茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】「つくばサイエンスツアーバス」で巡る!科学のまち・つくばの研究教育施設

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:28都道府県

2022年1月14日更新

224view

お気に入り

写真:あやか

研究機関が揃い、サイエンスシティとも呼ばれる茨城県つくば市。そんなつくば市では、科学館や植物園などを巡る路線バス「つくばサイエンスツアーバス」も運行しています。本記事では、路線バスと研究機関を合わせてご紹介します。

この記事の目次表示

茨城県つくば市とは

茨城県の県南に位置するつくば市。かつては農村が広がる地域でしたが、1960年代から筑波研究学園都市としての開発が進み、現在は日本国内最大の学術都市として知られています。市内には、多数の研究機関があることもさることながら、北端には日本百名山の筑波山もあり、観光地にもなっています。

  • 写真:あやか東京へのアクセスも便利!つくばエクスプレス・つくば駅

2005年には、首都圏新都市鉄道つくばエキスプレスが開業し、つくば駅から東京都の秋葉原駅まで最短45分というアクセスの良さも魅力の一つです。

「つくばサイエンスツアーバス」について

サイエンスシティと呼ばれるつくば市で、6つの研究教育施設を巡るバスが「つくばサイエンスツアーバス」です。

  • 写真:あやか「つくばサイエンスツアーバス」外観

路線バスのように、乗り降り自由で、好きな研究教育施設を気軽に見学することができます。

  • 写真:あやか「つくばサイエンスツアーバス」1日乗車券。500円で乗り放題!

車社会の茨城県において、非常に便利な循環バスとなっています。

  • 写真:あやか「つくばサイエンスツアーバス」乗車券は特典付き♪
「つくばサイエンスツアーバス」の利用方法
【運行日】
・土曜日、日曜日、祝日のみ(年末年始を除く)
・夏休み期間は、月曜日を除き毎日運行
【料金ほか】
・大人500円、小学生250円、幼児無料(保護者同伴)
・一日乗り降り自由の乗車券(利用日当日に購入すること)
・水戸からの高速バス利用者は、サイエンスツアーバスとの乗り継ぎ割引(大人100円、小学生50円引き)が適用※割引には高速バスの乗車証明書が必要
【乗車券販売場所ならびに販売時間】
・関東鉄道株式会社つくば学園サービスセンター(BiViつくば1階)
・月〜土曜日/12:00〜19:00、日曜日/9:00〜17:00
【バスの発着場所】
・つくばセンター(つくば駅)バスターミナル8番乗り場
【スタッフガイド同行コース】
毎月第1・3土曜日、スタッフが同行し、各施設を説明付で見学できる、スタッフガイド同行コースもあり。スタッフガイド同行コースは、申込フォームからの事前予約が必須です。
※「つくばサイエンスツアーバス」の最新情報などの詳細はこちらをご覧ください。
  • 写真:あやか関東鉄道株式会社つくば学園サービスセンター(BiViつくば1階)入口

「つくばサイエンスツアーバス」で巡る研究教育施設

①地図と測量の科学館

バスルート:北回り(つくばセンターバスターミナルから約10分)
バス停留所名:国土地理院

地図や測量に関する歴史、原理や仕組みなど、私たちの生活にかかせない地図や測量の役割について、総合的に展示し、誰もが楽しみながら学べる施設が「地図と測量の科学館」です。

  • 写真:あやか「地図と測量の科学館」外観

館内には、国土地理院が作成の地図を展示する地図ギャラリー、様々なテーマで地図と測量の歴史について展示されている常設展示室、地図や測量に関するテーマで、随時企画展を実施する特別展示室などがあります。

屋外にも、直径約22メートルの日本列島球体模型、1960年から1983年まで、日本列島の航空写真を撮影していた、測量用航空機・くにかぜなどが展示されています。

じっくりと見学すると、約60分は必要となります。

地図と測量の科学館
茨城 / 博物館
住所:茨城県つくば市北郷1番地図で見る
電話:029-864-1872
Web:http://www.gsi.go.jp/MUSEUM/

②筑波実験植物園

バスルート:北回り(国土地理院から約10分)
バス停留所名:つくば植物園

「筑波実験植物園」は、国立科学博物館の一研究部門として、日本の植物について研究をする研究機関でありながら、一般向けに教育を提供する施設です。

  • 写真:あやか「国立科学博物館 筑波実験植物園」外観

1983年10月に開園し、通称・つくば植物園の名で、親しまれています。日本を代表する植物や、世界中の珍しい植物など、およそ3,000種類の植物が公開されています。敷地の広さは約14ヘクタールと、とても大きいので、少ない時間で見学をする場合は、ある程度エリアをしぼって見学すると良いでしょう。

筑波実験植物園
茨城 / 植物園 / 穴場観光スポット
住所:茨城県つくば市天久保4-1-1地図で見る
電話:029-851-5159
Web:http://www.tbg.kahaku.go.jp/

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022】2月の国内おすすめ旅行先40選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ、東京育ち。
田舎暮らしを求めて、2021年4月に茨城県の県北エリアに移住しました。

介護福祉士▷▷▷アーカイブ・大学史編纂の調査員▷▷▷地域おこし協力隊(現在)
フリーライターとしても活動中です。

好きなこと=「ことばとデザイン」を生業に、
生きていく方法を日々模索中。
https://note.com/ay_writer/n/n42f53162dc40

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...


【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

【栃木】車がなくても満喫できる!那須と宇都宮餃子を楽しむ日帰り観光プラン

東北新幹線や東北自動車道が通じており、都心からも日帰り可能な那須エリア。雄大な自然に囲まれ、夏は涼しく避暑地としても有名で、美術館や牧場など観光名所も沢山ありま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります