茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】境町で隈研吾の建築物6つを巡る!サンドイッチ店やカフェあり

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:45都道府県

2021年7月13日更新

5,083view

お気に入り

写真:Sosyu Kikuchi

東京駅から車を使って約1時間でアクセス可能な茨城県境町(さかいまち)。町内には、世界的に有名な建築家・隈研吾(くまけんご)氏の建築物が自治体最多となる6棟あります。建築物にはそれぞれ異なったコンセプトがあり、サンドイッチ店、カフェ、美術館、研究開発施設、レストラン、資料館、として使われています。この記事では6つのスポットを巡りつつ、境町観光を楽しめるプランをご紹介しています!

この記事の目次表示

境町ってどんなところ?

東京駅から1時間で行ける

境町は、埼玉県と千葉県に隣接する町で、利根川と江戸川の分岐点に位置しています。かつてはこの水運を活かした「河岸(かし)のまち」として、人や物が交流し栄えました。圏央道の境古河ICを利用すれば、東京駅まで約1時間という好立地です。

  • 写真:Sosyu Kikuchi「河岸(かし)のまち」として知られる境町

2019年にはふるさと納税の寄付受入件数が全国16位と大人気で、県内一と言われています。米や豚肉など多様な農畜産物が揃いますが、なかでも「さしま茶」は名物と言っていいでしょう。日本から初めて海外輸出されたお茶として有名です。

  • 写真:Sosyu Kikuchiさしま茶

スローガンは「自然と近未来が体験できるまち」

エネルギッシュな境町を牽引するのは橋本町長です。町長が掲げるスローガンは「自然と近未来が体験できるまち」で、実際に境町を旅すると、そのスローガンに向けて着実に進んでいることが伺えます。

例えばスローガンにある「自然」については、地産地消の取り組みを至るスポットで感じられ、食の豊かさを体感できます。「近未来」については、自治体初となる自動運転バスの定常運行や、今回ご紹介する世界的な建築家・隈研吾氏設計による建物が6棟あることが表しているでしょう。

隈研吾氏ってどんな人?

世界的な建築家

隈研吾(くまけんご)氏とは、高輪ゲートウェイ駅をはじめ、話題となるさまざまな建築物を手掛ける建築家です。これまで20カ国以上の国々で建築を設計し、国内外で多数の賞を受けています。

  • 写真:Sosyu Kikuchiさかい河岸レストラン 茶蔵

その土地の環境や文化に溶け込む建築を目指し、コンクリートや鉄に変わる素材の探求を通じて、工業化社会後の建築の在り方を模索しているのだとか。特に木材を使った「和」の建築物に定評があるそうです。

  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館

境町との関わり

隈研吾氏は境町の橋本町長と交流があるそうで、町内には隈氏設計の建物が6棟も点在しています(2021年7月現在)。サンドイッチ店、カフェ、レストラン、美術館など使われ方は様々で、建築物を見て楽しむだけでなく、一般的な観光スポットとしても人気です。

町内に散らばる6つのスポットを全て巡ると、境町オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーも随時開催中です(2021年7月現在)。筆者が参加した際のグッズは、ポストカードセットでした。スポット同士は近くに位置していますので、ぜひ気軽に参加してみては。

  • 写真:Sosyu Kikuchi境町/スタンプラリー

それではさっそく以下より、境町にて隈研吾氏が手がけた6つのスポットをご紹介していきます!

【1】さかいサンド(道の駅さかい内)

「境町のおいしいものを丸ごとサンド」をコンセプトにした、具沢山系のサンドイッチ店です。人気のためオープン前から行列します。店外や店内には、格子状に組まれた木材があちこちに。初めて見るユニークなデザインに注目です。

  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)
  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)
  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)

サンドイッチの材料は、とことん地元産にこだわっています。例えばパンの原料となる小麦粉には、境町産の「ゆめかおり」を使用。サンドされる野菜も地元で採れたもの。ふわふわのパンに、ぎっしり詰まったサンドイッチが絶品です。

  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)
  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)

メニューはお食事系からデザート系まであります。またタルトも購入可能です。注文した「さかいのお野菜たっぷりサンド(432円)」の断面にはあふれんばかりのお野菜が。ボリュームたっぷりです。

  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)
  • 写真:Sosyu Kikuchiさかいサンド(道の駅さかい内)メニュー

さかいサンドの店舗は、「道の駅さかい」の敷地内にあります。直売所も併設されていますので、ここで各種お土産もゲットできます。おすすめは、境町の地ビール「さかい河岸ブルワリー」のビール(550円~/本)。さしま茶の香りが楽しめる、珍しい商品もあります。

  • 写真:Sosyu Kikuchi直売所(道の駅さかい内)
  • 写真:Sosyu Kikuchiさかい河岸ブルワリー(道の駅さかい内)
  • 写真:Sosyu Kikuchiさかい河岸ブルワリー(さしま茶IPA)
さかいサンド
茨城 / パン・サンドイッチ
住所:茨城県猿島郡境町1341-1地図で見る
電話:0280-81-3101
Web:https://www.sakaimachi.co.jp/michinoeki/sand/
道の駅さかい
茨城 / 道の駅・サービスエリア / おみやげ屋 / ファーマーズマーケット / レンタサイクル / 納豆
住所:茨城県猿島郡境町1341番地1地図で見る
電話:0280-87-5011
Web:http://www.town.sakai.ibaraki.jp/page/page000596.h...

【2】HOSHIIMONO 100 Café

読み方は「ホシイモノヒャッカフェ」。地元産の干し芋と、干し芋を使ったスイーツやドリンクが楽しめる「干し芋カフェ」です。本記事でご紹介中の6つのスポットのうち最も新しく、2021年5月末にオープンしました。

  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café
  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café
  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café

杉の木をふんだんに取り入れ、イモの繊維を表現したデザインの建築なのだとか。確かに外観をよく見ると、細長い木材が豊富に使われていますね。店内は、木のナチュラルカラーと白でまとまった配色です。でこぼこした立体的な空間となっています。

  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café/外観
  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café

「HOSHIIMOミルク(650円)」は砂糖不使用とのことで、干し芋の優しい甘さとトロトロとした滑らかな飲み心地が魅力です。ハンドドリップコーヒー(550円~)もあります。各種ドリンクには一口サイズの干し芋が付いてきました。

  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café/HOSHIIMOミルク(650円)
  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café/メニュー
  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café/ハンドドリップコーヒー(550円~)

お土産にぴったりな干し芋ですが、実は品種がたくさんあります(紅はるか、シルクスイート、玉豊、など)。もし迷われたら「玉豊(たまゆたか)」にチャレンジしてみては(540円/120g)。近年生産者が減ってしまい手に入りにくくなった、昔ながらの歯ごたえある貴重な品種です。

  • 写真:Sosyu KikuchiHOSHIIMONO 100 Café/干し芋のお土産
HOSHIIMONO 100 Café
茨城 / カフェ・喫茶店
住所:茨城県猿島郡境町坂花町1459-1地図で見る
電話:0280-33-3118
Web:https://www.hoshiimono100ka.com/

【3】S-Gallery 粛粲寶美術館

「孤高の画家」と呼ばれた、粛粲寶(しゅくさんぽう)の絵画作品が展示された美術館です。このスポットは、芸術に触れられる文化振興の拠点、地域活性化を目的として設立され、2020年8月に開館しました。

  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館
  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館
  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館

建物には木材を多用し、白色を基調としていることから、柔らかな空間を堪能できます。細長い設計のおかげで、美術作品の見学がスムーズに行えます。窓も多く、明るく清潔感たっぷりの館内です。

  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館

粛粲寶(しゅくさんぽう)は新潟県出身ですが、晩年を境町で過ごし91歳で生涯を終えました。彼の絵画は、おおらかで文人画調の独特の画風を構築したことで高い人気を集めました。確かに絵を見ていると、文字が添えられていることが多く、何かしらのメッセージを伝えていることが分かります。

  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館
  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館

館内の展示品は写真撮影不可となっています(建築物の様子など、絵が写らない範囲であれば撮影可能)。館内では、トートバッグやTシャツなど、オリジナルグッズの販売も行っています。

  • 写真:Sosyu KikuchiS-Gallery 粛粲寶美術館
S-Gallery 粛粲寶美術館
茨城 / 美術館
住所:茨城県猿島郡境町坂花町1455-1地図で見る
電話:0280-23-4148
Web:https://www.instagram.com/s.gallery_shukusanpo/

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、日帰りで楽しめる関東近...

【2022】9月の国内おすすめ旅行先19選!連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の連休にもおすすめの国内旅行先をご紹介します。

【関東】7月のおすすめ花畑18選!7月に見頃を迎える花の名所ガイド

7月は、あじさい、ラベンダー、ひまわりなどの花々が見頃を迎える季節。盛夏の空に映える花畑の光景を見に出かけませんか。7月に見頃を迎える関東の花の名所をご紹介しま...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
江ノ島出身、現在は霞ヶ浦湖畔で暮らしています。自然に触れる旅が好きで、これまで国内45県、海外13か国を訪問。地域に根付く食と文化を探るのも楽しみの一つです。

▶よくある執筆ネタ
・湧き水、ネイチャースポット
・焼き芋、食文化、町の飲食店

▶Awards
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019上半期」審査員特別賞
・R03.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2021上半期」SNSシェアトップ賞

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


人気の焼き芋が買える店を巡ろう!茨城県の焼き芋専門店・販売店13選

茨城県はサツマイモの生産地として有名です。最近では焼き芋を取扱うお店も増えました。地元住民、観光客どちらからも大人気です。この記事では茨城県内にある焼き芋専門店...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【茨城】絶景で人気の石切山脈だけではもったいない!石の町・稲田でおすすめのスポット8選

茨城の絶景スポットとして人気のある石切山脈のほか、同じ稲田地区にある観光スポットをまとめました。神社や酒蔵、グルメなど散策ポイントはたっぷりありますので、丸一日...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります