アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

天皇陛下もお立寄りになった「牡蠣小屋」で磯の香りが漂うアイルランド西部の牡蠣を堪能!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2016年6月14日更新

1,838view

お気に入り

写真:aka-region

首都・ダブリンから200キロメートル、国内第三の街・ゴールウェイ州郊外の新鮮な牡蠣で有名なシーフード専門店「Morans The Weir」。1985 年に、現在の天皇陛下が皇太子殿下時代にアイルランドにいらっしゃった際、お立ち寄りになったお店でもあります。ゴールウェイ市の外れにありながら、地元の人や観光客でいつも賑わっています。

この記事の目次表示

「牡蠣小屋」ができるまで

昔ながらの茅葺屋根がかわいらしいレストランMorans The Weirは、1790年に創業し、ゴールウェイ湾に面する小さな村の外れにひっそりと佇んでいます。もともとはパブ(パブリックハウスの略。アイルランドではコミュニケーションの場)でしたが、1960年代に現在のようなシーフードのレストランを構えるようになったようです。そこで提供される牡蠣が有名なことからMorans Oyster Cottage(牡蠣小屋)という愛称で親しまれています。

  • 写真:aka-region

おいしさの鍵は、OYSTE"R"

Morans The Weirでは、天然のゴールウェイ湾産の牡蠣は「R」のつく月(英語で9月~4月。September, October...April) しかありませんが、地元で獲れた牡蠣は年中楽しむことができます。

Moransのレストランの近所には、Dunkellin川とClarenbridge川が流れています。川の水とゴールウェイ湾の海水がぶつかるところには、700エーカーにも上る牡蠣を育てる漁場があります。ここは海水と淡水が混ざる場所であるため、牡蠣にとっては最高の環境となっています。市場に出回る大きさ(直径約8cm)になるまで、じっくりと3~5年をかけて成長させます。

  • 写真:aka-region「牡蠣小屋」の目の前に広がる風景。

レストランMoransで提供されている牡蠣は、主に2種類あります。GIGASという縦長い形の牡蠣は、白い部分が多く、柔らかいです。スルスル~と食べられます。また、EDULISという種類の平たくて丸い形の牡蠣は、身の大きさはGIGASと比べて小ぶりですが、潮の香りが強く、コリコリとした歯ごたえがあります。

  • 写真:aka-regionゴールウェイ湾産の牡蠣「EDULIS」

GIGAS、EDULISいずれもハーフ(6個)とダース(12個)を選ぶことができ、人数に合わせていずれかを選ぶとよいでしょう。また、生牡蠣は苦手という人でもガーリック・ブレッドクランブルをのせてグリルした牡蠣もあります。こちらはガーリックの香ばしい香りがたまりません。アイルランドの人たちは「牡蠣をビールで流し込む」というほど、レモンをほんの少し利かせた牡蠣と、コクのあるアイルランド産スタウトのGuinnessビールの相性はバツグンです!

  • 写真:aka-regionムール貝のグリル。ガーリック風味のクランブルをのせて。ムール貝用の皿で提供される。

牡蠣以外にも、新鮮な海の幸を使った料理が充実しています。前菜には、マヨネーズとさっぱりとしたレモンでマリネしたエビが贅沢に盛られたシュリンプカクテル、ムール貝のクリーム煮、蟹の鉤爪のガーリック焼きがオススメです。海鮮をふんだんに使ったクリームスープのクラムチャウダーも外せません。

メインには、オーガニックサーモンのグリルや4種類の海の幸が一皿に盛り付けされたMoran’s Seafood Specialも豪華です。また、デザートはアップルクランブルやブレッド&バター・プディング等のアイルランドの家庭料理の味も楽しめます。

  • 写真:aka-regionプリプリとした歯ごたえのエビを使った、シュリンプ・カクテル

茅葺き屋根のレストランには、寒い時には夏でも暖炉に火がたかれ、素敵な雰囲気となっています。入口付近には、アイルランドでは珍しい個室(最大6名程度)とカウンター形式のパブエリアがあります。さらに進むと、80人程度は入れる広い空間があり、年季の入った木の机と椅子が並べられ、昼や夜の食事時になるとアイルランドの黒ビールGuinnessビールを片手に、より一層賑やかな雰囲気になります。

  • 写真:aka-region「牡蠣小屋」のドアの向こうには、パブエリアがある。

ゴールウェイの街と、モハーの断崖やバレン高原方面を行き来する際には、ぜひ立ち寄って頂きたいレストランです。ただ、公共交通機関はお店の近くにはありませんので、ゴールウェイやリムリックといった近隣の大きな街から、レンタカーを利用されるとよいと思います。でもその時は、飲酒しない人を運転手に指名してあげてくださいね!

  • 写真:aka-region茅葺屋根の「牡蠣小屋」
Morans The Weir
アイルランド / 魚介・海鮮料理
住所:The Weir, Kilcolgan, Co. Galway, Ireland地図で見る
電話:+ 353-91-796-113
Web:http://www.moransoystercottage.com/

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年6月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【保存版】ヨーロッパのカフェ厳選10選!

旅するならば、ぜひ腰を下ろして待ちゆくひとを眺め、そこに流れる雰囲気を味わい、お茶の時間を楽しみたいものです。ヨーロッパにも無数にある個性的なカフェは、地元の人...


【アイルランド】ダブリンのおすすめレストラン厳選5選!

アイルランドの料理といえば、イギリス料理のように牧歌的で素朴な料理とよく言われますが、実は近年、フレンチから影響を受けた洗練された食事が流行ってきています。今回...

アイルランドの美食の都・コークのおすすめレストラン厳選3選!

アイルランドの第2の都市であるコークは、南西部に位置し、アイルランド屈指の美食の街として有名な街です。今回は、グルメな街コークにあるおすすめレストランを厳選して...

【アイルランド】ダブリンのカフェ厳選5選!

アフタヌーンティ文化が根付くアイルランド。今回は、地元ダブリンっ子にも人気の紅茶やコーヒーだけでなく、軽食もおいしいおしゃれな首都ダブリンのカフェをご紹介します...

食も雑貨もクラフトも!ヨーロッパの屋内マーケット厳選8選!

旅する最大の魅力の一つは、やはり現地の食文化や生活に触れることではないでしょうか?民族も言語も、日々の暮らしから生まれた食文化や生活習慣も異なるヨーロッパの国々...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】スウェーデンのお土産・厳選10選!

北欧スウェーデンには、手芸・工芸(クラフト)や、クラフト・ジン(酒)など「つくる」ことにこだわったお土産が多くあります。今回は、デザイン大国スウェーデンで質や独...

【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】ドイツのお土産・厳選10選!

ドイツは、30年前のベルリンの壁の崩壊で西ドイツ・東ドイツが統一され、激動の歴史を物語る観光スポットやお土産が多くあります。また、スーパーで買える定番お菓子から...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります