や秋山好古とゆかりのある、旧松山藩主の子孫・久松定謨(ひさまつさだこと)の別邸として大正時代に建てられました。洋館の近くには、子規と夏目漱石が俳句作りに没頭した「愚陀佛庵」の跡が残されています。

  • 写真:サトホーク萬翠荘にあるステンドグラス

萬翠荘の見どころのひとつが、階段の踊り場にある大きな帆船を描いたステンドグラス。久松が明治時代、好古と一緒にフランスの陸軍士官学校に入校するために海原を渡ったイメージを描いたといわれています。

萬翠荘
愛媛 / 建造物 / 観光名所
住所:愛媛県松山市一番町3-3-7地図で見る
電話:089-921-3711
Web:http://www.bansuisou.org/

『坂の上の雲』の主人公の家・秋山兄弟生誕地

  • 写真:サトホーク秋山兄弟生誕地

『坂の上の雲』の主人公で、日露戦争で多大な功績を残した秋山好古・真之兄弟の生家を再現したスポット。秋山兄弟ゆかりの書簡や資料などが展示されており、常駐のボランティアスタッフによる解説も聞くことができます。ミュージアムだけでなく、生誕地で2人の足跡をたどってみては?

秋山兄弟生誕地
愛媛 / 博物館・美術館
住所:松山市歩行町2-3-6 地図で見る
電話:089-943-2747
Web:http://www.akiyama-kyodai.gr.jp/

次のページを読む

愛媛の旅行予約はこちら

愛媛のパッケージツアーを探す

愛媛のホテルを探す

愛媛の航空券を探す

愛媛の現地アクティビティを探す

愛媛のレンタカーを探す

愛媛の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


温泉街が楽しい人気の温泉地TOP15!旅行好きが行っている温泉ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉など、全国各地の温泉街が楽しい温泉地の中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行...


愛媛の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

道後温泉本館や松山城、しまなみ海道などをはじめとする愛媛県の観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に...

【2020】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

【国内】女子ひとり旅におすすめ旅行先6選と各観光スポット!第一弾

1泊2日や2泊3日で一人旅を計画している女子必見!初心者にもおすすめの国内旅行先と各観光スポットをご紹介。京都を始め、一度は行きたい厳島神社や出雲大社、法隆寺な...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!
<★実績★>
☆トラベルライターアワード 2018年☆
「国内記事部門 SNSシェアトップ賞」受賞
☆トラベルライターアワード 2017年上半期☆
「編集部特別賞」受賞

はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/satohawk/

東京のブルックリン!蔵前で行きたい散策スポット・お店16選

東京を代表する下町・浅草の近くにある蔵前。駅近くには隅田川が流れていて、カフェや雑貨店など、倉庫をリノベーションしたおしゃれな建物がある点がニューヨーク・ブルッ...


箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!おすすめスポット・お店10選

新宿駅から小田急線の特急ロマンスカーで、東京駅からJRと箱根登山鉄道に乗って約1時間30分のところにある「箱根湯本」。大涌谷や芦ノ湖、仙石原といった箱根で人気の...


【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...

【滋賀】SNS映えしそう!長浜のおすすめ観光スポット・お店10選

豊臣秀吉が城を築いた城下町として栄えた滋賀県長浜市。長浜城をはじめ、「黒壁スクエア」や琵琶湖に浮かぶ「竹生島(ちくぶじま)」などインスタグラムに投稿してみたい観...

【岡山】倉敷美観地区で観光&グルメを満喫♪おすすめスポット10選

かつて江戸幕府の直轄地であり、輸送物資の集積地として栄えた町、岡山県・倉敷。日本初の私立近代西洋美術館をはじめ、町家や白壁の蔵をリノベーションしたお店まで、十分...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?