マレーシア
マレーシア観光
歴史的な町並みと近代的な建物にビーチリゾートも満喫

海外登山にチャレンジしよう!珍しい景色と熱帯植物に出会える世界遺産の山、マレーシア・キナバル山

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:19ヶ国

2016年11月24日更新

425view

お気に入り

写真:まきまき

マレーシア・ボルネオ島にあるキナバル山は、東南アジア最高峰の標高4,095m。世界遺産にも登録されているキナバル自然公園のエリア内に位置し、人々には神聖な山として大切に扱われています。豊かな生態系を持つジャングルから始まり、満天の星空に迫力のある奇岩群など、登山中に出会う景色は珍しいものばかり。山好きはもちろん、いつもと違う旅の経験として、キナバル山にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事の目次表示

初めての海外登山にオススメの山

  • 写真:まきまき

キナバル登山のスタートは、亜熱帯植物が鬱蒼と生い茂るジャングルから始まります。雨が多く突然のスコールに遭遇することもしばしばですが、一日中降り続くわけではありません。森林限界は3,500mとかなり高い地点にあり、その先はガラリと姿を変えて、ジャングルとは別世界のゴツゴツとした岩一面の世界へと景色が移り変わります。

登山道は整備されていて歩きやすく、トイレも多く設置されています。難易度の目安としては、距離が長い分だけ富士登山のワンランク上といったイメージで、途中の岩場でロープを伝う場所はありますが、特別な技術は必要ないので注意して登れば問題ありません。

  • 写真:まきまき

入山には山岳ガイド同行が義務付けられ、1日の入山数にも制限があるため混雑とは無縁です。さらに山小屋は一人一人にベッドと寝袋が用意され、共同エリアにはシャワールームも完備。ゆっくり過ごせる快適さが嬉しいところです。

4,000m級の山といえど、山頂に雪が降ることは滅多にないので登山は年中可能です。初心者でもチャレンジしやすく、初めての海外登山にキナバル山を選ぶ方は多いようです。

珍しい植物が生息する自然の宝庫

  • 写真:まきまき

キナバル山とその一帯は、キナバル自然公園としてユネスコ世界遺産に登録されています。登山道入口の標高は1,890mで、蒸し暑い下界に比べたら冷んやりとしているものの、湿度は高くしっとりとした空気が漂います。

  • 写真:まきまき

登山コースは、下山の際に行きとは違う道を散策するプランや、山頂まで行かない半日トレッキングコースもあり、食虫植物ウツボカズラや寄生植物ラフレシアなど、日本では決して見ることのできない珍しい植物が観察できます。

ラフレシアは大きいものだと1m近くにも広がり、開花から1週間以内で枯れてしまう希少な花です。花というよりは奇妙な生き物といった印象ですが、運よく遭遇すれば、それだけでここに来た甲斐があったといえるでしょう。

星空の下で宇宙体験

  • 写真:まきまき

深夜2時30分頃、山小屋を出て山頂に向かいます。山小屋は標高約3,280m付近にありますが、この地点でまだ森林限界には達していません。真っ暗闇の中をヘッドライトの明かりを頼りに進み、足を休める度に上を向くと、木々の合間からはダイヤモンドを散りばめたように美しい星空が見え、その先の景色への好奇心をかき立てます。

森林限界を超えて岩場に出ると、遮るもののない夜空に無数の星が輝きます。そして暗闇に浮かぶ岩山のシルエットが不思議な魅力をかもし出し、まるで宇宙に向かって歩いているような、そんな気分にさせられます。

この星空を見るためだけに、もう一度キナバル山に行きたいと思うくらいの、独特な光景と空気感がそこには存在しています。地面は岩といってもなだらかなので、休憩の際に安全そうな場所を見つけ、寝転びながら夜空を仰いでみるのもいいかもしれません。

迫力のある奇岩群

  • 写真:まきまきドンキーズイヤーピーク、4054m

東の空が白みはじめる頃、山頂付近の岩の群れに到着します。ひときわ目立つのは縦に2本伸びた細長い岩で、この形からロバの耳を連想し、ドンキーズイヤーピークという名前が付けられています。(2015年に起きたキナバル山近くを震源とする地震により、現在は片方が崩れ落ち形が変化しています)

  • 写真:まきまきサウスピーク、3921m

キナバル山は地下から上昇した溶岩が固まってできた後、氷河によって岩の表面が削り取られ、現在のなだらかな岩肌になったと考えられています。そして今もなお隆起は続いていて、一年に数ミリずつ盛り上がっているそうです。朝日の中に見る巨大な岩はとても迫力があり、地球の長い歴史とエネルギーを感じる、世界のユニークなスポットの一つと言えるでしょう。

おわりに

  • 写真:まきまきセントジョーンズピーク、4081m

キナバル山は入山がしっかりと管理されているので、登山をする際には申し込みが必要です。ゲートの開閉時間があるため日帰りでの登頂は難しく、1泊2日が一般的で、ツアーのほか個人手配も可能です。

登山コースは比較的優しい道のりではありますが、2,000m以上の高低差を行き来することになります。それに対応できる体力をしっかりと付けて、地球が生んだ希少な山の個性を、是非楽しんでみてください。

キナバル山
マレーシア / 自然・景勝地
住所:Mt.Kinabalu,Malaysia地図で見る

マレーシアの旅行予約はこちら

マレーシアのパッケージツアーを探す

マレーシアのホテルを探す

マレーシアの航空券を探す

マレーシアの現地アクティビティを探す

(チケット)

(現地ツアー&体験)

マレーシアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【マレーシア】大人の隠れ家リゾートで絶景温泉に癒される ザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリート

首都クアラルンプールから快適なマレー鉄道(KTMコミューター)を利用して約2時間半、マレーシア第3の都市イポーには、天然の温泉が湧き出るエリアがあります。今回は...


【マレーシア】奇跡の島、タートルアイランドで海亀の産卵に立ち合う旅

マレーシア・ボルネオ島のサンダカンから、ボートに乗って45分の距離にあるセリンガン島(通称:タートルアイランド)。ここは海亀の保護を行なっている島で、年間ほぼ毎...

シンガポールから4時間で楽園へ!大人気「ラワ島」リゾート満喫の秘訣

数々のリゾート地へ気軽に行けるのがシンガポールの魅力でもありますが、その中でもシンガポールから飛行機を使わずに、車とボートで4時間弱で行けちゃうマレーシアの「ラ...

マーケットに登山が人気!マレーシア・コタキナバルの見どころ

東マレーシアの中心都市コタキナバルは、活気あふれるマーケットと豊かな自然が堪能できる、東南アジアの中でもおすすめ度の高い都市のひとつです。今回はそんなコタキナバ...

【マレーシア・レダン島】アクティブ派の理想のビーチリゾート!コーラル レダン アイランド リゾート

マレーシアの東海岸に位置するレダン島は、マレーシアで1番美しいビーチとして有名です。しかしモンスーンシーズンとなる10月から3月は、島内のリゾートやレストランが...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります