ロンドン
ロンドン観光
古い建物が残る街並みが美しく交通機関が発達

気楽で美味!覚えておくと便利!イギリスのパブ入門

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:18ヶ国

2019年1月11日更新

874view

お気に入り

写真:Olive

ロンドンを訪れたらぜひ挑戦したいのがパブ。子供連れでも、女子一人でも、お酒が飲めなくても、ぜ~んぜん問題なく使えるイギリスのパブは、使わなきゃもったいないほど、便利かつ美味しいのです。お気に入りのパブ、見つけましょ♪

この記事の目次表示

パブとは?

  • 写真:Olive

ロンドンの街のいたるところにあるパブ。英国人の社交場ともいうべきパブは、ビールを楽しむ酒場として16世紀ごろに誕生したと言われています。ロンドンには、200年以上の歴史をもつパブも、たくさんあるというのだから、驚きです。

  • 写真:Olive

パブには、トラディショナル・パブやスポーツ・パブなど色々ありますが、大きく分けるとドリンキング・パブと、ガストロ・パブがあり、前者はビールなどを飲むことが主体のパブで、料理もほとんどなく、おつまみ程度。

  • 写真:Olive

後者のガストロ・パブは、1990年代初めに登場して以来、どんどん増えているそうで、料理が自慢のパブも多いのが嬉しいところ。早朝から開店しているお店なら朝食もとれるので、旅行者の強い味方です。

  • 写真:Oliveほとんどの店では、入り口付近にこうしたメニューが掲示されています

両者の見分け方は、ガストロ・パブの場合、店の前にメニューやボードが掲示されているので判断しやすいです。スマートフォンがあれば、店名で検索してみると、ほとんどの店に公式サイトがあるので、お勧めメニューなどもわかります。

ガストロ・パブ入門

今回は、お酒はもちろん、料理も美味しくて、なにかと便利なガストロ・パブについて、ご紹介します。お店によっては、キッズメニューがあるお店も。ただし、14歳以下のお子様がいられるのは、21時前までとなっています。

こんな時に使える!

  • 写真:OliveCappucino& Latte 各€3.15(¥389)

美味しい料理が食べたいときはもちろん、飲み物だけ、軽食だけ、メインだけでもOK。女子旅はもちろん、子供連れや、家族連れ、一人でも気軽に使えるのがパブ。ベビーカーをひくママも見かけます。コーヒーや紅茶もあります。日本で言うならファミレスの感覚です。大衆的な場所なので、ドレスコードもなく、特にマナーもなし、チップも不要。

それから、街中でトイレに困ったとき、気軽に借りることも可能(その際はコーヒー1杯飲むのがマナー)と、魅力的なことばかり。決められていることと言えば、全面禁煙で、23時には閉店することぐらい。では、さっそく入店してみましょう。

入店から注文までの流れ

  • 写真:Olive

まず、お店の人に気軽に挨拶をしながら入店したら、空いている席を探します。席が決まったら、メニューを決めましょう。お店によっては、人数を告げると席に案内してくれることもあります。席が決まったら、次はオーダーです。テーブルにメニューがない場合は、店員さんに頼むと持ってきてくれます。

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

メニューが決まったら、テーブル番号を確認して、カウンターに行き、注文します。ドリンクはその場で受け取ります。料金はその場で支払うのが一般的です。料理は運んできてくれるので、席で待ちましょう。

イギリスのビール事情 

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

お店によって、扱っているビールの種類は違うようですが、短時間発酵で常温のAle(エール)、炭酸少なめ、度数低めのBitter(ビター)、日本のビールに一番近いLager(ラガー)、黒ビールのStout(スタウト)などが揃っています。イギリスの主流はエールなので、一度は飲んでみたいですね。

カウンターで試飲もさせてくれるので、好みのビールを伝えてみるとよいでしょう。ビールは568mlが1パイント。その半分のハーフパイントと2サイズになります。お代わりの時は、空いたグラスを持参し、その都度支払います。

パブで食べる料理

フィッシュ&チップス

  • 写真:OliveFish&Chips €13.49(¥1,668)

お店によって、お勧め料理が違うので一概には言えませんが、1度は試してみたいのがフィッシュ&チップス。お皿からはみ出すほどに盛り付けられたフィッシュフライに、「こんなに食べられないよぉ~」と言いつつも、食べ始めると、あ~ら不思議!サクッと軽く揚げられているせいか、いつの間にかぺろりと平らげてしまいます。パブの定番メニューでもあるので、ぜひお試しください。

サンデー・ロースト

  • 写真:Olive

ガストロ・パブの多くは日曜日にかぎり、サンデー・ローストなるメニューが出現します。これは、日曜日の礼拝後に家族でローストしたお肉を食べたことから始まったとも言われています。

  • 写真:OliveSunday Roast €13.99(¥1,730)

オーブンでローストされるお肉は、ビーフ、ポーク、チキン、ラムと様々。ヨークシャープディングと共にグレイビーソースをかけて頂くのが定番です。イギリスの郷土料理ともいえるサンデー・ロースト、滞在中、日曜日があったら、ぜひパブへ!

【関連記事】ロンドンで舌鼓!絶対食べたいローカルグルメ8選

ロンドンの旅行予約はこちら

ロンドンのパッケージツアーを探す

ロンドンのホテルを探す

ロンドンの航空券を探す

ロンドンの現地アクティビティを探す

ロンドンのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2019年1月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本とロンドンの時差は「9時間」!ロンドンへの飛行時間は?

ロンドン旅行に出かける前に知っておきたい、日本とロンドンの時差や、サマータイム、日本からロンドンへの飛行時間について解説します。


ロンドンの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

ロンドン旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ロンドン旅行のベ...

バッキンガム宮殿予約方法徹底解説【ロンドン】

一般庶民にとっては、遠い世界。あのロイヤルファミリーの宮殿へ潜入できるのが、女王陛下不在の夏のひと時。豪華絢爛な世界へ、足を踏み入れてみませんか?チケットの入手...

子連れに嬉しいエリアも!ロンドンヒースロー空港ターミナル2の魅力

2014年6月にリニューアルオープンした、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル2(T2)。スターアライアンス各社の便が発着するため、全日空(ANA)直行便や韓国の...

空港から市内への移動方法徹底ガイド【ロンドン】

利用者数世界1と言われるイギリスの玄関口、ヒースロー空港。ターミナルが第1~第5ターミナルまであり、市内への移動方法はちょっぴり複雑ですが、個々の条件によって選...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

伊勢&鳥羽で楽しい!とっておきのお土産探し14選

歴史をさかのぼってみると、江戸時代より伊勢参拝の土産物として、お団子などが売られていたことがわかっています。帰りを待つ人達に、土産話と一緒にお土産を配る。そんな...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でロンドンの音声ガイドを聴く

ロンドンの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?