ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

【ラオス】古都ルアンパバーンでちょっと贅沢な大人の旅

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年9月28日更新

954view

お気に入り

旧市街の街ごと世界遺産になっているという、趣のあるラオスの古都ルアンパバーン。母なる川、メコン川のほとりにあるその街は、静かで穏やかな空気が流れている落ち着いた街です。そんなルアンパバーンを堪能する、大人の旅スタイルをご提案します。

この記事の目次表示

ラオスのおすすめツアー
【羽田発JAL深夜便利用/日本語ガイド送迎&毎朝食付】 ◆◇今注目の都市ルアンパバーン◇◆エコノミーホテル宿泊プラン 旅工房のラオスはアレンジ自在/弊社コンシェルジュにご相談下さい♪ 2泊5日 
96,800円~207,800円
【羽田発JAL深夜便利用/日本語ガイド送迎&毎朝食付】 ◆◇今注目の都市ルアンパバーン◇◆ナイトマーケットからすぐの好立地ホテル『インディゴ・ハウス(3つ星)』 2泊5日
101,800円~211,800円
【羽田発JAL深夜便利用/日本語ガイド送迎&毎朝食付】 ◆◇今注目の都市ルアンパバーン◇◆4つ星お値打ちホテルライフ!『ムアントン』 2泊5日 
103,800円~217,800円

フランス統治時代の建築物ホテル「ソフィテル ルアンパバーン」に泊まって、ホテルライフを堪能する

「ソフィテル ルアンパバーン」ホテルは、1900年代の知事の邸宅だった屋敷を改装したホテルで、客室25室のスモールラグジュアリーホテルです。また、フランス植民地時代の見本建築物でもあります。

ラオスの伝統建築物とフランス植民地時代の建築物が融合されたホテルの敷地内は、程良い広さで、落ち着いた雰囲気の大人向けなホテルです。

客室は全室スイートで、客室専用の庭には屋外バスタブも付いており、プライベートな露天風呂を楽しめます。

プールサイドでゆっくり読書

一年中温暖な気候のルアンパバーンでは、日中はホテルのプールでゆっくりしたいものです。さらにプールサイドでの読書は、非日常的で最高の心のデトックスタイムとなります。

クッキングクラスに参加して、伝統料理を堪能する

ホテル主催のクッキングクラスに参加すれば、ラオス伝統料理の知識と味覚を取得できて一石二鳥です。

筆者が参加した際には、写真のシェフと一緒に全4品作りました。クッキングクラスで作ったお料理は、後ほど美しくテーブルセッティングされたレストランにて頂けます。

今回作った料理は、

  • ラオス風生春巻き
  • ラオス風レッドカレー
  • 魚のすり身のバナナリーフ包み
  • レモングラスの肉詰め

の4品でした。ちなみにラオス料理は、タイとベトナムとカンボジア料理を融合させたようなお料理です。

ソフィテル・ルアンパバーン
ラオス / ホテル
住所:Ban Mano, Luang Prabang 0600, Laos地図で見る
Web:https://sofitel.accorhotels.com/gb/hotel-9669-sofi...

早朝のルアンパバーン観光を堪能する

托鉢

ルアンパバーンの朝と言えば、托鉢です。托鉢とは、僧が信者から食料などを受け取ることによって、信者に功徳を積ませるという修行の1つです。ラオスでは、信者がお布施を渡すとき、それをご先祖様に届けてもらうという意味合いもあるらしいです。

こんな小さな子供までもが、お布施の受け渡しを行なっているルアンパバーン。仏教への信仰心の強さが表れているように感じます。

ちなみに先に紹介した「ソフィテル ルアンパバーン」ホテルでは、有料となりますが事前に申し込みを行うことで、旧市街にある姉妹ホテルの前に托鉢用の場所をセッティングしてもらえ、餅米の用意もしてくれます。

プーシーの丘

かつてアマ・ルーシーとニョティカ・ルーシーという2人の仙人が、神の導きでこの山にたどり着き、ルアンパバーンの街をつくったという伝説から、この丘がある山は「仙人(ルーシー)の山(プー)」と名づけらたそうです。

丘の上に行くには328段ある階段を上らなければならないので、朝の涼しいうちに上ることをお勧めします。晴れた日には、ルアンパバーンの街並みとメコン川、カーン川が丘の上から見渡せます。

プーシーの丘
ラオス / 自然・景勝地
住所:Luang Prabang, Laos地図で見る

地元で人気のカオソーイ

ワット・セーン前にある、「カオソーイ」という愛称で呼ばれる飲食店。お店の正式名称はなく、数あるメニューのなかでもカオソーイが特に美味しいことで有名なので、地元の人達はこの店をカオソーイと呼んでいます。誰に聞いても、ここが1番と言っていました。朝7時半から開いているので、托鉢後にプーシーの丘を上ってから訪れると丁度いいタイミングです。

  • カオソーイ20,000キープ(約265円)

こちらが有名なルアンパバーンのカオソーイ。タイ北部のココナッツミルク入りのカオソーイと違って、ココナッツミルクが入っていないあっさりタイプです。トマト味が濃く、ミートソースのよう。もちろんハーブをたくさん入れて頂きましょう。

カオソーイ
ラオス / アジア料理
住所:Wat sene, Wat sene Luang Prabang地図で見る

街歩き

ラオスの伝統的な建物と、フランス統治時代の建物が混在した美しい街並みを、ゆっくりと散歩するのもおすすめです。朝の澄んだ空気が心地よく、時を忘れてしまいそう。

地元の学校の就業時間が近づいてくると、子供達が集まってきます。素朴なラオスの子供達は、可愛くてどこかノスタルジックです。

大河メコン川を堪能する

メコン川クルーズ

メコン川のプライベート・ショートクルーズが、街の旅行代理店で申し込むと約US$10〜(約1,130円〜)とお手頃価格で体験出来てしまいます。母なる大河、メコン川を、ゆっくりとプライベートクルーズで堪能しましょう。また、サンセット日和にメコン川でサンセットクルーズをすると、一生の思い出になりそうですね。

川沿いのレストランでサンセット鑑賞

  • レストラン「ザ・ベル・リブ・テラス」から眺めるサンセット

メコン川沿いにお気に入りのレストランを見つけたら、メコン川に沈む夕陽をそこから眺めに行きましょう。ラオビールを飲みながらサンセットを目に焼けつける。ルアンパバーンでは必須の体験です。

ザ・ベル・リブ・テラス
ラオス / アジア料理
住所:The Belle Rive Boutique Hotel, Baan Phonehueang 99, Luang Prabang 0856, Laos地図で見る
Web:https://www.thebellerive.com/restaurant.html?utm_s...

最後に

ルアンパバーンでゆっくりと流れる時間に合わせて、ちょっと贅沢なゆったりとした大人な旅のスタイル、いかがでしたか?通常、旅行となると慌ただしく行動してしまいそうですが、ここルアンパバーンでは時がゆっくり流れている感じがするので、リラックスしたくなってしまう、不思議な空気に包まれています。

ルアンパバーンには今回ご紹介した「ソフィテル ルアンパバーン」ホテルの他にも、アマンタカなどのスモールラグジュアリーホテルが多数ありますので、少し贅沢なホテルに泊まり、ルアンパバーンの時の流れに合わせて、のんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

ルアンパバーン
ラオス / 町・ストリート
住所:Luang Prabang, Laos地図で見る

ラオス旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばラオスのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でラオスのすべてのツアーをみる>>

ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのパッケージツアーを探す

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ラオス】 ルアンパバーンに行ったら訪れたい、美味しいお店3選

NYタイムズの「世界で一番行きたい国の一つ」に選ばれたこともあるラオス。今回は、そんなラオスの古都ルアンパバーンで、美味しい食事を探しているあなたに向けて、おす...


ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...

激安屋台からお洒落カフェまで。ラオス料理を食べ尽くすvol.2【ルアンパバーン】

日本にラオス料理店はほとんどなく、「ラオス料理」と聞いてもどんなものかピンとこない人も多いのでは? 今回紹介するラオスのルアンパバーンは、道端に素朴な屋台が並ん...

【ラオス】満足度世界一!!世界遺産の街ルアンパバーンのおすすめスポット4選

ラオスの北部に位置する、古都ルアンパバーン。街全体が世界遺産に登録されているという観光地として名高い場所で、世界中のメディアにおいても、満足度の高い旅行先として...

◇バンコク発◇1泊2日でいける東南アジアの街3選

東南アジアには11の国がありますが、日本から直行便で行けない都市がたくさんあります。バンコクに滞在する予定の方、少し足を伸ばして日本から行きにくい近隣の街に行っ...

この記事を書いたトラベルライター

年齢と反比例して年々アクティブに
オーストラリア パース在住歴20年。
3人の子供達から手が離れ、人生第2章を満喫中。
ヒマラヤトレッキングに魅せられ、登山のための基礎体力づくりに日々没頭中です。
最近始めた地元観光ガイドの仕事をきっかけに地元愛が再燃し、パースの素晴らしさを再認識。地元パースの魅力もお伝えしていきたいと思います。

【オーストラリア】世界で1番美しい街・ パース!在住者イチオシの4泊5日モデルプラン

世界で最も美しい街と言われるパース。透けるような青い空に大自然、可愛い動物たちにロットネス島、そしてワイナリーと見所満載のパースですが、オーストラリアのガイドブ...


【マレーシア】世界遺産の街マラッカが、楽しい!可愛い!美味しい!

マレーシアの首都クアラルンプールから、南へバスで2時間半ほどの世界遺産にも登録されている古都「マラッカ」。16世紀のオランダ、17世紀のポルトガル、18世紀のイ...

【シンガポール】リッツ・カールトン クラブフロアに宿泊してゴージャスな女子旅を

シンガポールには素敵ホテルは沢山ありますが、マリーナベイの夜景を見渡しながらのシャンパンは女子の憧れ。そんな夢を叶えてくれる素敵ホテル、リッツ・カールトンのクラ...

【オーストラリア】現地ガイドがイチオシする、フリーマントルマーケットの人気お土産6選

パースに訪れた際にはマストで寄っていただきたい、古い町並みを残したままの港町フリーマントル。週末だけ営業しているフリーマントルマーケットでは、お土産などの雑貨類...

オーストラリア パース在住者が案内!パースシティ立ち寄りスポット・徹底ガイド

西オーストラリア州の首都パース。オーストラリアの都市の中でも他の州の都市から2,000㎞以上離れているので、「世界一孤立した都市」と言われるほど。「世界一美しい...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?