ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

冬に行くなら12月で決まり!クリスマスマーケットで賑わう【ドイツ】

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:35ヶ国

2017年11月23日更新

5,804view

お気に入り

12月のドイツは街中がキラキラと輝き、冬の中でも一番ワクワクする月。そんな12月に開催されるクリスマスマーケットは、ドイツ国内各地で楽しむことができるビックイベントです。冬のドイツは暗くなるのが早く、人々が街を行きかう時間が少ないように思われがちですが、寒さを吹き飛ばす街の煌めきを楽しめる12月は旅行をするのにオススメです!クリスマスマーケットならではの楽しみ方やグルメ、お土産にもいいクリスマスグッズを紹介します!

この記事の目次表示

クリスマスマーケット開催期間は?

クリスマスから遡って4週前(11月25日頃)からクリスマスイブまで開催されるのが一般的です。ドイツではこの時期、あらゆる町の広場に可愛らしい屋台が軒を連ねます。各地で特色を生かしたマーケットが開催されているので、この時期はクリスマスマーケットめぐりをする観光客も多いです。今回は、筆者が訪れたいくつかを紹介しましょう。

一度は行きたいクリスマスマーケットがある都市

1. 歴史あるマーケットで有名「ニュルンベルク」

ドイツで最も古いとされるクリスマスマーケットの一つがあるのが、ニュルンベルクです。そのマーケットは「クリストキントレスマルクト(Christkindlesmarkt)」というもので、16世紀半ばに始まったとされています。

メイン会場は旧市街のニュルンベルク中央マーケットで、昔から変わらない雰囲気の屋台が所狭しと並んでいます。ドイツで最も有名なクリスマスマーケットなので、世界中から多くの観光客が訪れます。

クリストキントレスマルクト
ドイツ / 市場・朝市
住所:Hauptmarkt, 90403 Nürnberg, ドイツ地図で見る
Web:http://www.christkindlesmarkt.de/en/

2. 大都市に現れる幻想的なマーケットがある「ベルリン」

世界で一番多くのクリスマスマーケットがある街と言われる首都ベルリン。その数は100以上に昇るそうです。数あるクリスマスマーケット中でも、てっぺんに星をつけたテントがずらりと並んでいる「ジャンダルマンマルクト(Gendarmenmarkt)」が有名です。

  • 写真:dory

こちらは13歳以上の入場料が1ユーロ(約130円)かかりますが、街中とは思えない幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

  • 写真:dory

クリスマスマーケットで楽しめるアクティビティ

クリスマスの準備をする大人たちだけでなく、子どもたちもたくさん訪れるのがクリスマスマーケット。多くのアクティビティがあり、家族連れでも楽しめる場所となっています。

1. アイススケート

  • 写真:dory

寒い冬の定番アクティビティといえば、アイススケートです。マーケットを楽しんで冷えた身体を動かして温めることもできますね!

2. メリーゴーランド

  • 写真:dory

マーケットを彩るライトの中には、大きなメリーゴーランドが設置されているところもあります。まるで街中が一瞬で遊園地のようになります。

クリスマスマーケットならではの必食グルメ

クリスマスマーケットで見逃せないのものの一つが、クリスマスマーケットならではの屋台フードです。地域によって特色のあるものもありますが、まずは定番を押さえましょう。

1. グリューワイン(Glühwein)

冬のドイツには欠かせない、ホットでスパイシーなグリューワイン(ホットワイン)。シナモンやクローブといった香辛料と、オレンジピールやレモンなどを加え、砂糖やはちみつで甘みをつけて温めて飲みます。

  • デポジットを含めて5〜6ユーロ(約660〜800円)程度

グリューワインを頼むと、素敵なマグに入れてくれます。このマグカップにはデポジットが含まれていて、飲み終わって返却すれば返金されますし、そのまま持ち帰ることも可能です。

クリスマスマーケットごとにさまざまな柄やデザインのマグがあり、場所によっては屋台で異なることもあるので、コレクターも多いです。お気に入りがあれば、ぜひお土産にしましょう。

2. シュトーレン(stollen)

ドライフルーツとナッツがぎっしり詰まったシュトーレン。大きさなどにもよりますが、15ユーロ(約2,000円)くらいが相場です。

ドレスデンという地域がシュトーレン発祥の地なので、ドレスデンのクリスマスマーケットではとくに伝統的な味を楽しめますし、スーパーなどでも簡単に手に入ります。日持ちするので、お土産にもいいでしょう。

3. ジャーマンソーセージ

地域によって味・色・大きさが異なり、特色も違うので、ソーセージだけを食べ歩きしても面白いです。クリスマスマーケットでも、もちろん各地で様々なソーセージを楽しむことができます。筆者が食べたいくつかをご紹介します。

ニュルンベルガー・ブラートヴルスト(Nürnberger Bratwurst)

ニュルンベルク地方のソーセージ。600年以上も前(14世紀ごろ)にはすでに食べられていたといわれる、歴史の古い伝統グルメです。

  • 2〜3ユーロ(約260〜400円)程度が相場

小さくて細い独特のソーセージで、屋台ではパンに挟んでいただきます。

カリーブルスト(Currywurst)

長いソーセージを一口大にカットし、ケチャップやマヨネーズ、カレー粉がまぶされているソーセージ。トレイに盛り付けられ、爪楊枝で食べるというドイツではポピュラーなソーセージです。

こちらはベルリン発祥のグルメですが、ドイツ国民のソウルフードとも言われるほどの国民食で、専門店もたくさんあります。2〜3ユーロ(約270〜400円)なので、気軽におやつ感覚で食べられるのも魅力です。

4. ゲブラーテネシャンピニオン(Gebratene Champignons)

シャンピニオンは、どんなお祭りでも見かける定番の屋台フードです。

  • 写真:dory3ユーロ(約400円)程度

マッシュルームのソテーに、サワークリームやガーリックソースなどをかけていただきます。ソーセージに飽きたら、美味しいマッシュルームはいかがですか?

5. レープクーヘン(Lebkuchen)

ハートの形のジンジャーブレッドにアイシングが施されたレープクーヘンも、クリスマスならではのものです。

  • 写真:dory安いものだと12ユーロ(約1,600円)くらいから

ニュルンベルクが元祖で、蜂蜜や香辛料、オレンジ・レモンの皮やナッツを使ったクッキーで、スパイシーで少し癖のある味です。部屋に飾ってオーナメントとしても使えるので、お土産にもオススメです。

お土産にもいい!クリスマスマーケットならではのグッズ

1. クリスマスオーナメント

もともとはクリスマスの準備をするためのマーケット。自宅のツリーを飾り付けるオーナメントもたくさん売られています。

  • 写真:dory

定番の星やハートなどの他にも、こうした国旗のオーナメントであったり、キャラクターのオーナメントもたくさん揃えられています。

2. くるみ割り人形

クリスマスツリーに金紙を包んだ胡桃を飾る習慣があることから、くるみ割り人形はクリスマスの代表的な装飾品です。マーケット内でたくさん見かけることができます。

  • 写真:dory

また、ニュルンベルクでは顔がクルミ、体はプラムやイチジクで作られた人形「ツヴェッチゲメンレ(Zwetschgemännle)」が特産品です。くるみがクリスマスと密接に関わっていることが分かりますね。

まとめ

いかがでしたか?クリスマスマーケットは世界各地で毎年開かれていますが、やはり発祥の地と言われるドイツに行きたくなったのではないでしょうか?

ドイツ国内には数え切れないくらいのクリスマスマーケットがあるので、ぜひいろいろ回ってみてください。その土地ならではのグルメや名産品を見つけることができますよ。

※記事内のユーロから日本円への換算は2017年11月現在のレートを利用しています。

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ドイツ】ディズニーランドの城のモデル!ノイシュバンシュタイン城

ドイツ観光の代表かつ人気ナンバーワンの名所である「ノイシュバンシュタイン城」は、ディズニーランドのお城のモデルと言われています。ロマンティック街道の最南端である...


【保存版】ドイツのお土産・厳選10選!

ドイツは、30年前のベルリンの壁の崩壊で西ドイツ・東ドイツが統一され、激動の歴史を物語る観光スポットやお土産が多くあります。また、スーパーで買える定番お菓子から...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

【ドイツ】お土産にぴったり!ドラッグストアで手に入れたいプチプラアイテム

ソーセージやビールのイメージが強いドイツですが、実はオーガニックコスメ大国でもあります。日本でおなじみの「ニベア」を始め、ドイツ生まれのスキンケアアイテムが豊富...

【ドイツ・ケルン】世界最古のオーデコロンを今も製造販売する香水屋「ファリナハウス」

1709年にドイツ・ケルンで誕生した香水の一種、オーデコロン。その歴史を解説しつつ、今なお世界最古のオーデコロンを製造販売する「ファリナハウス/Farina 1...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...


【オーストラリア】ぜ~んぶ無料のメルボルン観光スポット10

物価の高いオーストラリア。ツアーや旅行中の食事でもう既に予算がない!なんてことも。そんなときに助かる無料で楽しめるスポットがたくさんあるんです。これを見れば貧乏...

【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?